Graduate School of Asia-Pacific StudiesWaseda University

News

70th WIAPS Seminar

Date&Time

Feb. 8, 2021 (Monday) 12:15-12:50

Venue

ZOOM Webinar

Intended Audience

WIAPS Full-time Faculty/Research Associates, WIAPS Exchange Researchers/Visiting Scholars/Visiting Researchers, GSAPS MA/PhD Students

Presentation1

Presenter

SASAKI, Shunsuke (Assistant Professor, WIAPS)

Presentation Theme

ダンプサイト・ウェイスト・ピッキングにおける児童労働:インドネシア共和国バンタル・グバンを事例に

Abstract

近年、ウェイスト・ピッキングへの肯定的な評価が行われるようになってきているが、児童労働については早急に解決すべき課題として指摘されることが多い。本研究では、インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ市バンタル・グバンの廃棄物最終処分場とその周囲のスラム街を事例に、ダンプサイト・ウェイスト・ピッキングにおける児童労働について、1)就学および就学状況、2)義務教育の学齢の子どもの収入、3)義務教育の学齢の子どもが就労している世帯の特徴について述べた上で、4)貧困に起因するウェイスト・ピッキングが教育機会を奪う主要因かどうかについての検討を行う。小学校の学齢では就学のみの者の割合が高く、少数ではあるが義務教育の学齢においても通学せず就労のみ行っている者も存在しており、高校の学齢では半数以上が就労のみとなっている。義務教育の学齢にある子どもの収入について、就学していない子どもの平均個人月収はUSD 49.5であり、就学している子どもの場合、休み期間中はUSD 63.9、学期中はUSD 19.9であり、世帯収入に占める割合は27.7%であった。ウェイスト・ピッカーたちの収入は比較的高い上、ウェイスト・ピッカーの中でも高い収入層の者たちの世帯においても児童が労働に従事している例が見られる。これらのことからウェイスト・ピッキングが児童労働の主要因とまでは言えない。

 

 

 

Dates
  • 0208

    MON
    2021

Place

ZOOM Webinar

Tags
Posted

Wed, 03 Feb 2021

Page Top
WASEDA University

Sorry!
The Waseda University official website
<<https://www.waseda.jp/fire/gsaps/en>> doesn't support your system.

Please update to the newest version of your browser and try again.

Continue

Suporrted Browser

Close