Center for Data Science早稲田大学 データ科学総合研究教育センター

News

ニュース

【2018.7.12開催】早稲田大学とGoogleが創るデータ科学の未来(データ科学総合研究教育センター第2回シンポジウム)

第2回シンポジウム

早稲田大学とGoogleが創るデータ科学の未来
~データからの価値創造へ~

 

2018年7月12日、早稲田大学データ科学総合研究教育センター主催のシンポジウムを開催します。
2回目となる今回のシンポジウムでは、Google Cloud ビジネス向け製品サービスを展開する事業活動を統括するグーグル・クラウド・ジャパン合同会社 日本代表の阿部伸一氏が講演を行います。
Googleでアジア太平洋地域や日本を中心に企業向けの IT サービスに関する事業担当を歴任した阿部氏が、Google における AI の活用とその広がりについて講演し、Googleから見たAIの未来を予見します。

また、シンポジウム前半では、2017年12月に設置されたデータ科学総合研究教育センターの小林教授による「クラスタリングとデータ縮約の科学」についての講演、データ科学総合研究教育センターの学内向けデータ解析支援についての説明を行います。

皆様のご来場をお待ちいたしております。

 

概要

  • 日時:2018年7月12日(木) 14:30-18:25
  • 場所:早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂
  • 定員:300名
  • 主催:早稲田大学データ科学総合研究教育センター [ https://www.waseda.jp/inst/cds/ ]
  • 共催:早稲田大学高度データ関連人材育成プログラム [ https://d-data.jp/ ]

 

プログラム

司会進行
データ科学総合研究教育センター兼任センター員・グローバルエデュケーションセンター准教授 堀井 俊佑

  • 第1部

1.開会挨拶(14時30分~14時35分)
研究推進担当理事兼研究推進部長 石山 敦士

2.講演「クラスタリングとデータ縮約の科学」(14時35分~15時35分)
データ科学総合研究教育センター教授 小林 学
データ解析を行う際に、データの持つ構造や特徴を把握したい、視覚化したいと言ったニーズはますます高まっています。本講演では基礎的なクラスタリングから潜在クラス分析について述べ、またよく利用されるPCAからt-SNEと言った比較的新しいデータ縮約についても解説し、相互の関連などを考察します。

3.データ科学総合研究教育センターの学内向けデータ解析支援について(15時35分~15時50分)
データ科学総合研究教育センター講師 安田 豪毅
データ科学総合研究教育センターでは、学内の学生、教職員の皆様から研究に関するデータ解析の相談を受付しています。データ解析相談を中心に、そこから共同研究へ発展する場合も含めて、データ解析支援について説明を行います。

休憩(15時50分~16時00分)

  • 第2部

4.講演
4-1:Google における AI の活用とその広がり(16時00分~17時00分)
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社日本代表 阿部 伸一
4-2:事例紹介(17時00分~17時50分)
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 アカウントエグゼクティブ 上野 陽子、久田 恭平
4-3:質疑応答(17時50分~18時20分)

5.閉会挨拶(18時20分~18時25分)
総長 鎌田 薫

 

申し込みについて

締切:2018年7月10日(火)12:00 ※先着順
右記URLよりお申込みください [ http://bit.ly/2xXHFxG ]

 

主催・お問い合わせ先

早稲田大学データ科学総合研究教育センター事務所
TEL:03-3204-9164
Email:cds-info@list.waseda.jp

Dates
  • 0712

    THU
    2018

Place

早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂

Tags
Posted

Tue, 12 Jun 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cds/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる