Global Education Center (GEC)早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター

About the GEC

グローバルエデュケーションセンターについて

Exchange System

学部学生交流制度

応募に関する質問

学部生

1年間の留学の他に、半年間の留学(4月1日~9月20日または9月21日~翌年の3月31日)も可能です。ただし、所属学部によって留学期間が限定されている場合や、派遣先希望学部(同志社大学)で留学期間等に条件が設定されている場合があります。詳しくは募集要項を参照してください。

学部生

留学期間(1年間・半年間)を問わず、留学できる機会は1回のみです。

学部生

1年間および半年間(4月1日~9月20日)の留学については前年度の9~10月にかけて募集します。半年間(9月21日~翌年の3月31日)の留学については当該年度の4月頃に募集します。詳しくは募集要項を参照してください。

学部生

選考は「学部での派遣学生の決定」「早稲田大学での派遣学生の決定」「同志社大学での受入学生の決定」の3段階で行われます。「学部での派遣学生の決定」は(学部によって異なりますが)学生担当教務主任との面談等により総合的に判断されます。「早稲田大学での派遣学生の決定」「同志社大学での受入学生の決定」は提出された書類と、学部における面談結果を踏まえて判断されます。

学部生

同志社大学との間で、1年間に10名で交換留学を行うこととなっています。ただし、応募者多数の場合、10名以上派遣することもあります。

学部生

早稲田大学の学費を通常どおり納入してください。同志社大学の学費は免除となります。ただし、授業科目ごとに徴収する実験実習料等の実費は、自己負担となります。

学部生

宿舎、その他の経費は自己負担となります。宿舎を希望する場合は、同志社大学学生支援センター今出川校地学生支援課生活係が窓口となります。

学部生

現時点では、入寮できません。

学部生

「留学する年度の4月1日現在で、2年生以上の学部生」が対象ですので、応募は可能です。

学部生

文学部の方に限らず、所属学部の事務所で予め相談してから応募されることをお勧めします。

学部生

制度上は可能ですが、成績等により4年時で卒業となってしまうと留学はできません。所属学部の事務所で予め相談してから応募されることをお勧めします。

学部生

延長生が参加する場合の授業料等は、卒業に必要な単位数から取得単位数を差し引いた単位数に応じて設定された金額ではなく、当該学部・当該年度の4年度生が支払う金額と同額となりますので注意してください。

留学について(派遣学生の声より)

学部生

同志社大学生協からの資料を参考にしました。先方が手配のサポートをしてくれたので、家を決める際に大変なことはありませんでした。

学部生

今出川キャンパス周辺に住むことをお奨めします。今出川キャンパスが、同志社大学の中心的なキャンパスで、サークル活動等も活発です。また「今出川キャンパス周辺=京都中心部」でもあり、生活面だけでなく、歴史的な行事やイベントにも参加しやすいです。京都市内は自転車で生活できるので、自転車があるだけで、京都の伝統的な街並みを巡ることができます。その他、今出川キャンパスと京田辺キャンパスの行き来を重視するならば、桃山御陵前(近鉄京都線)周辺がよいと思います。

学部生

京田辺キャンパス近くに住んで週1~2回今出川キャンパスに行きましたが、キャンパス間は電車で1時間弱ですので、同じ日に両キャンパスの授業をとらなければ、特に無理なことはありませんでした。

学部生

春の講義開始前に、早稲田大学と同様、各サークルが今出川キャンパス・京田辺キャンパスで、サークル説明会があり、案内所(インフォメーションセンター)のようなものが設けられますので、「各サークルが書かれた一覧表(パンフレット)」をもらいましょう。このパンフレットが、同志社大学の全サークルを知る最大のチャンスです。秋学期から同志社大学に留学する場合は、学部交流生担当の大学職員の方に相談してみてください。

学部生

同志社大学の職員の方(所属する学部の職員・学部交流生担当の職員の方)に相談するのが、一番良いと感じました。特に科目登録は、早稲田と全く方法が異なるため、早めに質問に行ったほうが良いと思います。同志社大学の先生方や職員の方々は、とても親切で優しい方が多いと実感しました。親身になってサポートしていただいたおかげで、充実した学生生活を送ることができ、とても感謝しています。

学部生

「シラバス」と「成績評価(得点分布)」があります。成績評価(得点分布)を見ると、科目ごとにA評価、B評価をもらっている学生分布が分かり、講義の難易度が分かります。こちらのページから確認できます。

学部生

交流学生は配慮していただけたので、必ず履修しなければいけない科目はなく、また、どの学部のどの科目を履修してもよく、制限はありませんでした。専門分野が若干異なったので、他の学生と比べて前提知識が足りないと感じることはありましたが、困ることはありませんでした。

学部生

今出川キャンパスと京田辺キャンパス間のハイクや文化祭があります。また、キリスト教系の大学なので、イブ祭と呼ばれるイベントがありました。また、同志社大学のイベントではありませんが、京都は祇園祭のような大きな行事があり、貴重な経験となりました。

学部生

せっかく京都にいるのだから、もっとたくさん「京都巡り」をすればよかったと思います。時間が足りないくらい、充実した生活になります。

学部生

戻ってすぐに元の友人関係に戻れました。心配いりません。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる