Graduate School of Asia-Pacific StudiesWaseda University

News

73rd WIAPS Seminar

Date&Time

July 12, 2021 (Monday) 12:15-12:50

Venue

ZOOM Webinar

Intended Audience

WIAPS Full-time Faculty/Research Associates, WIAPS Exchange Researchers/Visiting Scholars/Visiting Researchers, GSAPS MA/PhD Students

Presentation1

Presenter

KATO, Jotaro (Assistant Professor, WIAPS)

Presentation Theme

COVID-19下における「政策なき政策」

―日越間を移動する技能実習生、送り出し機関、監理団体への調査から―

Abstract

COVID-19は人の国際移動にも影響を及ぼした。本研究は日越間を移動する技能実習生、送り出し機関、監理団体へのインタビュー調査から、「COVID-19下で約4万人のベトナム人がベトナムに帰国できない中、なぜ日本政府は新たに約3万人のベトナム人技能実習生を受け入れたのか」を問う。2020年5月以降に行った、ベトナム人技能実習経験者24名、送り出し機関9名、監理団体4名、計37名へのインタビュー結果を分析する。

ベトナムでは自国民を含めた入国制限が続いており、日本で技能実習期間を満了してもベトナムに帰れない者が存在した。彼/彼女らは、在留資格を「特定活動」へ変更し引き続き日本に留まっていた。「特定活動」を有するベトナム人は2020年末で41,331人(前年比+551%)と急増している。

在留資格「特定活動」の急増は、COVID-19を受けて “Policy of No Policy”(政策なき政策)(Tervonen and Enache 2017)を取る日本政府の姿勢を反映していた。研究会では、日本政府がなぜ帰国困難者への政策よりも、新たな技能実習生の受け入れを優先したのか、技能実習制度におけるアクターのナラティブを元に論ずる。

 

 

 

Dates
  • 0712

    MON
    2021

Place

ZOOM Webinar

Tags
Posted

Mon, 28 Jun 2021

Page Top
WASEDA University

Sorry!
The Waseda University official website
<<https://www.waseda.jp/fire/gsaps/en>> doesn't support your system.

Please update to the newest version of your browser and try again.

Continue

Suporrted Browser

Close