Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

渡邊研究室

一緒に学びと生活を楽しんでみましょう!

博士後期課程1年 周亭宇

渡邊研究室はASIC-DA研究室とも呼ばれ、高性能、高効率、高品質、高信頼性を兼ね備えた統合システムの構築を目指しています。研究室における主な研究テーマは、電子設計の自動化と高度なIC設計アーキテクチャに関する以下の分野が含まれます。
1)ASIC自動設計手法
2)物理設計自動化アルゴリズム
3)新しいICアーキテクチャと設計手法(3次元ICまたはネットワークオンチップ)
4)高度なプロセッサアーキテクチャ
渡邊研究室は、LSI設計自動化技術を学ぶ絶好の場です。渡邊教授は株式会社東芝の研究開発センターでLSI設計自動化分野で長年働いていました。長年にわたって教授の豊かな研究経験は、私たちの研究に貴重な指導を提供しています。
毎週、最新のアイデアと研究進度と状況を報告するためのグループゼミを開催しています。また、木村・吉村両研究室との合同ゼミもあり、それぞれが3人の教授から指導を受け、他の研究室の学生と話し合う機会があります。教授の粘り強い指導とアドバイスのもと、研究室の学生は誰もが各自のベストを尽くし、より高い研究成果を挙げています。近年、当研究室では、代表的な学会や国内外の専門雑誌に多くの論文を掲載しています。
2018年現在、当研究室に博士課程在籍者が3名、修士課程在籍者が15名います。出身地と文化的背景が異なりますが、私たちはお互いを助け、共通の目的のために一緒に学んでいます。研究室は常に活気にあふれ、快適で楽しい雰囲気があります。毎年、私たちは新年を祝うために集まります。春には桜、夏には花火を一緒に見ます。こうした楽しい活動に参加することで、日本文化の体験のみならず、友情の絆を深めることもできます。渡邊研究室に興味があれば、一緒に学びと生活を楽しんでみましょう。

送別会パーティ

学会参加旅行

研究室風景

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる