Graduate School of Asia-Pacific StudiesWaseda University

News

66th WIAPS Seminar

Date&Time

July 13, 2020 (Monday) 12:15-12:50

Venue

TBD

Intended Audience

WIAPS Full-time Faculty/Research Associates, WIAPS Exchange Researchers/Visiting Scholars/Visiting Researchers, GSAPS MA/PhD Students

Presentation1

Presenter

SAKAUE, Katsuki (Assistant Professor, GSAPS)

Presentation Theme

途上国における公教育を通じた難民・受入地域への初等教育支援の効果の検証―ウガンダ北部地域を事例として―

Abstract

世界全体の難民数が第二次世界大戦後の過去最大を更新し続ける中、学齢期の難民の90%以上が住む途上国で、受入国の公教育システムに難民を統合し、難民と受入地域の児童・生徒への教育支援を同時に行う政策の主流化が急速に進んでいる。こうした中、2016年~2017年にかけて、こうした統合型の難民教育支援策を先駆的に導入してきたウガンダの北部地域に、南スーダン難民が未曾有の規模で新たに流入した。これに対応する同国の取り組みへの関心がかつてなく高まる一方、データ不足等が障害となり、当該支援策の効果に関する実証的検証がほとんど進んでいない。本研究は、ウガンダ北部地域の南スーダン難民居住地とその受入地域で収集された学力テストのデータを用い、公教育を通じて行われる統合型の初等教育支援が、難民と受入地域双方の児童の教育達成にどのような影響を与えたかについて検証を行う。本発表においては、難民児童の学力規定要因に関する分析結果に基づく考察もふくめ、実証分析から伺える統合型難民教育支援の可能性と限界について検討する。

 

Dates
  • 0713

    MON
    2020

Place

TBD

Tags
Posted

Mon, 06 Jul 2020

Page Top
WASEDA University

Sorry!
The Waseda University official website
<<https://www.waseda.jp/fire/gsaps/en>> doesn't support your system.

Please update to the newest version of your browser and try again.

Continue

Suporrted Browser

Close