School of Human Sciences早稲田大学 人間科学部

About the School

学部について

About School of Human Science

人間科学部について

人間科学部は、「人間環境」「健康福祉」「人間情報」という3つのキーワードから学科が構成されています。3つの学科は従来の縦割り的な構造を越えてそれぞれの学問領域をまたがって多くの視点から学ぶことが可能な、柔軟で学際的なカリキュラムが用意されています。
また、文理融合のバランスのとれた学びの追究と、自らが具体的に問題を見い出し解決を図ることができる問題解決能力に優れた人材の育成を目指しています。 多彩な学問領域に触れることにより、幅広い知識を持ちながら、専門性を深く極めていくことが可能な学部です。

大学院人間科学研究科・人間総合研究センターと有機的な連携を図りながら総合的に「人間」探究を深める教育・研究の場は、必ずや皆さんの知的モーメントと実践力を高めていくことを期待します。

人間を主体とした『環境』という視点から、さまざまな環境と人間の関わりを複合的に見つめていく

人間が生活し、発達する過程の中ではさまざまな『環境』を必要とします。 それを構成するあらゆる生物の生態、システム、文化、人間、社会、心理や人間行動を学際的、複合領域的に研究します。環境である限りは、必ずコアとなる中心主体が必要です。その周りこそが環境であり、本学科ではその環境を大きく、広く考えます。主体はもちろん人間や人間社会ですが、これは人間中心主義を意味するものではありません。また、環境は空間軸のみならず、時間軸にも延ばして考えることも必要です。例えば、地質学的、考古学的アプローチは過去の人間が環境とどう関わってきたかを理解することに役立つでしょう。

このような広い研究対象をわかりやすく説明するために「生物・環境」、「社会」、「文化」、「心理・行動」という四つの学系(領域)に分けていますが、学生や教員は必ずしもこの枠組みの中にとらわれる必要はありません。どこかの学系を中心に研究してもいいし、横断的に広く勉強しても構いません。入学する学生自らが新しい環境観をもち、教員とともに各分野のすそ野を広げていく努力を通じて、真の人間環境科学が構築されていくことになるでしょう。

人間環境科学科の学びのポイント

多くの専門科目の中から選べる、学べる

学生自らが、環境に関わる多くのテーマから自由に選択し、履修計画をたてることができます。自然をフィールドとした環境学や生物学、人間の周辺の環境としての心理学や社会学といったように、環境という言葉に含まれている多面的な要素を幅広く学んでいきます。文系科目入学でも、理系科目入学でも、基礎から学び、理解を深めていくという、文理融合の人間環境科学科だからこその特色が、新たなる可能性への扉を開きます。

問題解決能力をもった人材の育成

多角的・複合的な学びの中から人間環境に関する総合的な知識を身につけ、取り巻く状況を丁寧に観察し、自ら課題を見い出して解決する能力を持った人材の育成を目指しています。大学院人間科学研究科に進学すれば、さらに「人間と環境」に関する文理融合型の発展した学びと、高度な研究を進めていくことも可能です。

フィールドワーク、実習科目の重視

講義を中心とした専門科目だけでなく、体験を伴う科目も重視しています。環境系、社会系、文化系には日本国内、国外に調査地をもって研究する教員が多数在籍しており、フィールドワークを体験することが可能です。一方で、心理学、行動学の実験や調査を学内で行ったり、生物分野では実験室での分析、コンピュータシミュレーションの基礎を学ぶこともできます。 アウトドア派、インドア派のいずれであっても、さまざまな研究手法を学べます。

学系

沿革『人間環境科学科』>学系図表

人間環境科学科は4つの学系(領域)から構成されています。

生物・環境系

人間や動植物がどのようなところで生息しているか、また地球上における資源のネットワークなどから食料・農業・環境問題を研究します。環境生態学、地球環境科学、環境管理学、大気化学、環境地質学、動物行動生態学、神経内分泌学、環境経済学、農業経済学などを専門とする教員達が指導にあたります。

社会系

社会学と人類学の領域から社会的環境のさまざまな諸問題を研究していきます。家族社会学、労働社会学、都市社会学、アジア社会論、社会人類学、人口社会学、環境社会学などを専門とする教員達で構成されています。

文化系

考古学や文化、ことばの側面で環境をとらえ、人と人、人と物の関係を考察していきます。フランス文化社会論、ドイツ地域文化、日本考古学、文化人類学、移民研究、科学史、スペイン地域研究などを専門とする教員達のもとで、さまざまなテーマに取り組みます。

心理・行動系

家や街、家族、地域コミュニティなどを環境としてとらえ、それぞれの中で心や行動がどう形成され変化していくのか、環境科学の立場から環境への能動的な関わりを研究します。発達行動学、環境心理学、建築環境学、建築学、社会心理学などを専門とする教員たちが教鞭をふるいます。

今日的課題となっている健康科学・福祉科学を融合し、新たなる健康福祉のあり方を創成していく

健康福祉科学科は、さまざまな角度から人間の健康福祉を考えていく学科です。健康福祉は、人が暮らしていく上での基本です。健康福祉科学科では、人が、身体的にも、精神的にも、社会的にも、健やかで、安心して、豊かに暮らしていくための、社会システム、支援の方法、科学技術などを、総合的、多角的に学ぶことができます。

具体的には、医学や健康科学、健康福祉に関する理工学、臨床心理学、社会的な支援を必要とする人たちのための相談援助、医療や福祉のシステムや産業など、人文科学、社会科学、自然科学という従来の枠を越えた幅広い学びを提供しています。健康福祉科学科の学生は、それぞれの目標や興味にしたがって、特定の分野や研究法などを選び、そこを中心としながら、関連する分野を総合的に学びます。それによって、専門性を持ちながらも、応用範囲の広い知識、能力を身につけることができます。このため、卒業後も、企業、行政などで活躍する途が拓けるとともに、福祉や心理の専門職や、研究者としても、広い視野を持って活躍することができます。

健康福祉科学科の学びのポイント

健康福祉を幅広い視点から総括的に学ぶ

健康福祉科学科では、体の働きから健康福祉を考える、心の働きから健康福祉を考える、社会的な関係から健康福祉を考える…というように、興味の持てる入り口から入って健康福祉に関して深く学びます。同時に、心と体の関係を考えたり、社会的な支援を工学的な視点で考えたり、社会システムから健康を考えたりなど、学習範囲を別の分野に広げ、幅広く重層的な学びを実現することができます。

人の生活に根ざした理論と実践の一体化

健康福祉は、人の生活に直接かかわる分野なので、現実に使える理論と実践が求められます。健康福祉科学科では、実験や制作、ニーズや効果を測定するための調査、カウンセリングや相談援助の実技など、実践的な教育と、理論の構築能力や科学的合理的な説明能力を高めるための教育の両方が用意されており、理論と実践を一体化した総合的な力を身につけることができます。

実践に基づく指導でより広い視野を持つ

多角的な学習が実現できるよう、健康福祉科学科では幅広い分野の教員が配置されています。医療や生理学、心理学、福祉援助技術の専門教員はもちろん、工学やマネジメント分野の教員、また、より実践的な教育を行うために、医療や福祉の第一線や企業、行政などで経験を積んだ教員も配置されています。多分野の教員から多角的に健康福祉を学ぶことで、学生は、専門性を持ちながらも幅広い視野をもった社会人に育つことが可能になります。

学系

welfare

健康・生命系

人間がより健康的に生きるために不可欠な生命現象を体系的に学ぶため、健康科学・ 生命医科学の基礎的な知識を提供します。健康を支えるための内的な条件(運動・栄 養・休養)と、外的な条件(環境)に対する人間の適応や行動を学習し、健康増進の 方法を考えます。

保健福祉系

保健と社会福祉に関する知識および技能を身につけ、人間の尊厳とWell-beingの実現 をめざして、教育・研究を行っています。保健と福祉に関する幅の広い学びを重視 し、様々な社会の分野で人々に貢献できる人材を育成することを目指しています。

医工人間学系

医療・福祉および関連領域の臨床現場を推進・管理する力を備えた人材の育成、臨床 と科学技術の関係を基盤として健康で生きがいを持って暮らしていくための工学的支 援の研究、臨床現場における社会文化的な諸問題を解決する人間学的研究を行うこと を目標とします。

臨床心理系

個人と環境との相互作用を踏まえ、心理行動面から健康・福祉を推進する教育と研究 に取り組んでいます。臨床心理士など心理学領域の対人援助職を目指す場合には、本 格的な教育・訓練を受けることができます。特に、認知・行動療法では、わが国有数 の教育・研究環境を有しています。

人間が関わることで生まれる情報、そのプロセスを科学的に分析し、情報を豊かに生み出す環境を追究する

人間情報科学とは、コンピュータ科学のみを指すものではありません。人が人やモノと関わる際に生まれる接面(インターフェース)を行き来するものを情報として捉え、それが生まれるプロセスの分析からそれを作り出すシステムのデザインまでを科学的に理解し学ぶのが人間情報科学科です。人と人との情報伝達方法、媒体となる道具、コミュニケーションの中で生まれる心理変化など、さまざまな面から情報にアプローチし、研究を展開しています。

人間情報科学科は、情報科学、認知科学、人間工学、教育工学、コミュニケーション学の5つの学系(領域)から構成されています。それぞれの学系では、人と情報の関わりを対象とした実践的な教育と研究に経験豊富な教員達が、最新の設備を活用して指導にあたります。そして理工学分野、人文科学分野、社会科学分野の3つの学問が融合した、新しい人間科学部的アプローチによる、他には類をみない多くの教育研究が実践されています。実社会で役立つ知識・ 技術が学べ、現代社会のニーズを先取りしたさまざまな研究テーマにチャレンジできる魅力的な環境です。

人間情報科学科の学びのポイント

専門分野に応じた多角的な授業形態

多様な専門に応じ、授業形態も多様です。講義や文献を読むことは基本ですが、実験室で人を対象とした実験をしたり、ハードウェアやソフトウェアを作って動かしてみたり、大学から出て現場にいって情報の創られ方を学んだり、海外へ行って学校などを見学するような授業もあります。

情報を創造する場をデザインする

情報の創造は人と人が出会うことによってなされていきます。人間が情報を通して他の人と関わる活動は、すべて出会いの場を作り出すことによって可能になります。例えば一見、全く関係のないテレビゲーム、学校、携帯電話・スマートフォンなども、すべて人とかかわる活動の場です。そして人間情報科学科ではそのような場を分析するための知識を学ぶと共に、デザインし、作り出すために必要な考え方を学んでいます。

専門性と学際的知見を備えた教員

一人ひとりの教員が高い専門性を備えていますが、その研究領域は『情報』をキーワードに、認知、教育、工学、心理をはじめ幅広い分野にまたがっています。各教員が自分の所属する領域から、他の領域にも拡がる研究を行っています。指導教員のこうした学際的な知見の広がりは、それぞれの講義や演習の充実にも繋がっています。「複合的に捉えていく」という人間科学の基本姿勢が、どの授業でも貫かれています。

学系

沿革『人間情報科学科』>学系図表
人間情報科学科は5つの学系(領域)から構成されています。

情報科学系

コンピュータサイエンスの理論を人間科学へどう応用していくのか、あるいはデジタルメディアによる表現方法などを研究しています。具体的には、情報システム学、教育情報科学、知識情報科学、情報コミュニケーション科学、言語情報科学などを専門とする教員達のもとで、幅広い理論と実践を学ぶことができます。

認知科学系

人間が環境からの情報をどのように処理し、反応していくかというプロセスについて、脳内での情報処理も含めた基礎科学と、その応用的な側面を研究する学系です。情報処理心理学、色彩認知科学、認知心理学、生態心理学、生体情報工学などを専門とする教員達が指導にあたります。

人間工学系

周辺環境と人間の接点をヒューマン・インターフェースという立場から研究し、人間にとって快適な生活を保障する情報制御のあり方を追求していきます。安全人間工学、生活人間工学、生体機能測定学、ヒューマン・インターフェースなどを専門とする教員達のもと、幅広い研究を進めることができます。

教育工学系

教育という分野の中で、人間が成長過程においてどのように情報と関わり、それをどう利用していくかの研究や、ウェブを利用した通信教育が教育の質をどう変えていくのかの研究を行っています。教育工学、教育実践学、インストラクショナル・デザイン、教育情報工学などを専門とする教員達が在籍しており、学際的な視野から『教育における情報』を学びます。

コミュニケーション学系

言語という情報を利用して、人間がどのように社会や環境と関わりをもつかを研究する領域です。ノンバーバル(非言語)コミュニケーション研究もこの学系に入ります。応用言語学、心理行動学、教育・メディアコミュニケーション研究、教育情報コミュニケーション技術などを専門とする教員達が学びのサポートを行います。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fhum/hum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる