Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

立野研究室

立野研究室の紹介

修士課程1年 藤田 大地

立野研究室では、主にワイヤレスネットワークを用いた通信システムの開発を行っており、特に、屋内測位システムの開発には力を入れています。屋外測位システムの代表例としてよく耳にするGPSは屋内において、衛星電波との送受信が難しく、ストレスなく使用するには不十分です。そこで、私達の研究室では複数の無線通信モジュール「ZigBee」を屋内に設置し、ZigBee間における受信電波強度の値を用いて、ターゲットの推定位置座標を割り出しています。また、屋内測位システムの開発は外部機関と連携して進めているテーマであり、実際に商品化されている屋内測位システムとの比較実験や公共施設に訪問し、より実践的な場面を想定しての実験を行っています。こうした過程で生じる問題点とその解決策を考え、実用化に向けた測位精度の向上に努めています。

毎週木曜日に開かれるゼミは、各々の研究経過の報告をする場であると共に、自分一人では思い付かなかった考え方やアイディアを共有する意見交換の場でもあります。立野先生は研究に対してとても熱心な方で、問題点に対し、納得のいく解決策を見付けるまで真摯に向き合ってくれます。

最後に、立野研究室では、「新しく・面白いものを世の中の役立つものへ!」をモットーに、ここでは紹介できなかった様々な研究に取り組んでいます。「こんな面白いものを作ってみたい!」、「問題を解決したときの達成感を味わいたい!」という方は、是非、立野研究室で一緒に研究しましょう。

ZigBeeを用いた実験の様子

 

ドローンもあります!

 

自作PC

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる