Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

News

ニュース

村田研究室

新しい情報技術により生産システムの最適化と効率向上を目指す

王 本心 修士課程1年

 

村田研究室では、生産情報制御という研究テーマのもとで、情報技術を活用した生産システムの効率化・最適化を行うための理論や方法論を追求しています。たとえば、生産システムのための情報システムアーキテクチャ、スケジューリング、サプライチェーン管理システム、製品情報管理システムといった広い分野で研究を行っています。

村田教授は企業出身で多くのシステム研究開発を経験されてきており、理論だけではなくケーススタディを通じた応用を重視したアプローチを指導してくださいます。ゼミでは生産情報システムに関する英語テキストの輪読を行い、理解した内容をまとめて発表したり、各自の研究に関連する最新技術論文のサーベイや各研究テーマのアイデアと進行状況の報告を行い、全員でディスカッションを行い、自分自身が取り組む研究に還元し役立てています。そして、良い研究成果が得られれば、国際学会に論文を投稿し発表することをエンカレッジされます。先生は学生一人一人とのコミュニケーションを大事にされており、個人面談を定期的に行い研究や学生生活への助言をくださいます。先生は企業に居られたころ海外での生活を経験されており、私たち留学生にとって良き相談相手となっていただいています。

現在村田研究室には中国、ロシア、タイ、から多数の留学生が集まっており、言葉の垣根を越えてとても仲が良く、異文化コミュニケーションを体験できます。毎学期にゼミ旅行を実施し、色々な業種の工場見学に赴き実際の生産現場を見る機会が得られます。最近では自動車メーカの工場を見学し、その後温泉に行ったりコンパをしたりしてゼミ生同士の親睦を深めました。

村田研究室に関心がある方は是非一度研究室を訪ねて下さい。そして、私たちとともに有意義な大学院生活を過ごしましょう。

IMG_3230 IMG_3233 IMG_3232

(写真左から : 研究室、学位授与記念撮影、パーティ)

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる