Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

Child-rearing/Nursing Support

育児・介護支援

Home Help Support

ホームヘルプ補助

制度概要

教職員およびその配偶者が傷病等により家事、育児および同居者の介護に支障をきたし、ホームヘルパーを雇用した場合に補助金が支給されます。

対象者

教授、特任教授、准教授、専任講師、教諭、任期付教員 、助教、上級研究員、主任研究員、次席研究員、助手、研究助手、専任職員、常勤嘱託 ※外部資金雇用者を含む

補助の支給条件

  1. 教職員またはその配偶者が、自らの傷病・出産・入院のため、家事、育児および同居者の介護に支障をきたし、ホームヘルパーを利用した場合
  2. 教職員またはその配偶者が、両親または子の介護のため、家事、育児および同居者の介護に支障をきたし、ホームヘルパーを利用した場合
  3. その他上記に類することで特に必要と認められる場合
注意

・在宅介護のためにホームヘルパーを利用したなど、単にホームヘルパーを利用した場合、補助金は支給されません。

補助額

ホームヘルパー賃金(手数料・交通費など含まない)の70%を大学が補助します。ただし、1日につき7,000円を限度とします。

支給日数

年間60日まで(年度単位)になります。

申請手続き

以下の申請フォームより必要事項を入力・申請をしてください。

※MyWASEDAへのログインはID/パスワードが必要です。ログインができない場合、お手数ですが、ダイバーシティ推進室までお問い合わせください。

申請後、以下の書類をダイバーシティ推進室宛てにご提出ください。
*原則として年度内に申請ください。

  • 領収書(原本) 領収書の宛名が教職員ご本人であること
  • 利用明細 利用日、一日の利用時間、一日の利用料金とそのうち内訳
  • 傷病、出産、入院、介護の状況が分かる書類コピー(例:病院の領収書、母子健康手帳 等)

よくあるご質問(FAQ)~ お問い合わせの前にご確認ください ~

妊娠中や産後に自宅安静が必要な状況となった場合、疾病要因となりますので、本制度を利用することができます。

申請の際は、「自宅安静が必要な状況が分かる書類」のご提出をお願いいたします。
診断書に限らず、母子健康手帳に医師または助産師の方に自宅安静が必要な旨を記載していただいたページのコピーなどでも構いません。

申請に必要な書類についてご不明な点があれば、ダイバーシティ推進室までお問い合わせください。

遠方に住む親の介護のため、同居者の介護に支障をきたした場合、「同居者の介護」に対して制度を利用することができます。

ホームヘルパーの利用対象は「同居者の介護」となりますので、新たに必要となった「遠方に住む親の介護」に利用することはできません。

お問い合わせ

支給条件の事例等、ご不明な点がありましたらダイバーシティ推進室までお問い合わせください。

  • お名前・所属・教職員番号
  • お問い合わせ件名
  • お問い合わせ内容

をご記入の上、以下のアドレスまでメールをお送りください。

E-mail:[email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる