Institute of Comparative Law早稲田大学 比較法研究所

News

ニュース

比較法研究所主催シンポジウム「AI・ITをめぐる法の現状と課題;民法・刑事法・手続法・金融法の観点から」2019年8月2日開催

比較法研究所主催シンポジウム

「AI・ITをめぐる法の現状と課題;民法・刑事法・手続法・金融法の観点から」

 日時:2019年8月2日(金) 15:00~18:00

  • 会 場 早稲田キャンパス 8号館3階大会議室

比較法研究所の今年度研究テーマである「新技術(AI, IT等)と法」について、民法、刑事法、手続法、金融法の各分野における検討状況の現状を報告し、今後の課題を展望します。

【報告者】

民 法 「自動走行車の事故における運転者・運行供用者の被害の救済」
山口 斉昭(早稲田大学法学学術院教授)

刑事法 「AIの開発・利用に伴う刑事法制のあり方」
遠藤 聡太(早稲田大学法学学術院准教授)

民事手続法 「民事裁判手続に関する手続電子化(IT化)」
内田 義厚(早稲田大学法学学術院教授)

商 法 「フィンテック(Fin Tech)が金融法制にもたらす影響」
黒沼 悦郎(早稲田大学法学学術院教授)

司会進行 黒沼 悦郎 研究所員

主 催 早稲田大学比較法研究所

  • どなたでもご参加いただけます。
  • 入場無料。直接会場にお越しください。

問合せ:03-5286-1807 [email protected] (比較法研究所)

Link to English page.

 

Dates
  • 0731

    WED
    2019

    0802

    FRI
    2019

Place

早稲田キャンパス8号館3階大会議室

Tags
Posted

Wed, 05 Jun 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/icl/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる