Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

Unit

モデル拠点について

Positive/Empirical Analysis of Political Economy

実証政治経済学拠点

ニュース

世界で最先端の実証政治経済学研究拠点を目指す

政治経済学の実証分析・企業の実証分析

ネットワーク図

早稲田大学の政治経済学部とその大学院では、2000年代初頭から政治学と経済学の融合を国際的な視野で達成することを目指して、政治学者と経済学者が協働作業を続けてきました。その過程で、文部科学省事業21世紀COEプログラムとグローバルCOEプログラムによる政治経済学の拠点を形成し、文部科学省 科研費基盤研究(S)と同じく4つの基盤研究(A)を獲得してきた実績を基に、国際的競争力のある若手研究者を育成してきました。その成果として、政治経済学実験を創出し、ノートPCを用いた全国世論調査(CASI調査)を世界で初めて開発し、世界でもハイクラスの世論調査・実験調査を現在も実施しています。さらに、ゲーム理論を駆使した実験経済学の研究、応用理論経済学を用いた政治経済分析、ならびに計量分析を用いた開発経済学の成果も着々とあげています。また、これまで本学の商学研究科と高等研究所を中心に、日本の企業統治、企業金融に関する独自のデータベースを構築してきました。これらのデータを駆使した実証分析の成果を内外で公刊してきました。今後は、世界各地ならびに日本全国から集う優秀な若手研究者が国際的な競争力を持つように、体系的かつグローバルな視野から育成してまいります。

グローバルな環境と視野での政治経済学・ビジネス教育の推進

早稲田大学の政治経済学術院と商学学術院および高等研究所では、英語だけで学科目を履修し、学士号・修士号ならびに博士号を取得できる制度を整え、世界中から来る学生が学ぶ拠点を形成してきました。また、高等研究所では、本学で最初に国際公募とテニュア・トラック制度を導入したダイナミックな教員人事政策を推進してきました。政治経済学の最先端の研究者の育成には、スタンフォード大学、ジョンズ・ホプキンス大学、カリフォルニア大学、ティルバーグ大学(オランダ)、エセックス大学(英国)といった海外の大学との協力を推進しており、スタンフォード大学の集中講義やエセックス大学のサマー・スクールを早稲田大学で展開しています。また、企業統治・企業行動の実証分析の研究者育成では、オックスフォード大学サイード・ビジネススクール、EHESS(フランス国立社会科学高等研究院)、ブリティシュ・コロンビア大学、ベルリン自由大学などの海外研究機関と連携してきました。今後、前述の各機関、さらにソウル国立大学、上海交通大学、南開大学、チュラロンコン大学などのアジア諸国から、企業の実証分析を進める研究者を招聘し、共同のデータ構築、共通の手法による分析を進めていく予定です。

教育、研究両面で最先端の拠点へ

今後は、短期的には訪問教授制(VisitingProfessorship)を活用し、長期的にはジョイント・アポイントメントを世界のトップクラスの大学と連携して実施し、世界で最先端の政治経済学の研究を行える人材、およびグローバル・ガバナンスを実現する人材、企業の経済学を担う人材を育てていきます。すでに2017年度までに訪問教授として、スタンフォード大学、ミラノ大学、ティルバーグ大学、エセックス大学から中期にわたる教員を招聘しており、長期間の訪問教授としては、南カリフォルニア大学、ボードウィン大学(米国)から招聘しています。また、ジョイント・アポイントメントにて2017年度はニューヨーク州立大学ビンガムトン校の佐山弘樹助教授を招聘し、2018年度は2名の教員の招聘を予定しています。

また、研究面では、地球市民のニーズに合った制度構築・政策形成を実現するために世界最先端のCASI型世論調査などを開発し、その基礎となる政治 経済学実験を更に進化させていき、この分野における世界的拠点を目指すとともに、国際政治経済、国際安全保障、開発経済学、実験経済学、応用理論経済学の研究業績で目覚ましい成果をあげています。企業の実証分析でも今後、企業統治、企業金融のみならず、企業組織・戦略 選択、さらに会計行動へも分析対象を拡充し、当該分野の世界的な拠点となることを目指していきます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる