Institute of Comparative Law早稲田大学 比較法研究所

News

ニュース

【比較法研究所創立60周年企画】「Law and Sustainability学の推進」総括シンポジウム 2019年10月30日(水)開催

比較法研究所創立60周年企画

Law and Sustainability学の推進

総括シンポジウム

日時:2019年10月30日(水)13:00~17:45
会場:早稲田大学早稲田キャンパス27号館B2 小野記念講堂

最近ではニュースなどでも「Sustainable」「持続可能性」といったワードを耳にすることが多くなりました。

我々は社会全体の持続可能性、次の世代の利益について十分に考慮して、それを法に織り込んで運用しているのでしょうか。現代社会における法のあり方を、社会の持続可能性(現世代そして次世代、今日そして将来を見通した正義)の視点から批判的に省察し、問いかけます。

プログラム

環境クラスタ

  • “Law in the Anthropocene“

Prof. Gerd Winter (University of Bremen)  通訳あり

  • 「将来世代との衡平を確保するための制度的枠組の意義」

大塚 直 研究所員、法学学術院教授
進藤 眞人 比較法研究所客員次席研究員

土地利用(農地)クラスタ

  • 「持続可能性の観点からの所有権概念の批判的検討-農地所有権を手掛かりに」

楜澤 能生 研究所員、法学学術院教授

土地利用(都市)クラスタ

青木 則幸 研究所員、法学学術院教授

  • 「都市再開発と持続可能性」

鎌野 邦樹 研究所員、法務研究科教授

 

  • 事前予約不要、どなたでもご参加いただけます。
  • 問合せ:比較法研究所 03-5286-1807 [email protected]

Link to English page.

Dates
  • 1030

    WED
    2019

Place

早稲田キャンパス27号館B2小野記念講堂

Tags
Posted

Thu, 12 Sep 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/icl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる