Waseda Law School早稲田大学 大学院法務研究科

The Faculty and Curriculum

教員・カリキュラム

Curriculum

カリキュラム

法的能力を高めていく、濃密なカリキュラム

基礎的理解から応用展開力の修得に至る法律基本科目の徹底学修

本研究科のカリキュラムは、法律基本科目の基礎的理解を基軸に、進級に合わせ段階的にその学修を徹底して深めていくものです。法学未修者の1年次では、学修する民法、刑法、憲法、民事訴訟法、刑事訴訟法の確実な理解と知識の定着を図ります。また法学既修者が合流する2年次・3年次では「総合科目」として法律基本科目を発展的・応用的に学修し、さらに3年次では「応用演習」において、事案を分析し、自ら法的議論を組み立て、文章の形式で表現する能力の向上を図ります。インプットからアウトプットまでのこうした重層的な学修により、法曹として有すべき能力を深化させます。同時に、専任教員やアカデミック・アドバイザー(AA)による学修支援との相乗効果によって、苦手科目を克服し、得意科目の力をさらに伸ばすことを可能にしています。

各人が目指す法曹像を実現するため、高い専門性と実務能力を伸ばす学修

また、本研究科のカリキュラムは、司法試験後の先を見据えた高度な専門性を鍛える内容となっています。実務基礎を構成する科目群において、民事・刑事の訴訟手続の実務を学ぶことはもちろん、クライアントとのコミュニケーションを含めたロイヤリングの技法なども養成されます。さらに、臨床法学教育(リーガル・クリニック)、エクスターンシップや早稲田リーガルコモンズ・プロジェクトなどによって、法が適用・運用される現場に入り、生の法曹の仕事を体験することも重要です。これらの実務を通して築いた実務家教員やOB・OG法曹とのネットワークは、司法試験合格後の司法修習や就職にも大きな力を発揮します。また、3年次からは学生個々のキャリア設計に応じて、多様な専門性の高い展開・先端科目を履修することができます。

「挑戦する法曹」育成・特別コース 設置

本研究科では、社会がかかえる内外の課題に積極的に挑戦する法曹を育成することを目的として、即戦力法曹育成コース、グローバル・ビジネス・コース、ソーシャル・イノベーター・コースの三つのコース(任意選択制)を設置します。

各コースの紹介

高度な実務教育及び研究者と実務家による総合的学修の機会を提供することによって、より実践的な法律実務能力を涵養し、かつその技能を身に付けることを目的とします。本コースは、特に任官を支援しつつ、日本の司法制度の中核を担う人材を育成するコースです。高度な実務教育を行うコースとして、民事実務演習(要件事実教育及び模擬裁判による手続教育)と刑事事実認定論を必須科目とし、裁判官・検察官出身の教員や本学出身の裁判官・検察官との密接な交流を通じて即戦力法曹の育成をめざします。

将来国際的な法律実務に就くことを希望する学生に対して、法的議論を英語で行う能力と、これに伴う国際法律実務に係る科目群を修得し、グローバル・マインドを有した高度専門法律実務能力を有する国際法曹を育成することを目的としています。本コースでは、交換留学制度(P13参照)を活用した海外学修体験を推奨しています。そのため、外国法基礎科目及び英語での「授業科目」の選択必修化や渉外事務所系のエクスターンシップ及び海外エクスターンシップの優先的振り分けを行います。

環境・人権・開発などの公益的な活動を行い、将来は立法活動の支援や行政機関への助言・提言、さらには社会的起業(ソーシャル・ビジネス)などを志す学生を対象としたコースです。公益的活動の「現場」を積極的に経験させ、「挑戦する法曹」の育成をめざします。①社会系クリニック(外国人・障がい者・行政)、②コモンズ・エクスターンシップ、③地方・公益系連携法律事務所エクスターンシップといった実務科目の新設及びその選択必修化と、公益に関する問題をより深く理解し判断する能力を修得するために、福祉・労働、行政、環境等の展開・先端科目の選択必修化を柱としています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/gwls/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる