Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

About Office

推進室について

From the Chairperson

ご挨拶

ダイバーシティ推進室の開設にあたって

室長 矢口徹也

室長 矢口徹也

1905(明治38)年4月4日、早稲田大学野球部は横浜港からアメリカに向けて出発した。日本初のスポーツ海外遠征は、学生の国際交流の先駆であり、日本の野球発展の礎ともなった。しかし、時は日露戦争、日本海海戦の前月のことである。戦況に集中していた世論を考えると、文字通り破天荒の試みだった。

遠征を率いた初代野球部長の安部磯雄は、政治経済学部長、庭球部長、交響楽団会長を務め、学外では東京六大学野球、大日本体育協会の設立と発展にも尽力している。安部は、新島襄から受礼したクリスチャンであり、貧困と差別の解決に取り組んだ社会主義者としても知られている。社会主義協会を結成して非戦平和、貧困救済を訴え、福田英子の『世界婦人』発行を支援し、山本宣治とは産児制限運動に取り組んだ人物である。

100余年前の安部の女性教育観も興味深い。男女別制度の良妻賢母主義では「高等」女学校ではないと批判し、大学教育の女性への開放を説いて、その目的を女性の精神的、経済的自立においた。安部の思想と行動は、当時の社会ではかなり急進的に映っていたはずである。大隈重信の度量は大風呂敷とも言われたが、野球部のアメリカ遠征支援以前に、安部という個性を早稲田に迎え入れた判断にも注目したい。

ダイバーシティの意味が多様性重視と個性尊重にあるのなら、それは大学(University)にとっては不可分な要素である。大隈の場合、佐賀、長崎での経験から海外に学ぶ必要性を知り、一方で、明治政府の教育政策による人材画一化への危惧を抱いていた。東京専門学校創設にあたって、強靭な個性の伸長を掲げた所以である。安部の招聘も、彼の国際経験と見識、「世界に目を向けて心を開く」姿勢に期待したと考えられる。個性的であったのは安部に限ったことではなく、創立期からこの学校を支えたのは、異端とも見える独創的で、多彩な人々であったことを想起したい。

「本当にいろんな人がいる」のがこの学校の特色であるし、個性を認め合って成長していける空間が魅力であると思う。早稲田大学がダイバーシティ推進を掲げる意味、その課題を、これからもみなさんのご意見を頂きながら検討していきたい、と考えている。

早稲田大学ダイバーシティ推進室
室長 矢口 徹也
(教育・総合科学学術院 教授)
2016年7月1日就任

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる