Graduate School of Environment and Energy Engineering早稲田大学 大学院環境・エネルギー研究科

About the School

研究科について

Environmental Leader Program

国際環境リーダー認定プログラム

プログラム概要

グローバル化する環境問題(特にものづくりや資源・エネルギー循環に関わる技術面、制度面や地域での対応の課題)と企業活動の課題を国際的な産学官の連携で解決に導く環境リーダーを育成する。
本課題の環境リーダーは主に対象とする国との間で、語学においても、技術面と文化、制度面からもデュアルに対応可能な人材を定義し、以下に示す修士課程履修モデルと博士後期課程履修モデルを設置する。

想定する人材像・活躍領域

gweee_zinzai

履修モデル

修士課程カリキュラムにおいては語学面の強化、学問領域統合型対応、現場・現実・現物主義の対応を旨としており、地域の問題をふまえた演習や企業等との共同研究、インターンシップにおけるOJT教育などに特色がある。卒業後は国外リーダーにも短期で国内就職をすることを推奨する。

修士課程の履修要素としては基本的に留学生を協定校等から招き、日本人学生との交流を促進しながら日英語学混在環境での教育を行う。交流のしくみとしては日本人学生を留学生コミュニケーターとして雇用し国内リーダーの国際感覚を養成する。
また、連携企業へのインターンシップや短期就職を通じて日本の商習慣を理解した海外リーダーを育成する。こうした人材は将来、日本と対象国においてデュアルに活躍することができると考える。

修士課程履修モデル(長期コース)

gweee_program_a

博士後期課程は本国で博士後期課程に在学する留学生と日本人学生が、論文作成において共同研究を行う点に特色があり、両国言語での学位審査を行うことでジョイント・ディグリーなどの複数もしくは複合の学位授与を行うほか、卒業生が継続的に共同研究を行うための制度を導入する。

博士後期課程は留学ではなく、双方の学生が双方の国の大学に在籍したまま共同研究などで連携する中で、双方の国の研究指導を受けるモデルを想定する。
こうした共同研究の関係は、学位取得時だけでなく、将来的にもつながる関係として維持をしていきたい。

博士後期課程履修モデル(基本コース)

交流期間は総計1〜2年程度で

gweee_program_b

国際環境リーダー認定プログラム要項

本プログラムは、国際的な視野で環境に実践的・具体的に取り組み、企業や自治体等の組織内でリーダーシップを発揮できる人材を育成すために設置された。
各学生の環境に関する専門分野に加えて、横断的なテーマで広く実践的かつ国際的な知識と経験を培うことを狙いとしている。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/gweee/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる