Waseda Culture早稲田文化

News

ニュース

エンパクツアー(5/23)を開催しました!【Museum Week 2018】

Museum Week 三日目、この日は今年秋に開館90周年を迎える演劇博物館を巡るツアーが行われました。

演劇博物館一階廊下前にて集まった参加者の方々

今回のツアー解説者は、演劇博物館 ヨーロッパ・アメリカ演劇担当の飛田助教です。

飛田勘文助教

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(通称「エンパク」)は、1928年10月に坪内逍遙博士の古稀とシェイクスピア全集の完訳を記念して設立されました。以来、アジアで唯一の演劇・映像専門総合博物館として、古今東西の演劇および映像資料の収集・保存・展示を行い、演劇文化の普及と発展に貢献してきました。

開館90周年を迎えるにあたり、演劇博物館は常設展の大幅リニューアルを行い、本年3月22日にリニューアルオープンしました。

逍遙記念室

2階の逍遙記念室では逍遙博士の業績に加え、天井に施された羊の装飾や、彼がシェイクスピアの翻訳にあたり読み込んでいたとされる数々の洋書についても紹介されました。

 

また、3階の世界の演劇 ヨーロッパ・アメリカの展示室では、演劇博物館の建築にも影響を与えた「フォーチュン座」と「グローブ座」の劇場の違いに関する説明や、フランスの不条理演劇の代表的作家であるサミュエル・ベケットの資料の紹介がされました。

ベケット作『ゴドーを待ちながら』は、演劇史に残るベケットの傑作であることから作品の根強いファンも多く、参加者は皆熱心に鑑賞していました。

 

リニューアル後の演劇博物館は映像資料の展示が充実しており、映像が上映されているモニターの前で立ち止まって鑑賞する人や、各展示室の貴重資料を熱心に鑑賞する人も多くみられました。

 

近世・近代Ⅰ

近代Ⅱ・現代

装いも新たになった演劇博物館の第1回のツアーは、悪天候にも関わらず40人近い参加者に恵まれました。

ミュージアムウィーク期間中のエンパクツアーは、28日(月)、30日(水)にも行われる予定です(各日15時から、予約不要)。各回解説者が変わり、異なる内容でお楽しみいただけますので、今回参加できなかったという方もぜひこの機会に足をお運びください。

 

 

予想外が待っている!

 

Dates
  • 0523

    WED
    2018

Place

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

Tags
Posted

Thu, 24 May 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる