Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

About the Office

推進室について

History

沿革

ダイバーシティ推進室の歴史

2006年度
  • 文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業採択(2006-2008)
  • 東京都認証保育所「ポピンズナーサリースクール早稲田」開所、株式会社ポピンズ・コーポレーション(当時)との共同運営(2006-2013)
2007年度
2008年度
2009年度
  • 「キャリア初期研究者両立サポートセンター」を「ワークライフバランス・サポートセンター」へ名称変更
  • 川田宏之理工学術院教授が男女共同参画推進委員会委員長に就任
  • 私立大学合同シンポジウム「男女参画の輪をさらに拡げよう」開催、「10私立大学男女共同参画推進のための共同宣言」採択・公表
2010年度
  • 齋藤美穂人間科学学術院教授が男女共同参画担当理事に就任
2011年度
  • 学生・教職員用託児室オープン(27-9号館1F)
2012年度
  • 99号館1Fへ学生・教職員用託児室移転
  • Waseda Vision 150「男女共同参画・ダイバーシティの推進プロジェクト」発足
2013年度
  • 越川房子文学学術院教授が男女共同参画推進委員会委員長に就任
  • Waseda Visio 150「男女共同参画・ダイバーシティの推進プロジェクト」シンポジウム「大学における男女共同参画の現状と課題」開催
  • 2013年度「早稲田大学の男女共同参画に関する意識・実態調査」実施
  • 戸山キャンパス(33号館B1F)に授乳室開設
2014年度
  • 「早稲田大学での教員採用における申し合わせ」を学術院長会で確認
  • 矢口徹也教育・総合科学学術院教授が男女共同参画推進委員会委員長に就任
  • 畑惠子社会科学総合学術院教授が男女共同参画担当理事に就任
2015年度
  • WSC(WASEDAサポーターズ倶楽部)メンバーズ基金寄附講座「ダイバーシティ・男女共同参画を学ぶ」(グローバルエデュケーションセンター設置全学オープン科目)開講
  • 公開ラウンドテーブル「早稲田大学のダイバーシティ・男女共同参画を考える」を開催
  • 所沢キャンパス(100号館3F)に授乳室開設。主要4キャンパスに授乳室設置
  • ライフイベントに係る研究支援(妊娠・育児期の研究支援員雇用支援)制度開始
2016年度
  • 男女共同参画推進委員会をダイバーシティ推進委員会(ダイバーシティ推進室)へ組織改組
  • 矢口徹也教育・総合科学学術院教授がダイバーシティ推進委員会委員長に就任
  • 畑惠子社会科学総合学術院教授がダイバーシティ推進担当理事に就任
  • 西早稲田キャンパス(60号館2F)より大隈会館(2F)へ事務所移転
  • 「ワークライフバランス・サポートセンター(60号館2F)」を「ダイバーシティ推進室分室」としてリニューアルオープン
  • 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・公表
  • 女性研究者メンター制度開始
  • 多目的トイレのサインを「だれでもトイレ」に統一
  • 「早稲田大学UD(ユニバーサルデザイン)マップ」作成・公開
2017年度
  • 「早稲田大学ダイバーシティ推進宣言」公表
  • ダイバーシティ推進室開設1周年記念公開シンポジウム「ダイバーシティをめぐる早稲田大学の論点」開催
  • 西早稲田キャンパス(60号館2F)学生・教職員用託児室開設
  • 「教員の育児支援に関する申し合わせ」改訂
  • 「セクシュアルマイノリティ学生への配慮・対応ガイド(教職員向け)」策定・配付
  • 図書館の子供同伴利用開始(中央図書館・戸山図書館・所沢図書館)

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる