School of Sport Sciences早稲田大学 スポーツ科学部

About the School

学部について

Curriculum

カリキュラム

カリキュラムの特色(2017年度以降入学者用)

導入教育の徹底

初年度の「スポーツ教養演習」によってスポーツ科学の多様な側面を適切に理解してもらうとともに、ホームルームの機能を持たせ、大学生活当初からスムーズに学習を進められる導入教育を徹底して行います。

2年次からのコース教育の充実

2年次からは自分の興味に応じて、スポーツ医科学コース、健康スポーツコース、トレーナーコース、スポーツコーチングコース、スポーツビジネスコース、スポーツ文化コース、の6つのコースのうち1つを選択。それぞれのコースごとにコース基礎科目、コース選択科目を用意しています。※2021年度入学者よりスポーツ教育コースの募集を停止しました。

2年次からゼミ教育を実施

学生の興味を適切に伸ばしていくために、導入教育を経た2年次後期から演習(コース基礎ゼミ・専門ゼミ)を選択させるなど、専門教育を充実させています。

社会で役立つ実践的英語教育を実施

国際経験豊かなチューター1人に学生4人という超少人数語学講座「チュートリアルイングリッシュ」を必修として設置。さらに、スポーツ特有の表現法や用語を集中して学ぶ、本学ならではの語学講座「スポーツ英語」も用意しています。

オープンで柔軟なカリキュラム編成

オープン教育センター設置科目や他学部・他大学の単位も含めて30単位まで卒業単位として認めています。また、すべての科目を半期(1セメスター)で実施し、効果的な学習をはかり、留学などにも配慮します。

独自のインターンシップ型の実習を導入

学外諸機関と連携してインターンシップ型の実習授業を行います。さまざまなスポーツビジネスの現場での「スポーツビジネス実習」「フィットネスプロモーション実習」「トレーナー実習」「アスリート実習1(ナショナル)・アスリート実習Ⅱ(インターナショナル)」などを行います。

大学院との一貫教育最短5年で修士取得の道も

大学院スポーツ科学研究科との一貫教育によって、成績優秀者については最短通算5年間で修士号を取得できる道が開けています。

充実した専門教育

体育教員やインストラクター、スポーツ施設の運営、スポーツジャーナリストなど、学生のさまざまな進路に対応した、充実した専門教育を展開しています。

単位履修基準

学部指定科目 学部コア科目 スポーツ教養演習 Ⅰ、Ⅱ (2) 17 48以上 卒業必要単位数 124
スポーツ科学概論 (2)
演習Ⅰ~Ⅳ (4)
卒業研究 (8)
スポーツ方法実習 (4~20)
英語 (6~7)
コミュニケーション科目 (6~20)
基礎科目 (8~48)
コース指定科目
コース基礎科目 (6以上)※コース基礎演習含む 46以上
コース選択科目 (10以上)
他コース科目 (0~30)
オープン科目等 (0~30)

スポーツ教養演習

スポーツ教養演習Ⅰ スポーツ教養演習Ⅱ

スポーツ科学概論

 

演習Ⅰ-Ⅳ
身体運動のメカニズム 応用生理学
運動生理学 スポーツ動作解析
健康スポーツの生化学・遺伝学 アスレティックトレーニング
スポーツ栄養学 コンディショニングのスポーツ医学
脳と心とスポーツ スポーツ政策論・スポーツビジネス
スポーツ社会学 スキーのコーチング
スポーツ運動学 戦術戦略(情報管理)
ストレングス&コンディショニング 健康スポーツの心理・行動科学
運動器スポーツ医学 スポーツ組織のマネジメント
健康スポーツのマーケティング 体育科教育学
スポーツ生理学 リコンディショニング
バイオメカニクス スポーツ障害の診かた
スポーツ心理学 予防医学
スポーツ経営学 スポーツビジネスマーケティング
国際スポーツ文化論 トップスポーツビジネス
走りのコーチング科学 スポーツ教授学
スポーツ組織論 筋生物学
コンディショニング・トレーニング 武道のコーチング
スポーツとメディア スポーツ法
コーチングと心理学 運動と健康の生理学
コーチング論 運動器スポーツ外傷・障害学
脳科学からみる運動生理学 健康スポーツの発育発達・健康教育学
ダンサー論  スポーツ史学
バレーボールの技術論とパフォーマンス研究  スポーツ疫学
競技力向上のためのスポーツ方法学 コンディショニング・トレーニング
※演習の履修方法など詳細はこちらを参照してください。

スポーツ方法実習

スポーツ方法実習Ⅰ
陸上競技:トラック テニス
陸上競技:フィールド 卓球
水泳 バドミントン
器械運動 ソフトボール
バレーボール レスリング
バスケットボール 合気道
サッカー ニュースポーツ
柔道 スキー
剣道 フィットネス
ダンス インディアカ
レジスタンストレーニング カバディ
ウォーキング 軽スポーツ
エアロビックダンス キャンピング
サッカーD級 スノーアクティビティ
ラグビー ソフトテニス
スポーツ方法実習Ⅱ
フィットネス 剣道
陸上競技 ダンス
水泳 レジスタンストレーニング
バレーボール 器械運動
バスケットボール 卓球
サッカー レスリング
柔道

英語

基礎英語Ⅰ 基礎英語Ⅲ(オレゴン)
基礎英語Ⅱ 基礎英語Ⅲ(アデレード)
基礎英語Ⅲ

コミュニケーション科目

スポーツ英語A:メディア
一般
スポーツ英語B:種目別
バスケットボール 水泳
サッカー バレーボール
陸上競技 体操競技
スポーツ英語C:会話
スポーツ英語D:文献
健康スポーツ 医科学:内科
トップパフォーマンス 医科学:外科
トレーナー 医科学
スポーツ文化 情報処理
スポーツビジネス スポーツ動作情報解析
スポーツ教育 基礎プログラミング
基礎科目
現代スポーツ評論 基礎統計学
身体の文化史 公衆衛生学
基礎栄養学 経営学
衛生学 マーケティング論
舞踊と身体文化 スポーツ解剖学(基礎)
基礎解剖学 救急処置法
コミュニケーション論 スポーツ文化論
アンチドーピング論 スポーツ教育学
憲法 スポーツコーチング概論
社会学 広告論
基礎理科 メンタルトレーニング論
基礎数学 スポーツ倫理学
基礎生理学 運動部活動論
心理学 筋骨格系の基礎科学
映画の中のスポーツ スポーツボランティア
基礎バイオメカニクス スポーツ倫理
教育基礎論 Sport Marketing and Promotion
基礎法学 Introduction of Sport Management
健康スポーツ論 Public Health
経済学 Health and wellness: a life-course perspective
トップスポーツビジネスの最前線 Global Issues in Sports
武士道と武道文化 Sport Policy
健康栄養学 Basics of Technical Writing
基礎スポーツ医学 Basics of Athletic Training
トレーニング科学 Sport and Social Theory

スポーツ科学科:コース指定科目(2021年度以降入学者用)

スポーツ医科学コース

コース基礎科目
スポーツ医科学基礎演習〔必修〕 解剖学
バイオメカニクス 生理学
運動制御論 生化学
スポーツ心理学
コース選択科目
スポーツ生理学 スポーツ医学(内科系)
スポーツ認知心理学 スポーツ医学(外科系)
スポーツ免疫学 スポーツ精神医学
スポーツ栄養学 スポーツ精神生理学
スポーツバイオメカニクス スポーツ工学
メンタルトレーニング実習 免疫学
スポーツカウンセリング スポーツ医科学実習
筋力の制御と適応の科学 分子生物学
生理・運動生理学 Quantitative Biomechanical Analysis of Human Motion

健康スポーツコース

コース基礎科目
健康スポーツ基礎演習〔必修〕 健康スポーツ原論C(健康スポーツ疫学)
健康スポーツ原論A(健康スポーツ生理・生化学) 健康スポーツ原論D(健康スポーツマーケティング)
健康スポーツ原論B(健康スポーツ心理) 健康スポーツの体力・栄養科学
コース選択科目
フィットネス産業論 スポーツ生理学
フィットネス経営論 生理・運動生理学
健康社会学 スポーツ医学(内科系)
循環器リハビリテーション スポーツ医学(外科系)
フィットネスプロモーション実習 スポーツ傷害評価論
健康スポーツ指導法実習 測定評価演習
運動処方実習 コミュニティスポーツ論
高齢者動作改善指導実習 スポーツ政策論
健康教育・政策論 スポーツマーケティング・リサーチ
身体活動増進論 生化学・運動生化学

トレーナーコース

コース基礎科目
トレーナー基礎演習〔必修〕 生理・運動生理学
救急処置法実習 バイオメカニクス
スポーツ解剖学(上肢) スポーツ医学(内科系)
スポーツ解剖学(下肢) スポーツ医学(外科系)
テーピング実習 スポーツ栄養学
コンディショニング論 スポーツバイオメカニクス
スポーツ生理学 測定評価演習
コース選択科目
リコンディショニング実習 ストレッチング実習
アスレティックリハビリテーション実習(体幹・下肢) スポーツマニュアルセラピー実習
アスレティックリハビリテーション実習(上肢) トレーナー実習
アスレティックトレーナー論・実習 コンディショニング実習
スポーツ傷害評価論 リコンディショニング論
スポーツ傷害評価実習基礎(上肢) コンディショニングデザイン論
スポーツ傷害評価実習基礎(下肢) コンディショニング指導実習
スポーツ傷害評価実習(応用) スポーツ法

スポーツコーチングコース

コース基礎科目
スポーツコーチング基礎演習〔必修〕 アスリート論
スポーツコーチング学
コース選択科目
トップスポーツコーチング論 アスリートサポート実習Ⅰ
スポーツ技術・戦術論(種目別) アスリートサポート実習Ⅱ
コーチング実習(障がい者スポーツ指導員) スポーツコーチング理論・実習Ⅰ(種目別)
アスリートマネジメント実習 スポーツコーチング理論・実習Ⅱ(種目別)
アスリート実習Ⅰ(ナショナル) スポーツコーチング論(サッカーC級)
アスリート実習Ⅱ(インターナショナル) スポーツ運動学
アスリートサポート論 コーチング心理学
スポーツコーチング実習(剣道)

スポーツビジネスコース

コース基礎科目
スポーツビジネス基礎演習〔必修〕 スポーツ経済学
スポーツビジネス概論 スポーツマーケティング論
スポーツ産業論 スポーツ政策論
スポーツ経営学 スポーツ組織論
スポーツ法 スポーツファイナンス
コース選択科目
スポーツビジネス実習 スポーツビジネス論(サービス)
スポーツツーリズム論 スポーツビジネス論(プロスポーツ)
企業論 スポーツデザインマネジメント論
スポーツマーケティング・リサーチ 地域スポーツクラブマネジメント
スポーツファシリティマネジメント 会計実務論
スポーツビジネス論(製品) コミュニティスポーツ論
スポーツビジネス論(メディア) Theory and Practice Global Sport Management

スポーツ文化コース

コース基礎科目
スポーツ文化基礎演習〔必修〕 スポーツメディア論
スポーツ人類学 スポーツ史
武道論 スポーツ哲学
スポーツ文化調査法 スポーツ社会学
舞踊文化論
コース選択科目
比較舞踊論 フットボール文化論
21世紀ダンス論 ベースボール文化論
スポーツジャーナリズム論 アメリカ・スポーツ文化論
比較格闘技論 ヨーロッパ・スポーツ文化論
柔術技法論 スポーツ・ジェンダー論
中国武術論 日本スポーツ文化論
アジア身体文化論

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsps/sps/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる