Drama-Kan Theatre早稲田小劇場
どらま館

News

【12/7〆切】早稲田小劇場どらま館劇場スタッフ(どらま館制作部)募集

学生部では、学生の能力と新鮮な発想を大学運営に活かすことができる「学生参画」活動を推進しています。学生目線で「いま」学生が求めている内容を、各種イベントの企画運営・事務所業務を通じて発揮してもらいたいと思います。
今回、このような学生部の活動理念を理解した、
劇場運営に協力してくれる方を募集します。

早稲田大学が所有する劇場「早稲田小劇場どらま館(以下、どらま館)」の劇場スタッフとして、大学の運営に参画し、早稲田の未来を変えていきませんか?

業務内容

どらま館の劇場運営は、学生の劇場スタッフ(呼称:どらま館制作部)に積極的に参加してもらっています。
主な業務は、早稲田大学の演劇サークルをはじめとした文化系サークルや、学外でプロとして活躍する劇団やOBOGの演劇活動支援、学生向けのワークショップ・講座などの企画や当日運営、劇場の情報を発信する広報やビジュアルデザインまで多岐に渡ります。

(1)どらま館の利用案内
学生サークルの利用問い合わせや要望のヒアリング/劇場イベントの案内

(2)事務業務
ミーティングへの参加、職員用PCおよびOfficeソフト、BOXを用いたオフィスワーク、
TrelloやSlack等のコミュニケーションツールを用いた円滑な業務対応

(3)どらま館制作部企画
『どらま館招聘公演』やどらま館制作部が中心となって実施するワークショップ・講座など、
平日夜間あるいは土日祝日におけるイベントや技術講習会の企画運営
(企画立案、企画準備、ビジュアル発注、司会進行・ファシリテーション、職員との共有、報告書記入に関する一連の業務など)

(4)広報・宣伝、デザイン制作
どらま館の情報発信ツールの運営、デザインソフトを利用したビジュアルデザイン制作業務
(コンテンツ制作・アイデアの検討、演劇活動に関するコラム、インタビュー、作品レビューの執筆、映像配信など)

・その他、職員が劇場スタッフに依頼するどらま館関連業務
学生参画・ジョブセンター(SJC)の交流イベント、またそれに付随した企画、広報業務

どらま館では上記業務を1.制作担当、2.企画担当、3技術スタッフ担当、4.デザイン担当に分け、各々の能力を活かして業務の遂行をお願いしています。どらま館/どらま館制作部は、周りのスタッフや職員と話し合いながら学生が中心なって運営や企画の実施をすることができる場所です。
どらま館で働くメンバーには、様々な考えや経験を持った人同士、お互いを理解し、影響を与えあうような働き方を求めます。

働き方

担当ごとに働き方の形態は以下のように異なります。

1.制作担当:学生生活課が雇用するSJC学生スタッフとして勤務してもらいます。

①雇用期間
2021年1月6日~2021年3月30日(任用期間)
※年度毎の契約になります。次年度(2021年春)から一年間勤務する意志のある方を優遇します。
※雇用開始時期については幅広く対応可能ですので、相談してください。

②給与
時給1,100円(交通費含む)※所沢キャンパスの学生には、一部交通費が支給されます。

③勤務時間
原則として授業実施日の希望シフト制として、日に2時間~4時間、週2、3回程度の勤務(週実働20時間以内)で、10:00-18:00の時間帯が中心になる勤務です。

④勤務場所
戸山キャンパス 30号館 学生会館1階学生生活課内・どらま館部室E329
※イベント実施時には上述以外の早稲田大学構内や、構外の場合もあります。
※新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、事務所での就業が困難な場合、在宅勤務が可能です。

【注意事項】
*週実働20時間の制限は、早稲田小劇場どらま館に限らず大学内のすべての勤務時間の合算となります。
*実働6時間を超える場合は原則休憩1時間を付与します。
*授業時間を考慮に入れシフトを組みます。他のスタッフとも調整するため、希望シフトに必ず入れるとは限りません。

2.企画担当

3.技術スタッフ担当

4.デザイン担当

上記の3部門は、企画実施等の業務ごとにスケジュールや報酬等の内容を事前調整した上で、その内容に沿って業務の実施を委託します。

【注意事項】
*突発的な業務や例外対応で、採用された担当以外の業務をお願いすることがあります。
*イベントによっては、上記時間外および土曜日・日曜日・祝日の勤務が発生することがあります。
※新型コロナウィルス感染症拡大防止対策のため、条件が変わる可能性があります。必要に応じて在宅勤務等も活用して柔軟に業務を行なっていきます。雇用開始時期については幅広く対応可能ですので、相談してください。

働き方のイメージは以下のとおりです。

1 制作担当:原則として授業実施日の希望シフト制として、日に2時間~4時間、週2、3回程度の勤務で、10:00-18:00の時間帯が中心になる勤務です。主な業務内容は、イベント運営、各担当の進捗管理や連絡調整、SNSやHPによるイベントの広報など、劇場運営全般に関わる担当です。劇場スタッフの統括的な役割を担うため積極的な参加を求めます。

2 企画担当:勤務日はスタッフ間で調整、企画の規模によって作業時間を見積りした、規定の報酬額をお支払いします。報酬額の目安:20,000円〜(交通費含む)内訳:打ち合わせ+全4回/一か月の読書会運営+報告書作成等の企画実施に関する諸業務

3 技術スタッフ担当:勤務日はスタッフ間で調整、企画の規模によって作業時間を見積りした、規定の報酬額をお支払いします。報酬額の目安:10,000円(交通費含む)内訳:事前打ち合わせ+1日3時間程度の技術講習会の講師+報告書作成等の企画実施に関する諸業務

4 デザイン担当:事前の打ち合わせ+制作物に対して、作業時間を見積りした、規定の報酬額をお支払いします。報酬額の目安:10,000円 内訳:事前打ち合わせ+広報用WEBビジュアルのひとつの制作物に対して。

応募条件(すべての担当において各項目を満たしていることが必須となります)

(1) 1年以上継続して勤務できる早稲田大学に在籍する正規学生(短期留学やインターンシップ、就職活動で長期離脱がない方優遇)
(2) マイクロソフトのアプリケーションを使いこなせること(主にWord, Excel)
(3) 日本語での応対が支障なくできること
(4) 無断遅刻や無断欠勤、休憩時間外の食事や外出、仮眠などを過度に行うことで業務に支障をきたさない方
(5) 採用された場合、1月上旬に実施されるオリエンテーションに参加できること
(6) 【デザイン制作希望のみ】過去に制作したご自身の制作物(ポートフォリオ)を提出すること

【歓迎する条件】
・英語、中国語、韓国語などの外国語対応ができる方
・大学の授業で「文化政策」や「アートマネジメント」に関する内容を履修した方、あるいはそれに準ずる程度の知識がある方
・情報を管理するためのシステム管理や構築が得意な方
・写真や映像撮影の知識や技術を持っている方

募集人数

すべての担当において若干名

劇場スタッフの声 / Q&A

早稲田小劇場どらま館で現在働いている劇場スタッフ(どらま館制作部)のインタビューと、応募にあたって想定されるQ&Aを掲載します

劇場スタッフインタビュー
Q&A

応募方法

MyWasedaの申請フォームより、履歴書、自己PR書、面接希望シート、ポートフォリオ(デザイン担当志望者のみ)を添付して提出する。

(1)応募書類:履歴書、自己PR書、面接希望シート

履歴書
自己PR書
面接希望シート

※応募書類は返却しません。
※外国人留学生の方は、採用後、「在留カード」もしくは「資格外活動許可証」などの提出が必要になります。

(2)受付期間:2020年11月24日(火)~12月7日(月)15:00

選考スケジュール

11/24(火)~12/7(月) 告知・書類受付
12/11(金)       書類選考結果通知および面接日の連絡
12/14(月)~17(木)   面接
12/21(月)        面接結果通知
※採用後は、1月上旬に開催されるオリエンテーションに参加していただきます。
※雇用手続き、オリエンテーションを経て、1月から勤務開始となります。

お問い合わせ・書類提出先

就労や選考にあたって不安なこと、気になること、質問などがある場合は、12/4(金)までにご連絡ください。

〒162-8644
東京都新宿区戸山1-24-1
戸山キャンパス30号館(学生会館)1階 3番窓口
学生部学生生活課 担当:宮崎
TEL:03-3202-0706  Email:[email protected]
月曜日~金曜日 9:00~17:00
※メールを送る際は、件名を「2020年度早稲田小劇場どらま館劇場スタッフ(新規)就労希望」としてください

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/dramakan/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる