Graduate School of Asia-Pacific StudiesWaseda University

News

68th WIAPS Seminar

Date&Time

Dec. 14, 2020 (Monday) 12:15-12:50

Venue

ZOOM Webinar

Intended Audience

WIAPS Full-time Faculty/Research Associates, WIAPS Exchange Researchers/Visiting Scholars/Visiting Researchers, GSAPS MA/PhD Students

Presentation1

Presenter

SHINOHARA, Hatsue (Professor, GSAPS)

Presentation Theme

国際連盟理事会の検討―集団的正当性・規範の視点から

Abstract

近年、国際連盟についての史的研究が再検討されているが、その多くが、国際連盟における社会経済分野(委任統治・技術協力・公衆衛生等)を課題としてきた。連盟が紛争防止に失敗したことで、近年の連盟研究が、連盟が成果を上げてきた社会経済分野に焦点を当てるのは理解できる。他方で、国際機構論の視点から国際連盟の制度的な意義、特に国際連盟理事会がどのような役割を果たしてきたかは、ほとんど検討されてこなかった。本研究では連盟理事会における議論、報告書、決議が、ある分野での規範の形成や変化に影響を与えたかを探求し、さらに連盟理事会を介する規範形成を分析する上で、「集団的正当性(collective legitimacy)」という概念を手がかかりに考察する。すなわち、連盟理事会の議論、報告書、決議、また連盟理事会独自の制度である「報告者(reporter)」の役割を考察し、連盟理事会を歴史的に再考すると同時に、国際関係史・国際組織論・国際法にまたがる規範形成を「集団的正当性」の概念を検討することで探求する。

すなわち、国際連盟理事会はその議論、報告書、決議等によって、国際規範の形成や変更に役割を果たしたのか、そうだとするならば、その役割を考察する上で「集団的正当性」の概念が有用であるか。これが、本研究が提示する学術的「問い」である。

Key words: 国際連盟理事会、規範の形成と変化(norm change)、集団的正当性

 

 

Dates
  • 1214

    MON
    2020

Place

ZOOM Webinar

Tags
Posted

Thu, 26 Nov 2020

Page Top
WASEDA University

Sorry!
The Waseda University official website
<<https://www.waseda.jp/fire/gsaps/en>> doesn't support your system.

Please update to the newest version of your browser and try again.

Continue

Suporrted Browser

Close