Waseda University Library早稲田大学図書館

News

ニュース

【自宅で学習する学生の皆さんへ】大学が契約する電子資料やデータベースを学外から利用するには

早稲田大学では、多くの電子資料やデータベースを契約しています。これら電子資料を活用することで、図書館を訪れることができなくても、学習・研究を進めていただけます。

特に海外文献については電子化が進み、電子資料で数多くのものが利用できます。日本語の電子資料の数は海外のものほど多くはないものの、複数の電子図書館サービスの電子ブックが利用できます。

電子資料の利用にあたって、遵守いただきたい注意事項は以下の案内にまとめられています。利用前にご一読ください。

学外アクセスを使う

大学が契約している電子資料やデータベースは、学内のネットワーク環境では自由に利用することができますが、自宅など学外の環境から利用する場合、「学外アクセス」に事前にログインをする必要があります。

以下のウェブサイトから、学外アクセスサービスにWaseda IDとパスワードでログインしてください。

  • 学外アクセス
    https://www.waseda.jp/library/search_find/off-campus-access/
    * 学外アクセスにログインする前に記載されている注意事項を熟読ください。
    * 一部、学外アクセス対象外の電子資料やデータベースもあります。
    * 学外アクセスのログインはWINEのログインとは別です。

大学で利用できる電子ブックや電子ジャーナルを探す

図書館の「統合検索システムWINE」をご利用ください。大学で契約している電子ブックや電子ジャーナルを検索でき*1、学外アクセスにログインしていれば、学外からでも内容が閲覧できます。
*1一部のタイトルはWINEから検索できません。後述の「学術情報検索」も併せてご確認ください。


↑検索窓にキーワードを入れ、検索範囲は「所蔵資料と電子資料」を指定して検索すると、図書館の紙の蔵書だけでなく、早稲田大学で利用できる電子資料も含めてヒットします。


↑電子資料に限って探す場合は、検索結果画面左側の絞り込み機能で、資料の状況を「オンラインで利用可」に限定してください。電子ブックに限定したい時は、さらに資料種別を「図書」に限定してください。


↑電子ブックで利用できる図書のみが表示されました。


↑学外アクセスができていれば、資料の詳細画面の「オンラインで見る」から、それぞれの電子資料が利用できるデータベースに接続され、内容が閲覧できます。


学術論文・雑誌記事を検索したい時は、検索窓にキーワードを入力後、検索範囲として「論文・記事検索」を指定して検索してください。ヒットするすべての記事について、電子版が利用できるわけではありませんが、早稲田大学で契約があり利用できる電子ジャーナル、あるいは無料で利用できる電子ジャーナルに含まれる記事は、検索結果からそのまま内容が閲覧できるようになっています。

WINEの使い方についての詳細は、WINE画面の右側に表示されている「HELP ?」のタブから、WINEヘルプをご参照ください。

学術情報検索から各種データベースを探す

「学術情報検索」という図書館が整備するポータルサイトから、大学が契約するデータベースを探し*2、利用できます。WINEに収録されていないコンテンツも多数搭載していますので、WINEと併せてご活用ください。
*2雑誌名・書籍名・論文名では検索が出来ません。記事索引データベース等、任意のデータベースにアクセスし、データベース内で検索を行ってください。

過去から最新の記事まで利用できる各社の新聞記事データベース(朝日新聞読売新聞、学術論文や雑誌記事を探すことができる記事索引データベース(CiNii ArticlesWeb of Science様々な辞書や百科事典を横断検索できるデータベース(ジャパンナレッジLib等)が代表的なものです。


↑特に利用頻度が高いものを「おすすめのデータベース」としてトップページにまとめています。

そのほか、資料のタイプ別/テーマ別に調べ方をご案内するガイド、リサーチNAVIがありますので、ぜひご覧ください。

電子資料・データベース利用上の注意

同時アクセス数に注意し、利用後はログアウトしましょう

特に電子ブックやデータベース類は、同時に利用できる人数が契約により定められています。利用後には、必ずデータベースからログアウトをしてください。

大量ダウンロードなど、不適切な利用は絶対にやめてください

電子資料・データベースの利用は大学とサービス提供元との契約によって定められており、大量ダウンロードなどの不適切な利用をされた場合、大学全体の利用が停止されることがあります。大学または当該サービス提供者等に損害が生じた場合は、大学は不正利用者に対して損害賠償を求め、所属学部等への連絡もしくは相応の処分を行うことがあります。くれぐれも適正な範囲でご利用ください。

参考情報

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/library/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる