School of Social Sciences早稲田大学 社会科学部

News

ニュース

社会科学部空間映像ゼミナール(佐藤洋一ゼミ)展示会@ギャラリー・ルデコ

展示会 東京迷後+Now Loading… 開催のご案内

早稲田大学社会科学部空間映像研究ゼミナールでは、ゼミナール生の研究や制作の展示を例年開催しています。

今年は2月に開催予定だった展示会が延期され、7月29日(木)から8月1日(日)までの日程で開催いたします。

ご関心をお持ちの方には是非ともご来場いただきたく、下記の通りご案内申し上げます。

Research & Project 2021 東京迷後+Now Loading…

本展はコロナに翻弄された私たちのこの一年を振り返るフロアと、再始動しようとしている私たちの今を示す2フロアで構成されています。

3F:東京迷後フロア

当ゼミナールでは毎年、研究成果発表の場として展示会を行っており、2020年度も今年2⽉の展示会「東京迷子」開催に向け準備を進めてきた。しかし、1⽉の緊急事態宣⾔を受けその開催が難しくなってしまい、
急遽私たちの展⽰内容や思いを箱に詰めて届けるという「展⽰のデリバリー化」に挑戦した。クラウドファンディングによる支援も募りながら、無事に3⽉に完成させることができた「展⽰箱:東京迷⼦」では、
2020年に変わり果てた都市での⽣活と展⽰会ができなくなるまでのプロセスを、もがきながらも歩んできたゼミ⽣の姿を迷⼦に重ね合わせながら、その⾜跡として形に残している。

このフロアでは東京迷「後」として私たちが本来行うはずであった展示会のリベンジを果たすと共に、「展示箱:東京迷子」に至るまでの経緯を赤裸々に振り返っている。

4F:Now Loading…

“Now Loading…”というテーマには、二つの意味が込められている。
一つ目は来年2月に行う展示に向けた準備という意味だ。
今年度は例年と異なり7月と2月の合計2回、展示を行う。そして、今回の展示がその序章となる。
二つ目は変化を「読み込む」という意味だ。
この一年、社会は大きく変化を続けてきた。そして、社会に生きる私たちも大きな変化を求められている。展示空間を作る上で社会を見つめ直してきた。
この展示が社会について共に考え、変化を読み込むきっかけになればと思う。
4月から展示に向けて活動を始め、3ヶ月。

私たちの「今」が詰まった展示となっている。

【開催日時】7月29日(木)-8月1日(日)11:00-19:00 (最終日のみ15:00まで)
【会場場所】ギャラリー・ルデコ 3階と4階(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル3階)
【入場料】無料

Dates
  • 0729

    THU
    2021

    0801

    SUN
    2021

Place

ギャラリー・ルデコ 3階と4階(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル3階)

Tags
Posted

Mon, 26 Jul 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/sss/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる