Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

吉増研究室

ようこそ!吉増研究室へ!

修士課程1年 方 梦初

スマホなどの無線通信デバイスは私たちの日常生活の中であらゆる所に存在しています。吉増研究室ではそんな無線通信用の高周波アナログ回路を研究しています。

研究室では、普段、パソコンを使い、ケイデンス、ADSなどのRF回路シミュレーターを利用して回路の設計を行っています。無線通信用の高周波アナログ回路の中で、主に低雑音増幅器、パワー増幅器、発振器、ミキサーを研究しています。研究するに当たり必要になってくる専門知識は吉増先生の講義や先輩方からの丁寧な指導で身につけることができるので、初めて高周波回路を設計する人でも安心して研究を行えます。回路の設計を終えたら、設計した回路のレイアウトを作り、企業の方にチップの製作を依頼しています。出来上がったチップが届いたら実験室でチップの性能を実際に計測しています。吉増研究室では、自分が設計したチップを目にしたときの感動や測定でいい結果が出たときの達成感を味わうことができます。もちろん、自分が設計した回路を国際学会や学術雑誌で発表するチャンスも多いにあります。プレゼンの仕方は普段のゼミで学び、鍛えることができます。ゼミでは、それぞれ自分の最新研究状況を報告したり、先生やほかの学生からのアドバイスを受けたり、回路設計のアイディアについて積極的に議論しています。

現在、研究室には修士課程11名、博士課程2名の学生が在籍しています。研究面だけでなく生活面でもみんなで助け合っています。オフの時は一緒に食事やカラオケ、お祭りなどにも行っています。この暖かいファミリーにぜひ加わりませんか?

 

学生室の様子

 

実験室の様子

 

食事会

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる