Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

国際刑事裁判所判事特別講演会 国際刑事法の強化へ 新たな法執行体制の挑戦

スーパーグローバル大学創成支援 グローバルアジア研究拠点~和解と持続可能な開発のために~特別講演会

国際刑事法の強化へ 新たな法執行体制の挑戦

PDFダウンロード

PDFをダウンロードできます

連鎖する国際テロ犯罪、内戦における捕虜や文民への虐待…。それらに国際社会はどう立ち向かうのか。国際社会が見いだした方策の一つは、それらの行為を国際人道法違反として裁判する国際体制の強化だった。その中心、国際刑事裁判所で判事として精力的に活動するパンガランガン氏の、国際法新時代との取り組みを聞く。

講演者 ラウル・カノ・パンガランガン国際刑事裁判所判事

Judge Pangalangan has been a judge of the International Criminal Court since 2015. Prior to that, he was a Professor of Law and former Law Dean at the University of the Philippines. He has taught inter alia at the Harvard Law School and The Hague Academy of International Law. He is a contributing author to the Commentary on the Rome Statue of the International Criminal Court. A Member of the Philippine Bar since 1984, he has argued before the Philippine Supreme Court and has been designated as amicus curiae in leading constitutional law and international law cases. He was a Philippine Delegate in the drafting of the Rome Statute in 1998 and co-chaired the national campaign for ratification by the Philippines and other Asia-Pacific states. He sits in the governing councils of the Asian Society of International Law.

Dates
  • 0626

    MON
    2017

Place

早稲田キャンパス 大隈記念タワー 多目的会議室(地下)

Tags
Posted

Fri, 02 Jun 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる