Waseda Law School早稲田大学 大学院法務研究科

The Faculty and Curriculum

教員・カリキュラム

Support

サポート体制

若手先輩による学修サポート~先輩が一人ひとりの細かな学修相談に対応~

学生一人ひとりに向けた学修サポート体制として、本研究科を修了した若手弁護士等が個別相談やゼミ指導にあたります。普段の学修の質を向上させることに加えて、日頃の不安や心身両面を細やかにケアしています。同じ苦労を経験しているからこそ理解できる疑問や悩みに対し、先輩の修了生が親身になって的確にアドバイスを行います。

本研究科を修了した若手弁護士で、ゼミや個別相談等を通して、学習面・精神面において在学生・修了生のサポートを行います。

将来法曹となる本研究科の修了生で、学修の仕方・初歩的な質問など、個別相談等を通して在学生により身近な立場からアドバイスを行います。

本研究科を修了した若手弁護士で、科目別の答練(解説講義、起案指導等)を通して、修了生の学修を徹底的にサポートします。

本研究科では、在学生だけでなく修了生に対しても様々な角度から手厚く学修をサポートしています。在学中とは異なる学修環境やスケジュールの中で、修了生(特別研修生・法務研修生)の自律的な学修をサポートするため、アカデミック・アドバイザー(AA)やJDメンターが修了生のニーズにあった様々な企画を実施しています。

たとえば、修了生のみが受講できるテーマ別のゼミや科目別の答練を開講したり、起案指導ブースや学修相談ブースを開設しています。また、修了生個々人の学修計画をサポートするため、定期的にマンツーマンによるコミットメントゼミを行っています。修了生一人ひとりが、自分自身で目標達成に必要なものを見つけ出し、それに向けた計画を立て、実行・達成できるよう、アドバイス・サポートを行っています。


キャリア支援室~学生のキャリア形成と就職活動をサポート~

あなたが目指す法律家像を具体化し、実現へと導きます

皆さんは将来、どのような法律家を目指しているでしょうか。そのために法科大学院の在学中にどのような準備をし、修了後にどのようなキャリアを積んでいけばよいでしょうか。せっかく法科大学院を修了して司法試験に合格しても、将来のキャリアのことをおろそかにしていては、法律家として自分の思い描く活躍をすることもできません。

本研究科のキャリア支援室は、稲門法曹会や早稲田ロースクール稲門会、学生有志の研究科承認団体とも連携しながら、本研究科の在学生および修了生が自分自身のキャリアをどのように形成していけばよいかについて、様々な情報と支援を提供しています。例えば、企業内で弁護士として働いておられる方々をゲストスピーカーにお招きして、その仕事の魅力や在学中に取り組むべき勉強について理解を深めるためのガイダンス、国家公務員等の行政職として働くことの意義をご紹介いただく講演会、外資系法律事務所の弁護士の方々を講師とするセミナーなどを開催しています。また、最近では、法科大学院修了生を積極的に採用したいという企業も増えており、企業説明会の開催や企業からの求人情報の配信なども多数行っています。また、稲門法曹会と連携して、本研究科修了の修習生のみを対象とする弁護士求人情報の配信も行っています。今後も、キャリア形成および就職活動を支援するための取り組みをさらに強化していく予定です。

キャリア支援室の支援を有効活用して、あなたの目指す法律家像をぜひ実現してください。


稲門法曹のネットワーク~終了後も多数のOB・OGとの交流・協力を支援~

稲門法曹会

会長 山田 勝利

稲門法曹会会長
弁護士
山田勝利

法曹界で活躍する約5,000人の校友がみなさんを支援します

早稲田大学には法曹界で活躍されている校友(稲門法曹)が全国に約5,000名おられます。裁判所、検察庁、弁護士会など各界で枢要な地位を占めて活躍され、それぞれの分野において高い評価を受けています。 稲門法曹会は、全国で活躍されている弁護士を対象として北海道から九州まで9つに分けた弁護士支部に裁判官支部・検察官支部・教員支部を加えた12の支部から成り立っており、各界で活躍されている校友や法務研究科などの大学との連携を図りながら、法科大学院、司法修習生および新人法曹の支援活動などに積極的に取り組んでいます。 稲門法曹を結ぶ絆は固く、先輩が後輩を思いやる心は実に130年以上連綿と引き継がれてきております。
今後、みなさんが法曹として歩まれる道のどの分野にも稲門法曹会の先輩方がおられ、必ずや皆さんの大きな後ろ盾となり、大きな力になってくれることは間違いありません。 多くの、そして強い絆に結ばれた稲門法曹をバックに持つ早稲田大学大学院法務研究科で学ばれ、一日も早く私達の仲間入りをされて活躍されることを心から期待しております。


早稲田ロースクール稲門会

会長 渡邉寛人弁護士

早稲田ロースクール稲門会会長
弁護士
渡邉寛人

修了後も仲間とともに、母校とともに歩む早稲田ロースクール稲門会

早稲田ロースクール稲門会は、法務研究科修了後の交流・協力を目的とするOB・OG会です。本研究科の修了生全員を構成員としているため、法曹に限らず、官公庁、企業等で活躍する修了生もすべて当会会員であることが特徴です。
修了後の社会活動において、一人では越えられない壁にぶつかったとき、支えとなるのは、多様な経験・知見を持つ先輩や仲間たちです。ロースクールが多分野に人材を輩出している今こそ、修了生全員の交流・協力の場が重要になってきています。
当会では、在学生や修了生を対象として、多彩な進路を歩むOB・OGによる就職情報交換会を実施し、世代を越えたサポートを行っております。
また、2017年には、本研究科開設初年度に入学した法学未修者が本研究科を修了して10周年となります。これを記念した、大同窓会の実施等を企画しており、その他の企画も進行中です。
当会は、会員と早稲田ロースクールの更なる発展の一助となるよう、更に活動を広げて参ります。意欲あふれる皆さまとお会いできますことを、心よりお待ちしております。


早稲田リーガルコモンズプロジェクト(WLCP)

河﨑健一郎

早稲田リーガルコモンズ法律事務所
代表弁護士
河﨑健一郎

研究科が輩出した人材群が、次の人材群を育成する

本研究科を修了した弁護士が中心となって設立された早稲田リーガルコモンズ法律事務所と連携し、学生に最前線の実務に触れながら教育を受け、多様な分野への進出を後押しする。それが早稲田リーガルコモンズプロジェクト(WLCP)です。

プロジェクトの第一の柱は、法務研究科学生に対する「次世代育成プログラム」です。これは、法務研究科のソーシャル・イノベーター・コースのカリキュラムとして位置付けられ、ケーススタディを用いた模擬的実務経験に加え、実務的テーマについての議論の機会を作ることで、学生と実務をつなぐ架け橋を目指します。

第二の柱は、「アソシエイト制度」です。早稲田リーガルコモンズ法律事務所では、毎年本研究科の修了生を複数名アソシエイトとして受け入れています。この制度では、最長3年間にわたり、多様な専門分野を持つパートナー弁護士と共に多くの事案に取り組むことで、法律家としての基礎を学び、社会に貢献できる法律家として飛躍することを目指した人材育成を行っています。

早稲田リーガルコモンズ

[ 早稲田リーガルコモンズ法律事務所 ]
htttp://legalcommons.jp/

 

その他の支援

法務研究科承認学生研究活動団体

「法務研究科承認学生研究活動団体」とは、当研究科に在籍する学生による自主的な教育研究活動について、本研究科としてその活動を支援するものです。現在、7つの団体が承認を受けています(2017年4月)。

image2◆ 法務研究科承認学生研究活動団体一覧◆
1.Welcome-Law School

2.  ジェンダー法研究会
3.  Law & Practice
4.  民法判例時報検討会
5.つなぐ企画
6.  PracticeWaseda International Team for Human Rights(WITH)
7.法学教室 Street Law

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/gwls/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる