School of Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学部

News

ニュース

筋シナジー解析で見えてくるもの―理想的な身体の使い方を求めて―

「身体は大きくないのになぜこんなに速いボールが投げられるだろう?」
選手としてプレーしているときも、トレーナーとしてプレーを見ているときも、研究でデータを測定しているときも感じる疑問がありました。スポーツに興味がある読者の皆さまもこの疑問を同じように抱かれていると思います。

これは「身体が大きいからといって速いボールを投げられるわけではないのでは?」「単一の筋が強くても,高いパフォーマンスは生まれないのでは?」という疑問につながります。投げるという動作は下肢から生み出したエネルギーを体幹→肩→肘→手と運動連鎖を通して伝えていきます。この事実だけでも、例えば「肩の筋が強いから速いボールが投げられる」とは言い難いです。全身の筋によって生み出せるエネルギーに比べたら、肩の筋によって生み出せるエネルギーは微々たるものだからです。

そこで次のような仮説が立ちます。
「単一の筋だけでなく、複数の筋が協調して活動すべきタイミングで必要なだけ活動することで高いパフォーマンスを発揮できうる」
この仮説を筋活動の視点から明らかにするのが筋シナジー解析です。

<研究室の研究成果を発表する学会で>

これまで筋活動における研究は、筋がどのくらい働いたかを検討する筋活動量の解析、筋の活動開始タイミングを検討する筋活動onset解析がほとんどでした。しかし、これらの解析手法は単一の筋の検討や考察にとどまりやすく、複数の筋の動員によって実施されるスポーツ動作の検討や考察をする上で限界がありました。筋シナジー解析は測定した筋の中で、どの筋が協調したグループにあるのか、そのグループが動作(実験試技)のどの時期に高く活動しているのかを明らかにできます。これは研究者のみならず、現場のコーチや監督、選手自身にも視覚的に理解できる意義深いものであるため、今後のさらなる研究が期待されています。小さい身体でも速いボールを投げられる選手の筋シナジーを明らかにし、動作中の筋の協調性を明らかにすることで「理想的な身体の使い方」の真実に近づくことができうる。そうすれば練習方法やトレーニング方法も変わってくるかもしれません。ある筋とある筋に注目してスポーツ動作の改善・向上に取り組むことができれば理想的な身体の使い方に近づけるかもしれません。

今後の研究課題は多いですが、積み重ねていくことで面白いことが分かってきそうです。

人体の普遍の真理を解き明かす、筋シナジー解析の紹介でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポーツ科学研究科 博士後期課程1年 安達玄

(学年は記事作成時のものです。)

金岡先生研究室でのゼミ活動についての記事はこちら

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/sps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる