Waseda Law School早稲田大学 大学院法務研究科

Careers Office

キャリア支援室

Externships Program

エクスターンシップ・プログラム

当研究科では、臨床法学教育の一環として、夏季休業期間に外部の受入先(法律事務所、企業法務部、官公庁、NGOなど)に学生を一定期間派遣して、法律関連実務を実習させる「エクスターンシップ・プログラム」を実施しています。(※1)

このプログラムに参加し法実務に直接触れることで、実社会で「生きた法」を学ぶこと、法律家としての社会的責任の重さを実感すること、さらには、社会の様々な分野における法律家の役割を知るとともに、法が適用される社会自体について学ぶことができます。
また、キャリア形成という視点では、将来どのような分野で法実務に携わっていきたいのか、自らの適性や能力について実践的に考える貴重な機会となります。 エクスターンシップ・プログラムは、その後のロースクールでの学修内容を見直したり、自らの可能性を拡げたりするきっかけともなり、将来のキャリアを考える上で非常に貴重な経験であると言えます。 皆さん積極的にお申し込みください。

※1 履修学年2年以上、かつ2週間以上のプログラムのみ、科目登録および単位修得(2単位)が認められております。1年次の参加、ならびに2週間未満のプログラムは試行プログラムとなり、科目登録や単位修得は生じません。

エクスターンシップ・プログラム実習風景

エクスターンシップ

過去の受入実績

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/gwls/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる