Graduate School of Information, Production and Systems早稲田大学 大学院情報生産システム研究科

その他

[特定活動ビザ] 卒業・修了後に就職活動を続ける場合

就職活動継続による在留資格変更のための推薦状発行について ※2020年11月27日更新

変更点(2021年1月6日から)

1. オンライン申請が通常サービスとなります。キャリアセンターでは、4月8日以降オンライン申請を一時的措置と位置付けてきましたが、この度通常サービスをオンライン申請とします。キャリアセンター窓口では、書類の受け取り・問い合わせには応じませんので、お問合せはEmailにて行ってください。
2.情報生産システム研究科生も対象となります。今まで情報生産システム研究科生(北九州キャンパス)は、情報生産システム研究科事務所での受付でしたが、1月6日以降はキャリアセンターでの受付となります。この変更に伴い、提出書類等はキャリアセンターで指定する書類を出していただくことになりますのでご注意ください。1月6日までは移行期間としていままで通り、IPS事務所での受付も可能です。

≪キャリアセンターHP 11月26日更新≫

[Visa matters] Recommendation letter application for visa change

卒業・修了後に就職活動を続ける場合

早稲田大学の正規生は、卒業後の就職活動継続のために在留資格を「留学」から「特定活動」に変更することができます。(但し、別科生、聴講生、科目等履修生及び研究生は含まれません)※在留資格変更に関する詳細は、法務省ホームページで詳細を確認してください。

(注意)
  • 留学生(正規学生)が卒業・修了後も引き続き就職活動を行う場合 は「留学」から「特定活動」への在留資格変更する必要があります。留学ビザのまま就職活動することはできません。
  • 就職活動による特定活動の在留資格は、1回のみ延長(6か月)を申請することが可能です。その場合は、留学ビザから特定活動への変更の時と再度同じ手続・書類が必要です。大学の推薦状発行に必要な活動記録等は引き続ききちんと残しておいてください。
  • 在留資格変更(6か月)後、1回の延長申請(6か月)をした場合、卒業後約1年間の許可となります。但し、「特定活動(継続就職活動)」は4月1日から、かつ月単位での許可を予定しているため、許可日によっては若干1年を超える場合があります。

在留資格変更申請に必要な書類

以下の(1)~(6)の書類を入国管理局へ提出。

  • (1)在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書(本人以外の者が支弁する場合は、その者の支弁能力を証する文書およびその者が支弁するに至った経緯を明らかにする文書)→送金証明書、通帳の写し等。
  • (2)直前まで在籍していた大学の卒業証明書または卒業見込証明書
  • (3)直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状(学生がIPS事務室で申請、キャリアセンターにて発行→※詳細下記参照)
  • (4)継続就職活動を行っていることを明らかにする資料(但、「外国人留学生就職活動経過報告書」提出時より過去3か月以内にエントリー済のもののみ有効(報告書提出が3月15日の場合、前年12月16日以降にエントリー済のものが有効となります。それ以前のものについては無効の為、添付書類として使用することは出来ません)(※詳細下記参照)。
  • (5)在留資格変更許可申請書(法務省のホームページからダウンロード)
  • (6)パスポート及び在留カード(原本を、入国管理局で提示)

継続就職活動についての推薦状の発行について

必要な書類(3)継続就職活動についての推薦状発行について、1~4の書類をIPS事務所に提出してください。

【発行依頼願 申請場所】  IPS事務所

  1. Application form(推薦状発行願)
  2. Job hunting activities report(外国人留学生就職活動経過報告書)
  3. 在留カードのコピー(両面)
上記(3)継続就職活動についての推薦状の発行について、下記の点を条件とします。
  1. 在学中から引き続き就職活動をしていること。卒業・修了後に初めて活動を開始しようとする方は、対象となりません(3月卒業・修了の方は3月以前から、9月卒業・修了の方は9月以前から既に就職活動を始めており、卒業後も引き続き就職活動を続けることが推薦状発行の必須条件となります)。
  2. MyWasedaから「進路希望登録」を必ず行っていること。
  3. キャリアセンターに「推薦状発行願」および「就職活動経過報告書」を提出すること。その際、同報告書に、記載した就職活動経過を客観的に証明する証憑書類(応募した会社から受領した、“エントリーシート受付” “面接日程連絡”等のEメール写し等。但し、メール文面に必ず「先方の会社名」「学生本人の名前」「日付」が入っていることが必須条件となります)を添付する必要があります。出来れば3社分を報告書に添付して、提出してください。就職活動中に活動状況(日程等)をスケジュール帳に記録しておくとともに、企業からの通知文書やメールなども必ず保管しておき、前記の通り報告書に添付してください。この報告書は、入国管理局に提出する上記「(4)継続就職活動を行っていることを明らかにする資料」の書類として使用できます。
  • 推薦状の発行は、2週間程度の時間がかかります。「就職活動経過報告書」およびそれを証明する資料の内容によっては、内容詳細確認の為、発行に日数を要する場合あるいは推薦状を発行できない場合もあります。在留資格が切れることの無いよう、日程に余裕をもって申請してください。

卒業後に利用できるキャリアセンターのサービスについて

  • 卒業後も早稲田大学キャリアセンターを利用することが可能です(既卒登録が必要となりますので、身分証明書を持参の上、キャリアセンターで登録)。下記のサービスを受けることが可能です。
    1.個別相談
    2.OB・OG名簿閲覧(但し、「卒業後3年以内」「正規雇用経験なし」の双方に該当する方のみ)
    3.行事DVDの視聴
    4.図書の貸し出し
  • 留学生メールマガジン(月2回、キャリアセンターより発信)を引き続き受け取りたい方は、卒業後も継続的に使用できるメールアドレスを登録してください。
    ※就職活動に役立つ情報や求人情報を月2回留学生の皆さんに日本語と英語で配信しています。希望者は、氏名、学籍番号、留学生メールマガジン希望、と明記し、[email protected]までメールでお申込みください。メールマガジンを皆さんのWaseda-emailのアドレスに配信します。

キャリアセンターについて

〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 学生会館3F 早稲田大学キャリアセンター
TEL : 03(3203)4332 FAX : 03(3208)3275
E-mail : [email protected]
Website : https://www.waseda.jp/inst/career/students/overseas/

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gips/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる