Waseda Law School早稲田大学 大学院法務研究科

About WLS

研究科紹介

From the Dean

科長からのメッセージ

新たな時代の「挑戦する法曹」の養成をめざします。

早稲田大学法科大学院は、創設以来、『挑戦する法曹』の輩出をその目的として掲げてきました。本学がめざす『挑戦する法曹』とは、常に社会の変化を敏感に感じ、より複雑で多様化した現代社会のニーズに即応して、新たな時代を切り拓いて正義と公平を体現する法の担い手となり、様々な課題に敢然と挑戦し、社会に貢献する法曹です。そして、それは、人の「喜び」「苦しみ」「痛み」を理解できる豊かな人間性を持った法曹でもあるのです。そのため、多彩なバックグランドを持ち、個性あふれる多くの人材を受け入れてきました。平成の時代ももうすぐ終わります。AIなど新たなテクノロジーやネット社会のさらなる拡大などに伴い法曹の世界も新たな時代の到来が予測されます。早稲田大学法科大学院は、これからも、そうした新たな時代の流れに対応できる『挑戦する法曹』の養成を目指していきます。

「新たな時代に対応できる、付加価値を伴った法曹」の教育システムを構築しています。

本研究科は、学生に対して、授業学修だけで司法試験合格レベルまで到達できる教育プログラムを提供していますが、それだけではなく、本学の法科大学院教育を受けることで法曹としての付加価値を付与すべく、高い専門性と実務能力を獲得した『挑戦する法曹』の育成をめざしています。

かかる付加価値を伴った法曹養成のため、本研究科は、まず法律基本科目を体系的・立体的に学ぶことを重視しつつ、実務家教員と研究者教員とが連携した教育カリキュラムを設け、理論と実務の架橋を図る教育を実践しています。三つの法曹育成特別コースの設置(即戦力法曹育成コース、グローバルビジネスコース、ソーシャルイノベーターコース)はこの実現の方策の一つです。また、現実の法実務を学ぶ臨床法学教育はわが国法科大学院の中ではトップと言って過言ではありません。現役の実務家(裁判官、検察官、弁護士)による実務基礎教育のみならず、学内に大学附設の法律事務所(弁護士法人早稲田リーガル・クリニック)を設け、さらに総計159の法律事務所(126)、官公庁、企業などの受け入れ機関を用意しての、実務現場を学ぶエクスターンシップの充実した体制による臨床法学教育は、他大学の追従を許さない規模と内実を誇ります。これらは、法理論的専門性だけでなく、法曹としての事案分析能力など学生の法実務的能力も発展させることをめざしたものです。

また、北米(アメリカ合衆国、カナダ)などの海外の名門ロースクールと連携し、学位や法曹受験資格を取得できる交換留学制度などを設け、世界に活動の場をめざす学生を応援しています。さらに、外国の大学からの留学生を多く受け入れて共に学ぶなど、学生が豊かな国際性を身に付けるカリキュラムを設けています。

これらは、文科省の加算プログラムの採択などにおいて非常に高い評価を得ており、他の法科大学院と比べた大きな特徴です。

他方、多様化し、変動する現代社会においては、法律家もそれに対応すべく、専門性を有することが要求されています。これからの時代では、医学の場で専門医が活躍していると同様に、法曹の世界でも専門法曹の登場が望まれてくるでしょう。かかる要請にも応えつつ、各々の学生が法曹としての将来の目標を実現できるよう、国内随一と言える企業法務、渉外法務、知的財産法務、租税法務、環境法務などの様々な法律実務分野を網羅した科目を用意しています。そして、本研究科はそれを教授する各分野の第一線の研究者と実務家を多数擁しているのです。本研究科は、60名の専任教員(そのうち実務家教員11名)と102名の兼担・兼任教員(そのうち実務家教員33名)の総勢162名にのぼる第一線の研究者と実務家を擁し、全国の法科大学院でも最多クラスの300以上の科目を設置しています。

本研究科から巣立った修了生らは、高層ビルの乱立する大都会から山間・離島の過疎地域まで、あるいは先端的なビジネス法務の問題から庶民の抱える生活・家庭の問題を取り扱い、そして地域社会の改善から国際的な法整備支援を行うなど、さまざまな地域で又幅広い分野で活躍を続けています。このような多様性を培うことこそ、早稲田大学法科大学院の特徴であり、またそのような素養をもった本学修了生が『挑戦する法曹』として様々な地域・分野で活躍していることが早稲田大学法科大学院の誇りでもあります。

早稲田大学法科大学院の充実したサポート体制

本研究科は、法科大学院教育において学生が社会の基盤となる「法」と真摯に向き合い、学びうる環境を提供し、そして人と社会と世界に貢献できる真のプロフェッショナルとなるように、様々な形で学生へのサポート体制を充実させています。早稲田大学法科大学院の学生のサポート体制は、主に学修サポート、経済的サポート、環境サポート、キャリアサポートの4つの面から構成されています。

まず、学修サポート面では、個々の教員が毎週時間をとって学生の学修相談にあたるオフィスアワーと修了生による学修指導を行うチューター制度を充実させています。さらに、本研究科の特色あるサポートの仕組みとして、本研究科を修了して法曹となった総勢80名を超えるOB・OGが中心となって、学生の日々の学修指導や司法試験準備のための個別相談などを行う「アカデミック・アドバイザリ-制度(AA制度)」を挙げることができます。これらは、多様な学生一人ひとりの実情にあった学びの質を高めるため、個別の細やかな学修相談に対応したものです。また、未修者及び3年次特別入試枠で進学してきた学生らには、AAによる「パートナー制度」を、そして、留学予定者には留学経験者による留学AA制度を設け、学修面、生活面等でより個別的にきめ細やかなサポートができる体制をとっています。加えて、在学中はもちろん修了後も、法務研修生や特別研修生として受け入れ、引き続き大学の施設を利用しながら、OB・OGによる指導が受けられる「JDメンター制度」を設けています。経済的サポート面では、給付型の「稲門法曹奨学金」をはじめとして、多彩な奨学金制度を設け、学生の学修を経済的にサポートしています。貸与型奨学金制度を含めると、希望する学生ほとんどに何らかの奨学金が付与されています。これらを活用して、多くの学生が実りある法科大学院での生活を送っています。また、環境面でも、自習室が完備され、すべての学生が集中して学修できる環境にあります。また、早稲田大学は、長い伝統をもった大規模総合大学として、日本有数の質と量を誇る図書館では豊富な学術資料が蓄積されています。さらに、本研究科は、インターネットを活用した情報収集も最も充実した法科大学院です。つまり、「法科大学院教育研究支援システム」や充実した各種データベースを活用することにより、時間と場所を問わず、判例・文献・ 教材等の情報にアクセスすることができます。最後に、キャリアサポートの点ですが、裁判官・検察官への任官希望者の支援や女性法曹輩出を促進するほか、本学出身の先輩法曹で組織される「稲門法曹会」との連携によって、就職などキャリアサポートの体制も構築しています。とくに、本研究科から女性法曹輩出を積極的に促進するために、社会で活躍している女性法曹の講演会や交流会、子育て中の女子学生に対するサポート強化などを行っています。交換留学制度もこのキャリアサポートの一環でもあります。そして、修了生には、法曹資格を持つ助手等を配置する「法務教育研究センター」を中心にして、法改正の解説講義、知財、医事法などの専門科目の「リカレント教育」を提供しています。これにより、修了生のキャリアアップに貢献しています。

本研究科は、こうした早稲田の総合力を駆使して、学生諸君一人ひとりの志を入学から修了後も継続して支援しているのです。この早稲田の思いは、本学研究科に入学し、学生生活を送ることで実感してもらえるはずです。

 

新たな時代に対応できる、付加価値を伴った「挑戦する法曹」の養成という早稲田大学法科大学院の理念は、教職員と学生が高き使命を共有し、各々の仕事を全力で遂行する中ではじめて実現できると考えています。われわれ教職員一同、学生諸君とともに、新たな時代を切り拓く、名実共に唯一無二の法科大学院を作り上げていく覚悟です。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/folaw/gwls/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる