Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

小柳研究室

次世代の知能化ネットワーク
修士3年 コウ セイセイ

小柳研究室では、日常生活にネットが不可欠となっているこの時代に、最先端なネット技術を活用することを目的にしています。ネットワーク技術の発展とともに、新たな知能ネットワーク技術に対し、私たちの研究の中心は次世代ネットワークに関する技術となっている。クラウド計算を始めに、Peer-To-Peerとグリッド計算など一連の分散コンピューティング技術をテーマとして、もっと安心・安全・快適な知能化ネットワーク環境のための構築を目指します。

毎週火曜日にゼミが行われます。研究室に集まったら、ゼミ室に移動します。学生がベストな研究状態を見せるために、自分の観点と革新点を提案します。検討では様々な先端なデモンストレーション設備が整っています。同時に、ゼミ室のまわりの環境は非常に静かで、学生と教授の交流が邪魔されないようになっています。ゼミは快適な雰囲気の中で行われ、学生たちはゼミで学んでいる先進的な学術文献を交流し、自分の考えを交換し、新しい知識に対する理解していきます。また、自分の学術研究の進捗、教授の提案を真剣に聞いて、自分から提案しています。 興味を持って自分の研究課題を決め、自分の能力に応じて、合理的な研究計画を定めています。

小柳先生は毎年、「分散システム」、「情報ネットワーク」や「オブジェクト指向設計論」など関連分野の授業を担当しています。授業に出るたび、十分な準備をするのはもちろん小テストを行い、学生達がきちんと理解するように復習を行いながら生徒達の授業の把握状況を理解しておられます。授業中に先生は最先端の研究成果やインターネット発展の最も新しい技術を詳しく説明し、生徒たちが提出した問題に丁寧に回答してくれます。これらの課程では、小柳研究室のメンバーだけでなく、どの学生も、小柳先生の情熱を感じることができます。

研究と勉強以外でも、毎年小柳研究室では歓迎会、懇親会、忘年会、送別会などを開催し、研究室メンバー間の感情を深めています。イベント毎で小柳先生は学生たちと世間話などで交流しながら、歌ったりもします。最後に、やる気があり、そして、楽しい環境の中で研究したい人にとって、ここは最高な研究室ですので、興味がある方は是非、小柳研究室へお越しください。

koyanabi lab 2016a

集合写真

koyanabi lab 2016b

研究打合せ

koyanabi lab 2016c

懇親会

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる