School of Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学部

About the School

学部について

From the Dean

学部長挨拶

土屋純

スポーツ科学学術院長 スポーツ科学部長 土屋 純

 スポーツ科学学術院は、スポーツ科学部(2003年設置)、大学院スポーツ科学研究科、スポーツ科学研究センター(ともに2006年設置)から構成されています。早稲田大学の中では歴史の浅い学術院ですが、その源流は、第18回夏季オリンピック東京大会の開催年である1964年に設置された教育学部教育学科体育学専修にあります。そして体育学専修を発展させ、1987年に設置された人間科学部スポーツ科学科を経て今日に至ります。

早稲田大学はその創立以来、絶えず日本のスポーツ界をリードしてきました。1903年には早くも野球の早慶戦が開催されています。1928年、日本人として初めてオリンピックで金メダルを獲得したのは当時早稲田大学の学生であった陸上競技三段跳の織田幹雄選手でした。また、テニス界では知らない人がいないともいわれる「この一球」の名文は、早稲田大学庭球部OBの福田雅之助氏によるものです。このように、わが国のスポーツ史において、重要な役割を早稲田大学とその関係者が担った例は、枚挙にいとまがありません。近年においても、様々なスポーツ種目において、国内はもちろん、オリンピックや世界選手権、ワールドカップといった世界的な競技会で早稲田大学の学生や校友が活躍しています。

こうした豊かなスポーツ文化をもつ早稲田大学において、スポーツ科学学術院はわが国の、あるいは国際的にもスポーツとスポーツ科学の教育・研究をこれまで以上にリードしていかなければなりません。

スポーツ科学学術院は、スポーツ科学部で7つのコースを、また大学院スポーツ科学研究科で5つの研究領域を設定し、スポーツそれ自体や、それによって生じる様々な事象に関する教育と研究を実践する場です。そして、こうした教育・研究活動を通して、「スポーツの価値を高め、広める」ことをミッションとしています。

スポーツは、エリートアスリートが集うオリンピックやワールドカップにみられるような熱狂を生み出すことはもちろん、人々の健康に大きく寄与する存在としても今や私たちの生活になくてはならないものとなっています。2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会、そしてその前年のラグビーワールドカップ東京大会、翌年のワールドマスターズゲームズ関西大会は、スポーツに対する日本人の意識をさらに変化させる大きな機会となるでしょう。今まさにスポーツの価値をより高め、広めることが私たちに求められているのです。

スポーツ科学学術院は、スポーツの実践とスポーツ科学の探究に没頭し、国内外に「スポーツの価値を高め、広める」一翼を担おうという強い意思をもった皆さんを待っています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/sps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる