Academic Writing Program早稲田大学 アカデミック・ライティング・プログラム

Other

卒業チューターインタビュー

1.なぜチューターになろうと思いましたか。

学部生時代にたまたまライティング・センターを利用したことがきっかけです。ゼミの課題を持ち込んだのですが、イメージとは異なるチュータリングがとても印象的でした。ライティング・センターはレポートの書き方などを一方的に教えてくれる、いわゆる家庭教師のようなものをイメージしていたのですが、実際はチューターと書き手が対話を行いながら進めるセッションでした。チューターの方とお話しているうちに自分の中でも考えが整理され、セッションが終わる頃にはすっきりしていたことを覚えています。チューターの方は皆さん早稲田大学の院生の方と伺い、自分も大学院に進学したら、チュータリングをやってみたいなあと何となく思っていました。

それまでアルバイトも含め人に指導するなどの経験はなかったこともあり、今までやってこなかったことに挑戦してみたいという気持ちもありました。

2.チューターの仕事を通して何を学びましたか。

チューターの仕事を通して学んだことのうち、一番大きかったことは、相手から言葉を引き出すコミュニケーションの取り方です。ライティング・センターのチュータリングは、正しい文章の書き方を「教える」や「指導する」のではなく、書き手自らの成長を促すことが最大の目的です。そのためには、文章の書き方について、書き手自らどうしていけばいいか気付いてもらう必要があります。書き手自身の頭で考えてもらい、書き手自身に正解を見つけてもらうために、できるだけ書き手自身の言葉を引き出す必要がありました。そのために、コミュニケーションにおいても話しやすい雰囲気作りや質問の仕方などを工夫する必要がありました。チューターを始めた当初はなかなかうまくいかなかったのですが、1年半ほどの経験を積んだ卒業間近には、チューター側がほとんど話さずとも、ほぼ書き手からの言葉だけでセッションを進められるようになりました。

3.チューターの経験が、社会でどのように活かされていますか。

コミュニケーションを取る相手から話を引き出し、最終的には信頼を得るという部分で最も生かされていると感じます。具体例を2つ挙げます。

1つは対クライアントにおいてです。私の携わっているコンサルティングという仕事では、クライアントとのインタビューやディスカッションが多く発生します。そのような場面において、チューターとして学んだ、相手から言葉を引き出すコミュニケーションスタイルで臨むと、クライアントが通常より色々な情報を話してくれたり、ディスカッションにおいてもより自身の意見を述べてくれることが多いなと感じました。そしてそれだけの情報を相手に話してもらうことによって、最終的には彼らからの信頼を得ることができていると感じています。

もう1つは対チームメンバーにおいてです。コンサルティングという仕事はチームで行うことが多いのですが、大体が固定ではなく、2か月~半年単位でチーム及びメンバーが変わっていきます。そうなると初対面の方と組むことが多いのですが、彼らとチームを組む上で日常のコミュニケーションにもチューターとして学んだコミュニケーションの取り方を生かすことにより、チームメンバーから色々な話を引き出し、彼らからこの人は何でも気軽に話せる人、という認識を持ってもらいやすくなります。日常的なコミュニケーションは仕事におけるコミュニケーションにも良い影響を与えていると感じています。

このように、現在の仕事においてもチューターの経験が生かされていると日々感じています。

4.チューターの仕事の魅力は何だと思いますか。

一番は、書き手の成長を目の当たりにしながら、書き手の喜ぶ顔を見ることができる点だと感じます。書き手自身が成長することによって、それまでできなかったことができるようになったときに彼らが感じる喜びは、単にチューターが一から十まで教えたときに彼らが感じる喜びに比べて、より大きいように思われます。相手に成長をしてもらって喜んでもらう、そこに自分自身も喜びを感じるという点は、今現在私が携わっているコンサルティングという仕事にも通じていると感じます。私の場合は、チューターの仕事を通して、自分が仕事において何を実現したいのかという部分に向き合うきっかけになったと感じています。

 


山科みどり Yamashina, Midori
デロイトトーマツコンサルティング合同会社
2014年度、大学院政治学研究科修了

2013年春学期、修士課程1年の時に大学院授業「学術的文章の作成とその指導」を履修
同年秋学期、チューターとして勤務開始。
以後、3期チューターとして勤務。

 

*掲載情報は2018年度内の取材当時のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/aw/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる