Graduate School of Human Sciences早稲田大学 人間科学研究科

Human Science Research

人間科学研究

Master's Theses

修士論文題目一覧

当研究科で修士学位を授与した修士論文の題目を、年度別にまとめました。ご覧になりたい年をクリックしてください。

※1996年度以降のものを下記に掲載。

※2013年度以降はこちら

2012年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
綾部 直子 認知的評価における適合性の評価がコーピング実行の柔軟性およびストレス反応に及ぼす影響
田中 加奈 低出生体重児の出生,障害および疾病リスクに関する生態学的研究
椿 明日香 社交不安における脱フュージョンが社会的パフォーマンスおよび言語刺激の機能変容に及ぼす影響
馬場 敏弘 履歴と組み合わせた属性ベースによる映像レコメンドの提案
三井 里恵 現代における青年期の自己と身体との関連 ―若者の身体改造実践を手がかりに―
森田 陽 東京周緑都市の戸建て団地の成熟過程から見た持続性への課題 ―埼玉県日高市の場合―
山村 正子 認知症利用者に対するホームヘルパーのコミュニケーションと情報収集に関する研究
浅井 千恵 高校数学の音声講義配信とその評価
阿部 萌 ソーシャルスキルトレーニングにおける思春期高機能広汎性発達障害児の主観的体験―ピア集団の機能に着目して―
荒井 俊行 ボランティア参加志向動機に関わる構造分析
有田 真己 ホームエクササイズ実施を強化する介入方略の検討―要支援・要介護者を対象として―
李 昭娜 幼児の社会性発達、生活時間と母親の母性意識との関連~韓国・日本の比較~
池田 友亮 我が国における多文化防災の可能性-被災者及び支援者としての外国人-
石川 奈保子 eラーニングによる導入科目が社会人学生の学習スキルと態度に及ぼす影響
石塚 伸太朗 森林吸収系J-VERを活用した森林整備と山村活性化―三重県大台町を事例として―
市川 亜弓 東アジアにおける医療ソーシャルワーカーに関する制度の比較研究
大久保 大地 反ナチ抵抗活動におけるドイツ国防軍特殊部隊「ブランデンブルク」の関与―その歴史的意義と限界―
大沢 知隼 注意バイアス修正訓練を取り入れた集団社会的スキル訓練が児童生徒の社会的スキルの維持般化と心理的適応に及ぼす影響
大野 真 抑うつ傾向者の認知コントロールへのタスク・スウィッチング訓練の効果の検討
大桃 美穂 透析患者のQOD(Quality of Death)分析
岡山 紀子 集団メンバー間の関係性に焦点をあてた職場におけるコミュニケーション改善プログラムが職場のストレスに与える影響
小川 雅代 大学生の抱える睡眠問題に対する数息観介入の効果
小川 祐子 主治医との会話をためらう外来がん患者の特徴
カ ハン 黒のファッションにおける心理的背景に関する研究―日・中・米の国際比較を中心に―
加我 拓巳 気候学的・生理生態学的要素がマラリア媒介蚊各種の時空間的な分布に与える影響
梶原 真一路 ユーザーエクスペリエンスにおける主観要素と使用体験の伝播による影響
粕谷 清治 人がつながるモチベーションを考慮したソーシャルメディアにおけるヒューマンネットワークの分析
黒氏 健一朗 身体醜形懸念の行動的側面とその影響
黒崎 佑乃 学校コンサルテーションの実践的方法に関する研究
厳 芳英 中学生における規範意識及び信頼感が問題行動に及ぼす影響に関する日中比較分析
源田 智美 韓国特別養護老人施設及び医療医院入院高齢者の免疫機能,生存に対する関連要因
齋藤 恵祐 漢方薬のマウス時計遺伝子発現に及ぼす影響
齋藤 健太郎 硬軟二層構造の弾性対象物における深層部の硬さ知覚特性
坂野 葵 適応指導教室に勤務する退職教員の不登校支援体験
酒本 穂積 環境情報の知覚が不安に与える影響 ―環境探索実験を通して―
佐藤 泰 フリーアドレスオフィス空間の環境要素がワーカーの交流活動に与える影響
島田 真衣 大学生の食行動に及ぼす自己効力感、ソーシャルサポート、環境中の報酬経験の影響について―生活状況とトランスセオレティカルモデルの観点からの検討―
末兼 佳織 郊外の雑木林における局地気温と熱収支成分の関係
杉山 風輝子 マインドフルネスな鏡エクスポージャーが身体シルエットの認知に及ぼす影響 ―身体像不満足感傾向の違いによる検討―
スンデル 彩 認知症高齢者の家族介護者における介護負担感と関連する心理的要因の検討
関 和子 eラーニング主体の大学に入学した社会人の潜在的動機と学業継続の意識変容に関する研究
瀬戸 泰 身体症状に関する認知的要因の検討
宣 聖美 うつ病休職者の復職前後における困難感の差異及び困難感に影響を及ぼす要因の検討
田井 眞直子 コミュニケーションメディアにおける視覚・触覚・嗅覚情報の最適な組合せに関する印象評価
高野 絵里子 保育施設における空間構成と子どもの行動様態との関係
高安 洋 鉄道の相互乗り入れによる従事員のコミュニケーションエラー
滝沢 恵子 日本人学習者の英語コミュニケーションにおける苦手意識と流暢性 -質的調査と量的調査からの分析-
玉田 絢香 γ波に見られる選択的注意とコントロール不可能性を有する心配の関連についての検討
田村 悠貴 第三の居場所利用によるストレス緩和効果の検討
千葉 裕明 個別アセスメントに基づく問題解決トレーニングが統合失調症を持つ者の認知機能に及ぼす影響
陳 翰希 「草餅」の医食文化誌
塚本 恵里香 高齢者通所介護事業所における介護職員の感情労働と介護業務に関する一考察
トン ポンユウ An Analysis of how Identity, Privacy, and Anonymity are Negotiated by Japanese College Student Users of Facebook and Twitter日本の大学生がFacebookとTwitterを利用する際のアイデンティティ、プライバシーと匿名性についての分析
永友 春華 原発避難者の抱える苦悩
中村 有志 立位姿勢からのPushing動作における力発揮のニューロメカニクス的検討
根上 裕成 琵琶湖湖底堆積物の生物源シリカ含有率から推定される過去約13万年間の高分解能古環境変動史
朴 素 社会的起業による福祉のコミュニティづくりに関する日韓比較
早坂 昌子 英語学習方略が原因帰属,学習動機づけに与える影響―中学生・大学生の比較―
原島 健走 歩行中の足底部の三次元形状計測による足部クリアランスの評価
福田 安奈 初対面場面における女性の対人不安高群の非対人不安高群に対する印象とコミュニケーションの変遷
堀内 恵子 気質とエフォートフルコントロールが攻撃性に及ぼす影響
松村 はるか 東北地方における過去の野生哺乳類と人間との関係 ―『盛岡藩雑書』を手がかりに―
三宅 佑果 対称律使用時の脳活動に刺激の特徴が及ぼす影響
宮田 敬一 コードおよびメロディから推定する楽曲の不協和度の定量化モデルの構築
宮地 一聡 セメント質年輪法を用いたニホンジカの齢査定
森田 諒 社会福祉従事者の長期勤続を促す要因についての研究―勤続10年以上の精神保健福祉士へのインタビューから―
森松 秀樹 三人称視点におけるラバーハンド錯覚
山田 香南子 メタ認知理論における入眠困難の理解
山本 杏子 お笑い劇場の顧客満足と経験価値に関する研究
柳 文相 子どもの社会性獲得と道環境との関係についての研究
横山 仁史 肯定的/否定的認知のバランスおよび日常記憶に焦点をあてた自己複雑性の検討
鷲巣 禎江 専門学校生の入学経路とキャリア形成
渡邉 文枝 eラーニング授業とブレンド型授業における授業構成要素が授業評価と学習成績に及ぼす影響

課題研究論文一覧(修士課程1年制コース)

氏名 論文タイトル
芦川 浩太郎 幼児の対人関係向上のための支援の在り方
井上 弘子 中学生における友人間の相談行動 ―被相談者の感情・対処行動に焦点をあてて―
岩上 香純 肯定的フィードバックを認知する力と自己有能感の関連および協同学習が両者に及ぼす影響
上野 良重 ソーシャルサポートの認知がストレス反応に与える影響
江崎 智子 現代の大学生における手芸に対する意識
木村 公江 発達障害(アスペルガー症候群)を持つ児童のビデオフィードバックによる自己刺激的行動低減のための取り組み
神戸 威行 大学受験期の進路選択過程におけるソーシャル・サポートの知覚効果
鈴木 みのり 心理的柔軟性が中学生の学校ストレッサーに対する登校回避感情に及ぼす影響
高屋 明史 特別支援学校の特別支援教育コーディネーターのストレスに関する研究
塙 博昭 教師の勢力資源に対する児童生徒の認知がスクールモラールに与える影響

2011年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
伊藤 由里 中高年配偶者死別体験者の語りから見る現代の死をめぐる経験
中西 隆壽 近代の西国巡礼
新垣 友規 植民地朝鮮における妓生文化史
小野寺 雅彦 現代若者を通してみる日本的コミュニケーションのあり方―日本文化論・日本人論の視点を手掛かりにして―
山縣 敦 滞日バングラデシュ人の移住過程とイスラーム
山崎 真之 インドネシア・バリ島の伝統的酒づくりにみる生業戦術
淺井 俊介 視覚障害者のための歩行誘導用床仕上げ材に関する研究―識別容易性の観点からの検討―
朝熊 翔一 P型・D型色覚が信号機の視認性に与える影響
石田 瞳 小児がん患者が復学後に抱える心理社会的問題の検討
石橋 薫 挿絵イラストの自己生成が文章内容の記憶再生に及ぼす効果に関する研究
猪熊 大史 教員用「精神的健康・社会性」自己俯瞰尺度の作成
猪谷 有伽 自己注目が主観的幸福感に与える影響
今井 結希 日本カフェ創成記 ―明治時代末から大正時代初期にかけて現れたカフェープランタン、カフェーパウリスタを中心に―
今村 こころ 学校現場を支援する学生ボランティアの実践力を伸ばすアクション・リサーチ
岩垂 麻理絵 森林減少抑制のための住民キャパシティ・ビルディングの在り方
岩永 大樹 自転車ペダリング運動における加速期の筋活動とキネマティクス
上田 麻絵 第三者評価機関による医療情報ガイドラインと認証システムのあり方に関する研究
植田 珠代 大学生男女のBinge Eating に関する心理的要因の検討
宇佐美 雄也 選手視点を利用したサッカー学習支援ソフトの開発と評価
宇野 綾佳 中山間地域における営農の担い手システム再建―公的経営体と行政との連携を通して―
宇留鷲 美紀 関係フレーム理論による非致死性トラウマに関する治療の可能性~派生的刺激関係と刺激機能の変換の文脈制御による効果~
大浦 絢子 福祉施設における総合的品質経営に関する実証論的研究
大谷 昭子 睡眠時無呼吸症候群サポートロボットのセンサー応用技術の研究
大町 正和 「絹」に内在するイノベーションの深層構造―グローバリゼーションとの邂逅による日本近代化の相剋―
小川 浩二 感性次元モデルに基づく多次元連結ニューラルネットワークによる感性評価
小野 僚子 現代中年の生き方と転機―村上春樹「レーダーホーゼン」を題材とした語りから―
片山 恵美子 一時停止行動の事後評価による運転者の行動変容
金谷 順弘 ディタッチト・マインドフルネスと反芻及び抑うつとの関連
金谷 萌子 脳機能の性差と性分化におけるエストロゲン受容体αとβの役割
金山 裕介 自己/対象中心の視空間的処理能力と共感および自閉傾向との関連-脳機能画像研究-
喜入 瑞央 むちゃ食い症状へのディタッチト・マインドフルネスの効果
菊地 恵美子 学びのワークショップファシリテーター養成過程における学習者の意識変容の分析
金 順龍 ライフストーリーの語りから分析する日韓語上級者の学習と言語維持
金 ナリ 精神障碍者の地域生活支援におけるクラブハウス方式の可能性と課題-日韓比較研究から-
國東 千帆里 居住空間に使用する壁紙の色彩の印象に関する検討~使用目的に応じた壁紙の適合性と壁紙による肌色の印象評価~
久場 亮平 睡眠時無呼吸症候群サポートロボットの試作と機能評価
呉 艶 マイクロブログを利用したブレンディッドラーニング支援
小池 祐子 中心視・周辺視機能を考慮した自閉症スペクトラム障害の顔情報処理特異性の検討
小林 隆雅 加齢と地域に着目した浮き出し文字のサイズが識別容易性に及ぼす影響
小林 美佐子 思いやりを育む養育環境に関する研究
坂井 里奈 大学生のユニバーシティー・ブルー傾向測定尺度の作成 ―スチューデント・アパシー傾向尺度との区別の視点から―
榊原 裕子 Zinc-deficiency and its recovery responses on the distribution of granulocytes, and thermogenesis in rats
崎山 香織 プロセスモデルのインフォームドコンセントの現状と介入による満足要因の関係―通所・訪問リハビリテーション利用者の視点から―
佐々木 真里 観光地・浅草の「三社の絵」—三社祭にみる地域維持の仕組み−
佐々木 里恵 大学生における摂食障害傾向者のボディイメージの検討およびアクセプタンス&コミットメント・セラピーの方略の違いが非構造的ダイエット行動に及ぼす影響
指崎 祐季 指腹の粗さ感覚特性に与える対象物表面の凹凸周期の影響
佐藤 安里 音声の発話者印象情報の知覚・認知モデル構築
佐藤 佳奈 重症心身障がい者の家族関係の変遷プロセス―母親の視点から―
佐藤 友哉 Word repeating techniqueと言語刺激に対する曝露の作用機序の差異に関する検討
下川 雄二 脳内エストロゲン受容体発現に対する神経機構
謝 斐 オーストラリアにおける移民政策の変遷と中国人新移民の実態―シドニーにおける高学歴移住者を中心に―
庄司 名奈恵 公共図書館の評価に関する研究
白石 優子 幼児期と青年期における自称詞使用の様相と自己の意識
杉中 拓央 高等教育機関に在籍する聴覚障害学生の支援に関する研究
鈴木 亜紀子 一時的な食事管理中断に導かれるハイリスク状況に対する心理的負担感および対処方略
巣山 晴菜 社交不安障害患者における拒絶過敏性が不安うつ病症状および社交不安症状の重症度に与える影響性の検討
関 泰子 悩みへの対処が養護教諭の心理・行動的変容に与える影響
ソウ メイセン ダンスワークショップでの協働的な学習のあり方としての「模倣」と「意味の取り込み」
相馬 健作 ドットパターンの識別特性及びドットパターンと点字との間隔がUV点字の触読容易性に及ぼす影響
金 倫衣 「外国にルーツをもつ子ども」の進路選択―神奈川県在住者7名の事例から―
宝田 俊 『魂と舞踏』論―形式と身体観―
チョウ ジュホウ 中国における地域医療の現状及び問題点について ―高齢者医療を中心として―
張 旋 日本に於ける高学歴高齢者の風邪及びインフルエンザに対する意識調査
張 放 中国南部、南嶺山脈の乐昌地域における常緑広葉樹林の地上部バイオマスと氷雪災害の影響
道津 未来 北条小学校の循環型プラン検証システムを支える学年会の機能
冨田 徹 仕事場面における上司の信念・働きかけ方と,部下の仕事への感情や意欲との関連についての研究
長尾 裕太 実際の足部位置と知覚する足部位置のズレの特徴
中村 祐貴 長野県野尻湖における音波探査記録から推定した過去約4.5万年の湖水面変動とその要因
中山 詩野 認知の歪みが妄想様観念を介して抑うつ・不安・怒りに及ぼす影響
朴 賢娥 在日アジア系留学生の異文化ストレスに関連する心理学的要因の検討
原 健太郎 通信制高校教師の生徒対応困難感に関する検討
范 暁 中国の都市部におけるホームルパー人材確保について――日本のホームヘルプ制度を踏まえた上で――
藤井 皓介 大規模鉄道駅における避難計画のための標識配置に関する評価手法
藤田 彩香 児童に対するマインドフルネス介入がADHD症状改善に及ぼす影響
藤谷 猛 人間行動センシングによるライフログとユビキタスクラウドの構築
古井 秀法 京都の世界文化遺産に関するポータルサイトの構築―成長するサイトとユーザ特性についての研究―
堀江 沙弥子 構成主義的観点からとらえた社交不安の理解
牧野 恵理子 「Couples Life Review」による認知症患者と介護者夫婦の意識変容の検証
松野 航大 境界性パーソナリティ障害傾向者における家族機能とBPDスキーマの関連性
松本 義明 認知症介護における回想法
宮 祐未 大学におけるキャリア教育を目的としたe-learningコンテンツの試行
向山 ひろみ 大学生を対象にした敬語指導の内容と方法及びその有効性に関する研究
村山 直子 産前産後における喫煙予防:文献研究および実態調査
持田 隆平 ある不登校事例をめぐる多声的ライフストーリー―羅生門的手法による検討―
森 佐由合 Allyl isothiocyanate-induced changes of the number of white blood cells and plasma energy substrate levels in rats
森田 百恵 モーションキャプチャによるメタバース上のアバターのコントロールに関する研究
矢嶋 雅倫 高層建築物の全館避難時における避難順序を考慮した避難計画
安田 瑞穂 小集団指導型情緒障害等通級指導学級の実態―日常的実践の分類および支援効果の検討から―
山 晃典 狭山丘陵における野生動物相
吉田 俊広 ユーザ発信型デジタルサイネージを利用した組織内SNSによる知識創造の支援
渡 詩織 集団社会的スキル訓練における学級集団の相互作用の変容が児童生徒の学校適応感に及ぼす影響
渡邉 由里子 フィリピン籍保護者の異文化生活におけるニーズの分類に基づいた支援方法の検討― 学校教育場面を中心に ―

課題研究論文一覧(修士課程1年制コース)

氏名 論文タイトル
伊東 真吾 攻撃性が高い児童の敵意帰属バイアスへの心理教育の効果に関する研究 ― 学級と通級指導教室の連携を通して ―
井上 章子 小学生の学級集団にSSEが及ぼす教育的効果と心理的変容
大木 貴子 部活動における成功経験の有無と心理的対処能力および適応との関係
勝山 貴代 キャンプ体験が児童の精神的充足感・社会的適応力に与える影響
久保島 廣美 CSSTによる対人関係スキルの向上と自己効力感の促進―広汎性発達障害の児童と周りの子どもたちとの関わりに焦点を当ててー
小早川 啓子 青年期・成人期の発達障がい者を子に持つ保護者の認知的再評価を促す言葉の検討
齊藤 由理 妊娠糖尿病妊婦のうつ状態変化と栄養支援方法の検討
佐藤 美代子 障害者就労B型事業所に通う自閉症者のこだわり行動の減少
清水 幸子 移行対象経験が青年期の対人様式や自尊感情に与える影響
前田 尚美 高校生活における肯定的な体験とソーシャルサポートがレジリエンスに与える影響
柳 忠宏 認知的心理教育を取り入れた情報教育の場面における高校生の情報活用の実践力と社会的スキルの研究

2010年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
木村 泰博 学級環境の操作を加えた集団SSTの効果
嶋田 ひとみ Pedagogical Content Knowledge の発達を支援する授業に関する実践知ベースの開発 ―高校情報科を事例として―
谷沢 英夫 スウェーデンにおける家族政策の展開と男女共同参画社会への挑戦
森山 真弓 在日ミャンマー人の定住化 ―ライフストーリーから見る移住過程と生活―
山崎 元博 「南関東における古墳時代後期の祭祀遺跡の動向」
青木 菜摘 モルモット十二指腸におけるカハールの介在細胞(ICC)の形態学的解析
赤平 仁奈 凝りの力学特性評価装置の開発と凝り同定手法の検討
網田 泰裕 音韻の並びに着目した音声認識利用者への教示方法の検討
池田 綾 東京都市近郊に生息するニホンイタチの食性の季節的変化
石島 このみ 母子のくすぐり遊びにおける身体性を基盤とした意図理解 ―原三項関係の探究―
伊丹 弘美 インテリア計画支援ツールの研究開発
市川 葵 がん患者、家族の療養場所移行におけるMSWの役割
市川 健 記憶固定が具体的記憶検索訓練における概括的記憶検索方略の修正効果に及ぼす影響
市倉 加奈子 植込み型除細動器治療に対する患者の認識と抑うつおよび不安との関連
稲垣 まりえ 教員と作業療法士の連携のあり方を探る―あさひ学級(情緒障害通級指導学級)の教員に対するインタビュー調査を中心に―
犬塚 智哉 表面凹凸の周期の違いが指先の粗さ感覚に及ぼす影響
江田 友祐 都市居住者が求める場所の価値とその評価方法に関する研究
江原 稔 いじめ被害による長期的な影響を緩和する要因に関する基礎的研究
王 雅楠 肌色の分類における境界線の知覚に関する研究
大野 みな子 内的ワーキングモデルが中学生の学習動機づけに及ぼす影響 ―縦断研究より―
岡野 晃二 背景要因の抽出に有用なインシデント・レポート記述書式の検討
小川 真理子 過敏性腸症候群を有する非臨床群に対する自己教示訓練の効果
小幡 佳菜絵 学校ボランティア・学校インターンにおける、英語科教職課程学生の学びの様相
小山 智史 仕事場面における動機づけ調整方略の効果の検討
何 欣芸 外国人児童生徒の学校生活における支援ニーズ及び支援方法
角 拓海 フリースクールの実態・経年的変化と不登校支援過程モデルの検討
赫 文ジン 国際結婚の文化摩擦 ―日中間の国際結婚を中心に―
加藤 恵 ニホンジカ(Cervus nippon)のオスの社会行動と繁殖システムの過去と現在との比較―金華山島の観察から―
川越 美里 過疎・高齢社会における住民・行政・外部支援者の役割 ―三重県大台町を例に―
河田 真理 アクセプタンスおよび価値の明確化を取り入れたストレスマネジメント心理教育が労働者のストレス反応に及ぼす影響
菊地 真実 在宅緩和ケアに関わる薬局薬剤師の現状と抱える問題点に関する研究―終末期のがん患者への関わりの経験に関するインタビューを通して―
菊池 雄介 書字行為における望ましい視線と姿勢制御 ―筆記具のデザインによるアプローチ―
久保 絢子 体重管理行動の定着に対するアクセプタンス方略の効果アセスメントに関する検討
呉 晨 中国の高齢者施設における中国の高齢者施設における運動?心身健康状態と唾液中ホルモンとの関係
古賀 晴美 外来化学療法を行っているがん患者が抱える主治医との会話における戸惑いの特徴
蔡 韵 日中女性の理想の肌に対する心理学的研究 ―色白肌の嗜好に着目して―
齋藤 篤 カザフスタン共和国における学校健康教育に関する研究
清水 馨 職場場面における休職前の兆候とうつ症状の関連
清水 英雄 高運動負荷によるラット無排卵症に対する中脳縫線核または前頭前野皮質破壊効果
清水 悠 気ぞらしの実行量と気ぞらしへの集中がネガティブな反すうと抑うつに及ぼす影響のプロセス
菅谷 充 マンガ初学者のための4コママンガeラーニングコースの設計と実践
妹尾 夏希 コラージュ制作が感情の言語化および気分に及ぼす影響
高田 千尋 想起されたイメージによる心的影響についての考察
田中 かおり 人間への類似度を段階付けされたマルチモーダルエージェントの印象評価
夛屋 早菊 教師のパーソナルな指導理論の視点に基づく小学生の勉強嫌いに関する研究
土屋 和志 肘関節の屈曲動作時に回内・回外動作を加えたときの肩関節周囲筋活動
都築 由理子 江戸遺跡出土漆器の研究
津曲 志帆 養育放置行動を示す保護者の状態像に合わせた母子生活支援施設職員への行動論的コンサルテーションが保護者支援への自己効力感に及ぼす効果
手塚 智之 滞日インド人の移住過程とコミュニティの実態 ―山梨県における宝石業界従事者を中心に―
中澤 佳奈子 罪責感の認知・情動的側面が外傷後ストレス症状に及ぼす影響
長瀬 裕子 非行,不良行為経験からの立ち直りにおける当事者と支援者の心理的変容プロセス
中西 俊貴 琵琶湖高島沖ボーリング試料の生物源シリカ含有率から復元した高分解能古環境変動史
中原 登世子 高齢者の医療・福祉・居住を支える地域ケアのあり方に関する検討
新倉 季 被虐待児童における攻撃行動のコントロールを目的としたプログラムの開発および評価
二階堂 香 都市に住む人々の環境意識と環境配慮行動
沼田 絵梨子 鼓膜温測定装置を用いたうつ病早期発見システムの開発
沼田 彩誉子 日本におけるタタール人コミュニティ ―1920~1950年代の東京を中心に―
野田 麻衣子 子別れとしての親子の就寝
埜中 佑也 地域スポーツイベントによるまちづくりの現状と課題 ―日本スリーデーマーチに焦点をあてて―
朴 光宇 アイトラッキングによる情報行動の推定とユーザモデルの構築
林 響子 集団社会的スキル訓練における集団の相互作用が児童生徒の学校適応感に及ぼす影響
林 久美子 「近世墓標からみた松前藩の社会」
原 平大 児童および保護者を対象とした通信利用の健康行動介入プログラムの開発―フォーマティブリサーチおよびニューズレターの作成―
平田 華奈子 機能性身体症候群における身体症状と認知的統制との関連について―NIRSによる認知的統制と脳機能の関連の検討―
平原 州二 足指筋力測定器の妥当性の検証
平山 瑶子 怒りの認知処理過程が怒りの処理の持続に及ぼす影響
藤川 千鶴 作業療法士のメンタルヘルス ―神奈川県の現状について―
古田 肇 学校評価における規模の影響に関する研究 ―公立小学校の卒業生を対象として―
松岡 志帆 慢性心不全患者の抑うつ症状に及ぼす心理的諸要因の影響
三上 育葉 ペット動物が心理・生理的反応に与える効果
村井 仁美 香りの嗜好が作業に及ぼす効果
森 優貴 友人とのつきあい方の好みがソーシャルサポートおよび社会的スキルの向上を目的とした介入の学校不適応感低減効果に及ぼす影響
森本 克明 認知的フュージョン質問紙を用いた脱フュージョン技法の効果検証
守屋 明 役割固定法がシャイネスの変容に及ぼす影響
山口 孔丹子 青年の精神的困難状態からの回復過程
山本 勝也 警報設備による音情報が避難開始・避難行動に与える影響
内田 みどり がん医療に携わる医師のストレス要因とコーピングとの関連
横田 有紀子 大学生の境界性パーソナリティ傾向者における表情刺激に対する情動的反応と読み取り

課題研究論文一覧(修士課程1年制コース)

氏名 論文タイトル
大藤 圭 子どもの遊びに対する保護者の態度決定因 ―保護者の遊び体験,子ども観との関連―
押山 千秋 重度重複障がい生徒の保護者が知覚したソーシャルサポートが母親の困り感の減少に及ぼす影響
川原 典子 教師と発達障がい児の相互作用を考慮した支援プログラムの検討
樋山 かほる 低コスト集団ソーシャルスキル教育が児童のソーシャルスキルと自己価値に与える効果
宮地 敏子 通級指導学級におけるソーシャルナラティブによる介入の効果
山中 徳子 学校行事が小学生の精神的充足と社会的適応力の継時的変化に与える影響

2009年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
立松 沙耶華 京都という場所の消費―名勝庭園から考える京都の観光空間―
山下 未知瑠 ケサランパサランの物語
石川 舞 PTSDをめぐる言説と、その苦しみと共に生きる人々 -インターネット上に綴られる苦悩の物語-
谷口 礼 補完代替医療を実践する医師の世界観に関する質的研究
玉村 福太朗 ティーチング・アシスタントの有効な指導アプローチ
寺田 恵理 中学生用マルチメディア英語教材”Tokorozawa English Adventure Ⅲ”の総括的評価
西村 賢二 ひきこもり経験者のライフストーリー
稗田 裕子 画家としてのトーヴェ・ヤンソン―自己表象とフィンランド美術史―
前田 未加子 電磁場の生体影響―医療人類学的研究の試み―
横山 明典 高等学校における、生徒が抱く場所へのイメージについて
李 泰俊 高齢者住宅に対する消費者の期待と地域福祉ニーズ
足立 祐美子 認知症高齢者のBPSDに対する介入の特徴 ―個々の症状に焦点を当てて―
有賀 みさと 土方巽 暗黒舞踏 研究 ―受苦的身体の呈示―
安保 恵理子 外見に関する不適応的な信念が身体不満足感に及ぼす影響
飯尾 美沙 気管支喘息患児の家族を対象とした行動科学的アプローチ ―喘息管理行動に影響を与える要因検討およびそのテイラー化プログラムの開発―
石垣 久美子 行動科学的アプローチ習得のための研修プログラムが健康相談活動における養護教諭の自己効力感に及ぼす影響
石橋 千尋 観光まちづくりの動向と課題 ~持続可能な観光に向けた交通整備のあり方~
出野 尚 The inhibitory and promotive effects of bone morphogenetic protein antagonist PRDC during osteoblastic differentiation
伊藤 広幸 中脳縫線核セロトニン神経系の発達と性差
伊藤 嘉朗 企業ブランドイメージの構成要因に関する研究 ―日中における文化的視点からの検討―
永木 由佳 0.28MPa酸素暴露により生じた亜鉛欠乏ラットの肺組織障害
太田 千秋 大学生の持つ就職活動イメージ尺度作成の試み ~就職活動イメージを形成する心理学的・社会的要因との関係~
大西 一樹 動画像非同期コミュニケーションシステムの開発研究
大野 真由子 うつ病により休職を繰り返す就労者の復職に向けた準備に関する検討
大橋 浩輝 実時間対話における韻律情報による予告と予測
荻島 優 地域社会における野宿者「受け入れ」論理 -東京都A公園の事例から-
小名 絵里香 韓国における施設高齢者の食生活を中心としたライフスタイルの現状 ―施設高齢者と在宅高齢者の比較より―
柏田 百代 Modeling the temporal-spatial distribution of the Anopheles mosquito based on life history and surface water conditions
片桐 麻優 ストライプパターンの識別特性及びドットパターンと点字との間隔が点字の触読容易性に及ぼす影響
金子 祥之 洪水対応をめぐる生活知の民族学的研究 ―利根川下流域の近世新田村を事例として―
兼子 唯 社会不安障害患者の他者評価および身体症状に対する注意バイアスの検討
亀石 由貴 学級活動における子ども主導による「話し合い」過程の発話分析
川口 尊男 インドネシア・ロンボク島における荒廃地緑化モデルの提案
木下 奈緒子 Word repeating technique による言語機能の変容とスピーチ不安の改善効果
栗原 愛 脱中心化が心配の緩和に及ぼす影響
黒田 久美子 高齢者施設入居者における施設内レクリエーション参加と精神的、身体的健康の関係 ―韓国の一長期療養施設での検討―
古関 光浩 がんセルフヘルプ・グループのつながりと場 ―物語と対話に基づく支え合いの文化―
小宮山 みなみ 自己開示の抑制と自伝的記憶の概括化の関連
小柳 花綾 重度肢体不自由者における支援技術のはたす役割と課題に関する研究
山段 亮子 要求阻止場面における内的調整に関する一心理学的研究 ―就職活動を中心として―
島 吉孝 運動が苦手な子どもに対する能力向上トレーニングにおける心理的効果
徐 實馨 心身に及ぼす内気功の効果に対する検討
菅間 薫 IL-17,neutrophil activation and muscle damage following endurance exercise
鈴木 洋子 ヒト白血球活性酸素種産生系を応用した各種物質作用の解析・評価法
角 沙織 児童における個人内の目標設定の位置づけが問題解決訓練の効果に及ぼす影響
武井 優子 小児がん患者が退院後に抱える心理社会的問題の特徴と適応状態に及ぼす影響の検討
田中 沙知 高機能広汎性発達障害者の働く職場での支援に関する研究 ―観察調査と面接調査から―
丹野 恵 集団における攻撃行動の維持に関する強化随伴性のアセスメントに基づく攻撃行動の減少を目的とした介入の効果検討
角田 真奈 小学校における演劇ワークショップの臨床心理学的意味について
友員 彩夏 インターネット時代のポップミュージック―初音ミクとニコニコ動画に見るポップミュージックの受容と供給―
豊住 伸夫 児童自立支援施設における学習ボランティアの実践を通した学習・生活支援
豊田 航 凸点の高さと先端部の曲率半径が携帯電話の操作性に及ぼす影響及び凸バー・凸点の識別容易性
内藤 美菜子 高機能広汎性発達障害のある大学生の支援ニーズとニーズに基づく支援方法の検討
中上 綾子 慢性疼痛をめぐるナラティブ ―線維筋痛症の事例を通して―
中野 友加里 クラシックバレエを採り入れたフィギュアスケーターにおける表現力の習得過程
中村 愛 タクシードライバーの営業方略と事故の関係
中村 彩子 鉄道駅における歩きにくさおよび混み合い感からみた群集流動評価方法の考察
西川 恵 スケッチの変化からみた協働的なアート創造過程
野添 健太 刺激項目の提示間隔と処理様式の相互操作によるフォルスメモリの抑制効果
平尾 彰子 マウス肝臓体内時計への給餌性同調における栄養素の効果
平川 幸子 都市公園の植生変化 -有栖川宮記念公園を例として-
広田 優 断眠が主観的眠気・心身症状および作業能力に与える影響の検討
福田 理恵 高校教師の職場ストレッサーとストレス反応およびソーシャル・サポートの検討
細野 博美 育児におけるコーピングレパートリーの拡充がストレス反応低減に及ぼす効果
堀口 祐樹 e-lerningにおけるLow-Level Interaction を用いた学習者の行き詰まりの推定システムの開発
松尾 瑞穂 石川県における幼児の健康福祉に関する研究
緑川 裕美 高齢者における口腔衛生マネジメントの研究 ―フォーマティブリサーチおよび自助冊子への適用―
宮崎 球一 高い抑うつと不安を有する非臨床群における受動的処理と能動的処理
山内 千尋 アポトーシスに関するシグナル伝達オントロジーに基づくシミュレーション構築
山辺 さおり 中等教育におけるメンターが作成するブログの分析及びメンタリング手法の改善
山本 裕一 ストレスケア支援システムに関する研究 -音声感情によるストレス評価法の検討―
熊田 裕子 看護師の治療的コミュニケーションスキルと専門職としての自律性との関連の検討
渡辺 敬宣 誘目性を活かした教授法が記憶に及ぼす影響
綿引 麻美 友人関係の在り方を査定するための児童対人関係様式検査の作成

課題研究論文一覧(修士課程1年制コース)

氏名 論文タイトル
大森 慶子 特別な教育的支援を要する児童が在籍する通常学級における機会利用型社会的スキル訓練 ~アスペルガー傾向の児童と周りの子どもたちとのかかわりに焦点をあてて~
佐々木 慈瞳 ヴィパッサナー瞑想の実践による自己認知・他者認知と対人関係様式の変容プロセス―ブッダの説く「而二不二」の実践として―
園田 淑子 スクールカウンセラーと養護教諭の連携の在り方と機能
土持 さやか 非行少年に対する更生プログラムの研究 ~傷つき体験への心理的ケア・EMDR活用の可能性~
中川 宏子 小学校1年生の学級における社会的スキル訓練の効果検討 ~向社会性の促進を目指して~
ノキ田 智奈美 子育て支援における「ゆるやかな場」の有効性
眞鍋 俊一 大学生の精神的健康と主観的健康感、生活習慣及び楽観性との関連
村松 雪絵 小学生の対人認知変容および学級満足感に及ぼす対話型写真ワークショップの効果
渡辺 由衣 育児場面における母親の苛立ち感情とその対処に関する研究 ~コーピングへの評価に焦点を当てて~

2008年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
中山 雅迪 高度経済成長期における狭山茶業の持続と変化
布施 香織 不登校の子どもをもつ親の親役割認識の変化
坂本 祐輔 アメリカ合衆国における禅の受容と変容 -テクストからみるZenの拡散-
高橋 拓己 不登校経験がその後の生活に与える影響
矢部 純子 注意集中を促す自己教示訓練がテスト中の認知的干渉の緩和に及ぼす影響
秋元 利之 展示空間における来館者の行動に関する研究
安城 康平 アフリカの開発援助における文化人類学的考察
安倍 元俊 視ることを学ぶ -写真教室の参与観察および生徒の語りから-
有賀 亮 教師の教授行動のなかで表現されたパラ言語情報のカテゴリーの教育的効果
安藤 貴泰 視空間性ワーキングメモリに関わる脳活動の検討
泉 秀生 幼児の生活リズム向上戦略と健全育成システムの構築
伊地知 れい子 栄養ケアマネジメントと高齢者の変化
伊藤 純 「三匹獅子舞」の儀礼研究 -舞と登場諸役にみられる民間信仰的特徴-
今西 美音子 歩行者の経路把握における交差点形状の影響 -格子型街路と非格子型街路の比較-
内田 有希 女性ホルモンが寒冷環境の体温調節機構に与える影響 -そのメカニズムの解明-
江口 力 地方都市における都市観光のオルタナティブ性 -「長崎さるく博06」を事例として-
大須賀 敦子 ピア・レスポンスを取り入れた大学の文章作成指導の実践
大平 将仁 発達障害児・者のライフステージにおける親支援に関する質的研究 - 親の困り感および対応,社会資源,ニーズ,子どもへの期待の移り変わりに着目して –
小田 紗央理 学校組織特性が教師のメンタルヘルスに及ぼす影響 -学校組織特性のアセスメントによる教師支援のあり方を考える-
賀屋 祥子 通常学級在籍経験のある聴覚障害児・者の支援に関する研究 -発達段階に応じた支援ニーズの観点から-
河野 風雲 Effects of synthesized glucocorticoid, dexamethasone onβ1-,β2-andβ3- adrenoceptor mRNA expressions of skeletal and left ventricle muscles in rats
菊池 浩人 操縦時のストレッサーがパイロットの音声及び自律神経応答へ及ぼす影響
木村 有香子 児童における仲間およびきょうだいのけんかの原因 終結方略について
邱 美綺 色彩嗜好おやび色彩感情に関する日台比較研究
楠 英朗 近江商人的企業における日本的経営理念の伝統と発展
倉石 宏樹 再認ヒューリスティックの発動と関連知識利用可能性
倉田 由美子 季節性変化とストレッサーが英国在住日本人の心身に与える影響
栗原 里菜 地域学習教材「埼玉すごろく」の開発と学校図書館での実施 評価
近藤 順子 ものづくりの「民俗」化 -福島県昭和村におけるからむし織事業から織姫制度への展開-
齋田 頌子 摂食障害リスクファクターとマスメディア
斉藤 千秋 女性労働者が働き続けられる職場の条件 -看護師を事例として-
佐藤 真理恵 自己実現概念の計量化に関する心理学的研究 -青年期を中心にして-
佐藤 翠 ボランティア活動から得る満足感とニーズに合った活動内容の関連 -活動継続に及ぼす影響-
澤野 秀幸 携帯電話の所有者属性とモバイル広告の認知度の関係性
島田 亜季 健康至上主義社会への批判的考察 -看護師・保健師の抱えるジレンマから-
清水 千嘉 軽度認知障害におけるリバーミード行動記憶検査の有用性 -展望記憶に着目して-
周 子欽 地元住民の実践から見た中国の開発政策の可能性
沈 睿 日本語話し言葉コーパスの構築法による中国語学習者の話し言葉コーパス発展の可能性
菅 勇希 初等教育におけるメディア制作活動の実践と評価
杉谷 恵 植物エストロゲンの脳と子宮における作用:エストロゲンα受容体免疫組織学的解析
鈴木 一彰 若い世代におけるつながり感コミュニケーションの提示手法
諏訪 耕平 保育園と小学校における子どもの居場所の比較
諏訪 正浩 鉄道駅の利用者行動からみたラッチ内店舗施設計画に関する考察
関 洋輔 モルモット消化管における筋層間神経叢の形態学的研究
高木 健太郎 中国広東省での荒廃地修復過程における昆虫相の多様性回復評価
高島 麻巳子 抑うつ的反すうの能動性を支えるポジティブなメタ認知的評価
高瀬  翔 対象物の力学特性が硬さ知覚に及ぼす影響
高橋 亜依 社会的スキルの認知的側面を取り入れた集団社会的スキル訓練の実施の試み
谷口 恵実子 社会不安における認知的事後処理に焦点を当てた介入の効果
陳 香君 音声インタフェースにおけるタスク達成に有効かつ心的負荷を軽減するシステム発話生成
筒井 文恵 青年期における高機能広汎性発達障害者の自己理解の発達的変化について -当事者へのアンケートおよびインタビューによる質的検討-
程 雪瑩 日中における遠隔教育の実践に関する比較調査と今後の遠隔教育への提言
中里 義博 頸部聴診法による誤嚥の早期発見の検討 -嚥下音の判別分析から-
長澤 克樹 発達障害児・者を兄弟姉妹に持つ「きょうだい」支援の方向性に関する探索的研究 -成人きょうだいへのインタビューを通して-
中村 奈々子 タイ国クンサー流域における二つの民族の社会経済活動と森林減少の関係
西久保 健太 オンデマンド授業におけるリアルタイムチュータリングの実現と評価
野津 彩子 祭り継承と地域活性化 -長野県飯田市南信濃木沢における霜月祭り継承の実践から-
橋本 塁 衝動買い行動に対する遅延強化の馴化による衝動コントロールの試み
長谷川 大 保育園幼児の生活状況と体力・運動能力との関連 -テレビ ビデオ視聴時間とのかかわりを中心に-
塙 陸一郎 英文法学習におけるヒント型複数試行フィードバックが理解度に及ぼす効果
原田 昌子 養護教諭の職場ストレッサーと精神的健康に関係する要因の検討
日高 弓衣 タッチパネル式モバイル機器用HTML変換ツールの開発研究
平澤 三保子 完全主義のサブタイプと抑うつ・不安の関連
平田 修三 里子のライフストーリーワーク -ソーシャル・ネットワーク理論を基盤にして-
福島 秀人 腰痛発生予防措置としてのテーピングの効果
福山 誠 RIA構築技術を用いたグラフ描画サービスの開発研究
袋 菜津子 音声インタフェース操作における心情推定方法の提案
藤崎 春香 感性情報を用いた対話における「息が合う」現象の解明
藤本 志乃 中学生の社会的情報処理における検索過程がストレス反応の低減に及ぼす影響
古谷 朋子 マウス胃幽門前庭部におけるカハールの介在細胞(ICC)の形態学的解析
寳迫 暁子 衝動性が怒り感情に起因する攻撃行動に及ぼす影響
堀内 明子 子どもの身体活動ガイドライン策定に関する予備的研究:健康度を決定する歩数の基準値を探る
本間 史恵 打鍵動作におけるピアノ経験者と非経験者の神経筋制御とバイオメカニクス
前田 北斗 江戸の墓地出土古人骨の病変分析
前泊 成人 健康づくりを目的としたターゲット化介入プログラムの開発および評価 -離島地域を対象として-
松浦 桂 上司との関係に対する評価が新入社員のメンタルヘルスへ与える影響
松村 智恵 日本人大学生の海外旅行における指向と意欲および経験との関連性
松本 恵子 青年期における境界例心性の再理解についての検討
蓑田 由実 青年期における親密な他者に対する信頼感や不信と関係継続との関連
村松 慶一 美的感性の遺伝的獲得と文化的発達
柳川 剣 足部内返し軸周りモーメントを用いた環境要因の評価
山口 真実 教師への行動コンサルテーション方略を用いたストレスマネジメント支援 -教師の受容タイプによる介入効果の差異-
山田 真利子 中年期女性教師における教職生活の語り研究 -養育と教育の重ね合わせに着目して-
山本 哲也 大学生における記憶情報の検索訓練が記憶の検索過程に及ぼす効果
横瀬 利枝子 介護施設利用に到るプロセスへの一考察 -認知症高齢者と娘の関係性の視点から-
横田 曹 振動刺激による触錯覚を活用した皮膚知覚呈示インタフェース開発のための基礎研究
横堀 拓也 Effect of land covers on air temperatures in volved in the development of urban heat island
吉原 美沙紀 現実およびネット上の対人関係性,ソーシャルスキルとインターネット依存傾向の関連
若田 忠之 香りの心理学的側面における分野および調和色・不調和色の検討 -香りと色の印象によるデータベースの構築-
荒西 宏美 モルモット結腸運動調節機構の形態学的解析
佐藤 章悟 Muscle fiber type dependent effects of β2-agonist, clenbuterol on β1- and β2-adrenoceptor mRNA expressions in rats

課題研究論文一覧(修士課程1年制コース)

氏名 論文タイトル
山口 孔丹子 青年期の精神的変容過程 -PILテスト及び回想インタビューを用いた検討-
山田 由理子 前思春期児童と保護者への食意識調査
篠崎 昌子 幼児の問題行動に対する保育士向け研修プログラムの有用性 -地域における研修スタッフ自主養成システムの導入-
平岡 和子 不登校の中学生の回復過程における適応指導教室の支援に関する研究
山本 忍 特別な教育的ニーズをもつ幼児の事例研究 -気になる子への対応と保護者との連携 -
舘村 司 フリースクールにおける発達障害児に対する音楽の効果
御子柴 ふゆ 攻撃行動を持つ自閉症児・者を支援する社会福祉施設の職員が抱える問題
山本 馨 大学生における寮生と寮外生の心理的特徴の比較

2007年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
海老野 貴勇 プロ野球選手の筋形態の特徴
和田 静子 ロードーシス行動神経制御におけるγアミノ酪酸(GABA)受容体AとBの役割
安積 久美子 フィットネスクラブにおけるエアロビックダンスの指導法の確立に関する研究
阿部 絢子 高齢者の身体活動量と免疫機能との関係
仙頭 篤 わが国におけるインターネット依存症の現況とその特徴
土肥 潤一朗 野外パーティのエスノグラフィー―レイヴ(RAVE)実践を事例として―
藤井 紘司 近代八重山諸島における遠距離通耕
不破 明日香 日米の大学生に於ける色彩嗜好研究 -地域間比較と国際比較-
山形 悦子 「抱き」を通した母子相互作用についての研究 -母親が感じる「抱きにくさ」に着目して-
横井 梓 居住内装空間における刺激媒体間の印象評価比較と空間認知
坂田 晴美 スピルリナが高齢者の生体に及ぼす影響
秋元 俊太 Capsaicinoids induced changes in the distribution of white blood cells in rats
東 義裕 東京郊外と地方における精神障害者の地域生活支援の地域差
阿部 朋典 怒りの喚起しやすさに焦点をあてた自己教示訓練の効果
阿部 ひと美 意思決定理論を適用した役割固定法が社会不安に及ぼす影響
石瀬 加寿子 壁面色の違いによる気分の変化および生理的効果に関する研究
石田 真弓 青年期死別経験者における死別サポートの検討
和泉 貴大 事故防止ルールの遵守メカニズムのモデル化
五十川 ちよみ 中学高校生の認知的特徴が主観的学校不適応感に及ぼす影響 ―発達的差異の検討および介入プログラム実施の試み―
磯部 渚 大学生の職業選択における自己決定感の規定要因
今村 恵理 学生ボランティアの理科の授業実践における有効性と課題の検討
打波 祐子 月経随伴症状の認知的側面
小塚 友香 長期的視点から見た教育的働きかけの意義に関する一考察
衛藤 由美 ITエンジニアのストレス反応に関連する心理学的要因に検討
大澤 ちひろ ポジティブな認知が抑うつ的認知処理過程に及ぼす影響 ―ポジティブな代替思考を用いた思考抑制が認知の柔軟性に及ぼす効果―
大下 京子 色彩象徴と思考様式の相関に関する日加比較研究
大山 剛 フリーライダーが許容される社会の生物的および文化的背景について
小幡 真希 青年期のタイプA行動パターンと怒りへの筆記法
小原 美樹 自己破壊的行動の回復プロセス-境界性パーソナリティ障害における自傷行為、自殺企画を通して-
柿沼 和秀 死者の魂の概念と死別悲嘆との関係性について
加藤 あき子 青年期女性の冷え性に関する基礎的研究
狩野 真清 メスラットの寒冷応答におけるエストロゲンの効果
萱場 奈津美 笑顔の物理的変化量による分類と印象評価
川島 千佳 被共感経験及び共感性が援助行動に及ぼす影響
北爪 直美 不登校経験者の学校復帰過程に関する研究 ―時間的展望の視点から―
北村 史 芸術家が実践するワークショップ活動における「教育」に関する一考察
木藤 まどか 初産女性の母親意識形成過程に関する事例研究
金 殷玉 安全色のリスク認知に関する日韓比較研究
栗本 奈央子 ゲッシュ ―アイルランドの神話・伝説における<禁止・命令>―
黒木 大樹 手あそびうた場面での子どもと保育士の行動とその機能
小林 弘幸 音楽における遺伝子進化と文化進化の結びつき
齋藤 久美子 児童の問題行動と教師の対応に関する行動観察研究 ―同調行動に着目して―
澤邉 潤 教室授業場面における挙手行動に関する実践研究
嶋津 千紗都 中学校教師の攻撃的な生徒に対する理解および指導
神出 学 Effect of tea catechins on uncoupling protein 1 mRNA expression in brown adipose tissue of rats.
數藤 貴 ベルベットイリュージョンによるベルベット感の定量化に関する研究
瀬山 朋 雌性行動抑制機構形成に対する新生期雌雄ラットの中隔破壊効果
染谷 有威 Zinc deficiency induced changes in the distribution of white blood cells in rats
田中 良典 検索ユーザーの視点を取り入れた講義音声検索システムの構築
堤谷 めぐみ 施設入居高齢者に対するネイルケア施術の生体防御機能に与える影響
津村 秀樹 心拍からのディストラクションが抑うつ者の解釈バイアスに及ぼす影響
丹羽 奈緒 児童生徒のソーシャル・サポートに焦点をあてた認知的介入方法の検討―サポート利用の次元に着目して―
野村 和孝 更生保護施被保護者の認知的特徴が社会復帰に及ぼす影響―社会的スキル訓練の取り組みを通して―
橋爪 絢子 高齢者の特性や利用状況に適合した携帯電話の条件
初川 久美子 中学生の仲間関係における同調的な態度に関する研究―仲間関係における自己表明と仲間集団関係満足度の関連から―
濱口 真奈 入院患児のストレスと対処行動の特徴
早川 亜希 自然観察場面でのふり遊びにおけるプライベートスピーチの社会的起源
張替 まき 地域高齢者の食生活と心身の健康との関連性
姫野 弥栄奈 対人関係における認知的再体制化とモニタリングが大学生の怒りと社会不安の低減に及ぼす影響
平井 勇介 生活実践からみた自然再生事業の環境社会学的考察
藤澤 奈穗 音楽聴取による心理的・生理的変化と精神テンポの関連性
藤澤 雄太 実務者のための包括的保健指導プログラムの開発と評価
法田 裕美子 ボディチェッキング認知がダイエット行動に及ぼす影響
本間 亮平 見通しの悪い一時停止交差点における非優先側運転者の行動―運転支援システムによる行動変容―
松尾 聖一郎 一斉授業における教師が児童へ行う働きかけとしての沈黙の検討
水島 秀聡 インターンシッププログラムによる社会人基礎力向上の試み
水野 真由美 被験者属性と触知記号の識別容易性の関係
三角 博彦 高齢者における生涯学習活動と健康との関連
宮澤 幸希 ニューラルネットワークを用いた母音範疇の獲得モデルに関する研究
村上 菜々子 通常学級に在籍する自閉症スペクトラム障害児の担任がもつニーズとその支援に関する研究
本山 麻美子 大学生のひきこもり傾向に影響を与える要因の検討
守 一介 eラーニングシステムを併用した通学制講義型授業の評価
安原 祥 体温調節・温冷感覚に与える性周期、脱水の影響
山崎 貴裕 特別養護老人ホームにおける感染症の実態とその予防策および対応策の効果の検討
山田 陽代 介護老人保健施設におけるレクリエーションが入所者のQOLと気分に及ぼす影響
リン クリスタル 高齢者のクオリティ・オブ・ライフに及ぼすナラティヴの影響 ―ライフレビューを経て見えてきたもの―
若林 紋 施設入居高齢者の生体防御機能検査ストレス、QOLおよびPGCモラール・スケールの関係~日本・韓国それぞれの国の調査より~

課題研究論文一覧(修士課程1年制コース)

氏名 論文タイトル
荒巻 恵子 ICT活用時の言語刺激による学習の促進効果
伊藤 しのぶ 心理教育的方法を取り入れた学級経営の取り組みー KJQ調査を指標としてー
遠藤 やよみ 教育相談員による学校支援のためのコンサルテーションの可能性の検討 ー行動変容モデルの試みー
大下 眞美子 不登校生徒を対象とした学習習慣の形成と維持に関する研究
葛貫 庸子 心理教育的授業の検討
肥沼 章彦 私立小学校の学級における社会的スキル訓練の効果検討
須澤 美和子 全校における心理教育,認知行動療法の効果検討
仙頭 綾子 認知行動的介入プログラムによる自動思考の変容と抑うつ低減効果に関する研究
高橋 幸一 技能連携校における教師特有のビリーフについての調査研究
丸岡 いずみ 不登校経験者の不登校サポートの実態と意識に関する研究

2006年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
土門 万里子 神話に受け継がれる『世界の根源』
青山 友子 若年女性及び中高年女性における有酸素性能力と歩行中の脂質燃焼量
井上 博登 「軍艦島」の生活誌
大道 一弘 力学領域における学習者の誤ルールの修正に関する研究
相澤 文 児童を対象とした身体活動量増強プログラムの開発と評価 -学校における休み時間の遊び活動に着目して-
蘆野 晃子 先天性四肢障害児の父親における告知後の変化プロセスおよび援助の方向性
李 多賢 韓国における水環境研究と社会動向との関連
飯田 綾 通常学級に在籍する自閉症スペクトラム障害児に対する支援の検討 -学級で係わり合いのある周囲の子どもに焦点をあてて-
池端 宏之 スポーツ、アイデンティティ、「国民」概念 -その関係と歴史-
井合 真海子 BPD傾向者の見捨てられスキーマがBPD様の徴候に及ぼす影響
石島 寿道 長時間最大下運動中のVO2 driftおよび神経 ‐ 筋機能における持久性トレーニングの影響
石橋 治子 チアリーディング競技者における着地時衝撃緩衝能力のバイオメカニクス的検討
磯部 かおる 脊髄損傷者における立位受動的歩行様運動中の呼吸循環応答
今田 圭太 大学ラグビー選手の体型、体組織に関する研究
岩尾 美代子 娘の出産を契機とした母娘関係の変化
岩原 佳代 玄米ニギニギ体操(ダンベル体操)の日常化が児童の体力に及ぼす影響
臼田 いつか 前十字靭帯再建術後の関節水症が筋回復に及ぼす影響 ― Bioelectrical impedance法による関節水腫判別の有用性 ―
宇田川 友梨 農業気候資源評価のための水収支モデルの開発
王 健 プリントメディアを用いた通信教育型健康プログラムの効果
大内 佑子 継続的温泉浴のストレス軽減効果
太田 吏香 ボランティアが教師の補助的役割を果たす授業の在り方
大多和 亮介 消費者反応に及ぼす企業スポーツの影響
大部 隆志 動作の方向と筋活動のタイミングが同側手足の協調動作に与える影響
岡田 依子 プロ野球私設応援団の文化論 福岡ソフトバンクホークスの事例
岡松 さやか e-learningを付加した新しい通学制授業モデルの検討
小川 哲也 運動特性の違いによる伸張反射機能の特異的適応
小倉 容子 高校生の出来事に対する認知の多様性獲得がストレス低減に及ぼす効果
小島 理恵 玄米ニギニギダンベル体操を実習した高齢者の自覚健康症状と体操継続の関連
小田 晋平 投球動作における胸骨上縁を基準とした上肢・上肢帯の3次元動作解析
郭 洋 色光の生理的・心理的効果に関する研究
梶川 悟 Hypoxia-inducible factor-1αの一塩基多型が低酸素刺激に対する応答の個人差に及ぼす影響
桂川 泰典 教師の自己ナラティヴとその語り直しを通した教師コンサルテーションの試み -日本の教師文化の特性を活かして-
金海 藍加 もの忘れ外来患者の配偶者におけるアルツハイマー病(またはその疑い)の受け入れに関する質的研究
金子 洋平 立体音響を用いた音像移動による他車位置情報提示の有効性
金松 慶 平面的および空間的位置関係の知覚の相互変換に関するfMRI研究
川崎 雅子 大学生における友人関係の悩みが友人関係スタイルを介して友人の機能に与える影響
川島 悠 Ethanol-induced changes of the number of white blood cells in rats
丸藤 祐子 心肺体力の高い女性では加齢による動脈硬化と左心室肥大が抑制される
北浦 壮一朗 大学生の家族意識に関する研究 -凝集性の観点から-
鬼頭 祐介 Rangeの異なるベンチ・プレスにおける筋電図学的分析
木村 愛 Impacts of Climate Changes on the Thermal Environment of Rice Fields in Japan
姜 鳴 2004サッカーアジアカップにおける「サッカー反日」はどう報道されたか? ―日中の新聞報道分析を通して-
朽原 優 方向転換能力に関与する体力・技術要素の検討
工藤 雄 bjリーグの観戦者に関する研究 -メールマガジン会員に注目して-
桑原 朋子 小児、青年期の身体活動が健康関連QOLに及ぼす影響
小板 史美 遊び場面における乳幼児のインタラクション成立に関わるモノの役割
古賀 篤 メディアイベントの健康表象に関する研究 ~健康優良児言説の変遷~
児玉 朋江 音声の周波数・速度が印象評価及びイメージカラーに与える影響
後藤 愛 家庭における子どもの身体活動量増強の試み -保護者の働きかけを促す通信紙プログラムの効果検証-
小林 海 スプリント走加速局面における一流短距離選手の下肢スティフネスおよび疾走の特徴の変化
近藤 友佳 感情への恐れが気晴らしの選択と効果に及ぼす影響
齋藤 雅斗 経路探索時の情報受容と誘導方法との相互関係についての研究
境 健吾 自重負荷を利用したトレーニングが虚弱高齢者の骨格筋の形態及び機能に及ぼす効果
酒井 麻里子 ラットの母性行動発現におけるエストロゲンおよびアンドロゲンの効果
坂上 真弓 大学バスケットボール選手におけるACL損傷因子の解析 -連続ジャンプ動作の二次元動作解析について-
坂田 淳 CT及びX線透視画像を用いたShape-matching法による膝前十字靭帯機能の解析
阪本 路子 統合失調症患者の行動上の障害に対する家族の認知・対応行動・感情と精神的健康
佐久間 淳 足関節底背屈動作における下腿三頭筋の筋束動態と動作速度依存性
笹木 正悟 サッカー選手の方向転換動作に関する研究
佐々木 世佳 β-アミロイド誘発性神経細胞死におけるオートファジー・ライソゾームシステムの制御機構
佐藤 藍子 航空分野におけるリスク知覚
佐藤 登 オリンピック開催計画における「拡大化」と「非拡大化」の研究
真田 亜希子 膝前十字靭帯再建術後の半腱様筋腱の再生過程と時期
設楽 佳世 光学非接触式3次元人体形状計測法に基づく日本人女性の体表面積の推定式作成
城月 健太郎 Video Feedback における認知的介入がスピーチパフォーマンスの自己評価に与える影響
須賀 千奈 許しの認知プロセスの抽出と各段階において求められる心理的援助
瀬下 寛之 野球選手における体幹部の機能的役割と形態特性についての検討
瀬高 英之 介護保険法改正に伴う介護保険事業所の対応に関する考察 ~アクションリサーチを通して~
諦乗 豪 運動強度の違いによる運動中、直後の脂質燃焼及び血液生化学の変化
田内 滋人 児童の自己抑制に関する行動場面の文脈的考察
高田 一慶 わが国の球技系トップリーグ観戦者に関する研究 -クラスター分析を用いた観戦者の分類-
高橋 恵理 若年成人女性の身体組成と基礎代謝量について
高安 陶子 ストレスフルなイベントに起因するポジティブな変化に関する検討
竹大 和男 17世紀中葉の古伊万里の様相 ―「檀伐桐」窯址の踏査から
田中 義則 Histological properties of fiber-type, and the number of microcirculatory vessels and muscle spindles in the sternothyroid muscle of rats.
田上 明日香 キャリアカウンセリングを希求する派遣社員への認知行動的介入方法の検討
土屋 美樹 大学生のひきこもり心性と自己・他者意識および欲求不満耐性との関連
寺田 修 若年者における運動習慣が細胞性免疫能・サイトカインバランスに及ぼす影響
永井 麻理 化粧と顔の形態的特徴の違いが女性の人物印象評価に与える影響
中井 良 携帯電話を用いたレスポンス・アナライザのオーケストラ型討論授業
中上 英和 中学校期から大学期にかけての友人関係の発達的変化 -大学生を対象にした回想インタビューから-
中嶋 哲也 近世における起倒流柔術の歴史的実態
中曽 浩一朗 顕微鏡下手術のための椅子の研究開発
中山 佳子 筋ジストロフィー患者のきょうだいにおける同胞の疾病および自己受容プロセス
那須 昭洋 非行少年の立ち直り過程に関するエスノグラフィック・リサーチ -自立援助ホームに居住する非行少年の「日常生活」と「語り(Narrative)」から-
能野 淳子 学校場面における問題行動に対する介入効果の般化についての検討 -復元効果からみた学校における支援について-
野上 祐一 体型の分類に適した座面クッションの開発とそのビジネスモデルの提案
野口 大輔 ラット脳におけるエストロゲンα受容体免疫陽性細胞数の雌雄差
齊藤 れい 指定管理者制度におけるスポーツ施設のマネジメントに必要な能力に係る研究
野崎 健太郎 認知行動的アプローチによる収集強迫傾向者に焦点を当てたワークブックを使った介入プログラムの有効性に関する検討
野呂 美文 膝痛の中高齢者を対象とした痛み対処方略に関する研究
橋立 勇気 日本の座文化に基づく椅子の開発
橋本 真紀子 更年期における精神症状に関連する心理社会的要因の検討
浜田 早苗 身体活動量と心と体の健康に関する調査
廣瀬 理沙 Rb欠損細胞におけるEGCGの癌細胞増殖抑制効果
深野 真子 足部運動解析の新展開 -片脚着地時における足部運動解析-
藤岡 緑 他者からの否定的な評価場面における怒りと不安の相違
藤原 志保 自責傾向と怒り反応傾向および精神的健康との関連
船越 美保子 安全色のリスク認知における日本と中国の交叉文化的研究
堀部 奈都香 色彩に対する香りの調和性が与える心理・生理的影響
本目 えみ 公共スポーツ施設における評価指標としての利用者満足度
前 文章 現代アートイベント考 -eNDにおけるアートイベント論-
前田 信子 ラットロードーシス制御における中脳中心灰白質の解析
松尾 謙吾 シャイネスに対する構成主義的自己教示訓練と合理主義的自己教示訓練の効果
松田 啓佑 民間フットサル施設の経営に関する研究 -競争戦略に着目して-
松田 志保 アトピー性皮膚炎患者の受療行動とセルフケアに関連する要因の検討 -セルフ・エフィカシーの観点から-
光川 眞壽 反復的な足関節底屈運動中の腓腹筋内側頭およびヒラメ筋の動態からみた筋力低下の規定因子に関する研究
密山 暎代 身体活動が夜間睡眠に及ぼす影響について
美濃羽 弘樹 生体電気インピーダンス法(BIA)を用いた局所における筋体積推定
宮崎 拓郎 霞ヶ浦近代漁業技術史 ~漁業者の自然環境、社会環境に対する技術的対応~
三好 裕介 ローイングエルゴメータ運動中のパワー発揮に及ぼす漕手の体力・技術因子の影響
三輪 温子 女子児童生徒における摂食障害傾向の認知行動モデルの検討
三輪 珠美 一次性頭痛におけるネガティブな解釈
元安 陽一 バスケットボールのフリースロー成功率に及ぼす関節運動の影響
山崎 聡 カラー舗装におけるイメージ狭窄の有効性と景観評価の検討
山本 智也 完全主義認知と抑うつとの関連
山本 隆一郎 入眠時選択的注意が入眠困難に及ぼす影響 -数息観による注意の統制を用いた検討-
山脇 加菜子 携帯電話のメール機能を活用したウォーキング行動促進プログラムの開発
楊 先偉 スポーツと旅行先イメージ -台湾から見たスポーツ都市としての東京の魅力-
吉谷 文 病的状態におけるアストロサイト型グルタミン酸トランスポーターGLT-1の細胞膜発現調節機構
依田 奈津子 少子化時代における未婚化・晩婚化の要因分析
龍 月 日中健康観比較 -大学生を対象として-
川村 奈々恵 学校教育における評価の現状に関する研究-「総合的な学習の時間」の評価観点を例に-

2005年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
岡田 彩 ロマンティック・バレエと音楽 ~19世紀前半パリ・オペラ座を中心として~
小山 蒔子 施設入所高齢者の食についての調査研究 ―給食の満足度に関する心理学的要因について―
仲 美智子 イングランドのグリーン・マン ―その造形的観点からの考察と分類―
岡井 宏文 在日ムスリムの社会的ネットワークと適応
山田 季生 民族スポーツと政治 ~創られた伝統 カルチョ・ストーリコ~
青柳 雅人 大学サッカー選手に対するスクワットジャンプトレーニングの効果
赤木 亮太 安静時と等尺性筋活動時における肘関節屈筋群の筋形状と肘関節屈曲トルクの関係
赤松 亜紀 児童の多義的場面における認知の変容が怒り感情の低減に及ぼす影響
秋山 裕介 身体的特徴及び投球動作から見た成長期の野球選手における肘障害の発生原因
荒木 智子 足部形態の発育・アーチ構造の発達と関連因子の検討
荒木 美恵子 英国における言語政策 ―移民と言語的多様性をめぐって―
李 恩兒 自治体が行う高齢者筋力向上トレーニングの事業委託に関する問題点と展望
飯田 直慶 ハザード知覚に対する視対象別注視行動に関する分析的研究
飯田 悠佳子 重心動揺測定値に基づく平衡機能発達の評価
五十嵐 友里 社会不安障害の維持に機能する認知的情報処理過程
石澤 桂子 うつによる休職者の職場復帰を促進する心理社会的要因に関する質的研究
今井 正司 強迫傾向に特徴的な侵入思考への認知的対処ネットワーク構造
植松 梓 ヒトのヒラメ筋におけるホフマン反射の運動後増強
内田 聖久 アロマセラピーが精神的健康度にもたらす影響の検討
浦田 瞳 熟練ソフトボール選手と非運動群の脳賦活部位の違い:GO/NO-GO課題を用いたfMRI研究
大室 康平 野球のバッティングの再現性
小川 嘉恵 健康をめぐる語りを聴くこと ―健康観の再考―
小澤 典子 Intrinsic and cultural components of emotional expression observed in movie remakes
小澤 満玲 通常学級集団における特別なニーズのある児童の行動観察研究 ―アスペルガー症候群に対する他児のかかわりについて―
勝亦 陽一 野球選手における筋形態および筋機能からみた投球速度の決定要因
加藤 亜紀 境界性パーソナリティ障害の感情統制不全 ―そのメカニズムの理解に向けて―
加藤 えみか 足関節の柔軟性の規定因子に関する研究 ―下腿三頭筋の筋・腱特性の生体計測によるアプローチ―
金子 久美 認知行動的ストレスマネジメントによる職場の人間関係ストレス低減およびワークモチベーション向上の試み
金子 潤 ストレッチングが疲労を伴う運動時のパフォーマンスに及ぼす影響
亀ヶ谷 海 将門信仰の変容過程
菊池 優太 打撃動作における正確性向上を目的とした直前訓練プログラムの効用
北爪 秀紀 ニュース報道の内容分析 ―第44回衆議院議員選挙を事例として―
小暮 恵 産後うつ状態と関連する心理社会的要因の縦断的検討
古志野 潤哉 鉄棒運動におけるけ上がりの身体の振幅の大きさと肩関節および股関節トルクの関係に関する研究
小林 寛 日常生活動作を利用した筋力向上プログラムの有用性
小林 裕央 野球の投球動作における上肢帯の機能と役割
小山 裕史 初動負荷トレーニングでのかわし動作における筋活動様式と肩甲骨キネマティクス
齋藤 寛子 現代ベトナムにおける貧困と開発政策 ~大都市のストリートチルドレンを対象として~
櫻井 敬晋 前十字靭帯再建術後における大腿四頭筋の回復過程の多角的観察
佐藤 千鶴子 月経痛に対する注意トレーニングの適用
佐野 友哉 ニート予備軍の抱える心理的要因とその関連要因についての検討―学校場面に注目して―
篠沢 薫 ベビーマッサージにおける親子間のかかわりの発達的研究
白神 敬介 乳児の歩行発達に関する生態心理学的研究
菅沼 静香 今、真に求められる学力とは ―学力低下論争を契機として―
曽田 宗吾 大学生男子サッカー選手のエネルギー消費量および摂取量
高井 洋平 日常生活動作を利用した筋力向上プログラムの有用性 ―筋電図法によるアプローチ―
高橋 史 児童における社会的問題解決が攻撃行動に及ぼす影響の検討
武智 勇人 0~2歳児における積み木崩し行動の発達
田辺 朋美 若者の宗教意識と精神的安定に関する調査研究
千賀 修一 無信号交差点における道路マーキングについての研究
寺内 清高 虚血性心疾患のリスクファクターとしての職業性ストレス
冨樫 陽子 高齢者の身体活動量増強を目的とした指導者用コンサルテーション・マニュアルの開発および効果検証
戸田 充 日本におけるバスケットボールのプロリーグ発足についての考察
富島 大樹 心配の抑制における逆説的効果
中植 弘満 ジャパンラグビートップリーグ観戦者の観戦動機に関する研究~観戦動機とアイデンティフィケーションの関係モデルの検討~
中瀬 惠美子 女性外来受診者の不定愁訴に対する集団自律訓練法の効果
中野 広祐 Peak bone mass 獲得に貢献する因子とその介入時期の検討
中野 雅子 日本人におけるシニシズムとストレス、脂質との関連
中村 真由美 温度感覚、温熱的快・不快感の部位差
永野 康治 片脚着地における膝関節運動の男女比較およびトレーニング効果について
新村 優 ローイングにおける高強度・間欠的トレーニングに関する研究
長谷川 晃 メタ認知的知覚と抑うつの再発予防との関連
長谷川 千紗 新入社員ストレッサーの継時的変化の検討
原田 卓 地球温暖化情報と日常行動 ―ドイツ・米国・タイ・日本の国際比較―
半田 麻衣 公共スポーツ施設の運営とサービス圏における社会・人口統計学的特性との関連―日本の体育館に関する研究―
平井 孝治 ブログ内容分析によるサポーターカルチャーズ研究 ―東京ヴェルディ1969を事例として―
福井 智子 むちゃ食い症状のサブタイプとその特徴 ―衝動性の観点から―
福田 誠 発揮筋力の視覚的フィードバックが最大筋力発揮と前頭前野ヘモダイナミクスに及ぼす影響
藤瀬 美貴子 活動継続プロセスの検討 ―動機づけの変化に注目して―
藤谷 真理 音楽が軽度抑うつ状態を呈する学生の心身に及ぼす影響―Iso-principleおよびlevel attack技法に基づく音楽を用いて―
藤本 恵理 高強度・短時間運動トレーニングによる骨格筋GLUT‐4の発現の機序に関する研究
細川 奈津子 高タンパク質間食が、若年成人女性の血漿アミノ酸濃度に及ぼす影響
堀 優子 森林再生プロジェクトにおけるNGOのアプローチ ―インドネシア及びタイの事例に基づいて―
馬 晟 中国武術の身体技法と精神文化に関する研究
眞榮里 耕太 小学校体育における社会性の育成に関する考察
正木 美奈 児童養護施設職員の共感性とストレス対処方略が精神的健康度に与える影響
益子 行弘 表情の変化と文脈が笑顔の認知に与える影響
右高 綾 L‐カルニチンの補助的摂取が運動中のラット骨格筋のグリコーゲン代謝に及ぼす効果
宮方 栄里 女子学生アスリートの身体発達と食行動の検討
三好 愛 周辺の配色が中心文章の読みやすさ及び画面の印象に与える影響
三好 健夫 成長期少年の選択反応時間と生物学的成熟度の関係
向 大輔 振幅確率密度関数を用いた筆記中の筋活動の評価
毛利 暁子 染髪行動から検討した他者認知と自己概念の関連 ―美術系・服飾系の大学との比較―
山口 祐子 育児教室に参加する母親の子育て支援事業に対する評価
山越 英嗣 GRAFFITI論 ―世界を瓦解させる装置―
山下 耕平 野球ピッチング動作におけるステップ幅の変化が投球動作に及ぼす影響
山下 麻理子 クラシックバレエを題材とした初心者の身体表現獲得過程
吉川 樹里映 ダンス種目においてのメリハリについての検討
吉川 文絵 関東畑作地域における生業複合と生活感覚
梁 桂実 下腿三頭筋腱複合体に対する短期疲労によるアキレス腱の長さ変化がEMDに与える影響
劉 泰佑 台湾における高齢者の世代間交流・移転と生きがい
渡邊 博之 ナラティヴアプローチによるフットサル選手の心理的成熟度調査
和田 節 In vivo effects of iron deficiency on white blood cells and white adipose tissue mass in rats

2004年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
村岡 昇 21世紀の中核を担う「企業社会」に生きるサラリーマン像の分析
金城 れい子 ベトナムにおける家族変容に関する考察
浅田 ます美 医療施設における空間デザインの心理的影響
豊田 幸子 遠隔学習におけるソーシャルプレゼンスの効果の検討
橋本 彩 ラオスの舟競漕 -アルシャンボーの分析を通して-
目黒 優香 多周波数BIA法およびDXA法による身体組成評価の妥当性の検討
横 麻衣子 帰国子女における国籍の心理的な側面から見たアイデンティティの生成過程
安達 和重 バスケットボールにおける選手育成システムの発展に向けた一考察-システム評価の観点から-
粟野 成 地方企業の人的ネットワークに関する研究 -ソーシャル・キャピタル論の立場から-
飯田 桂 アイヌ民族の散文説話にみる他界間交流
池原 賢代 中国都市部高齢者における肥満度と血清脂質の関連
伊東 暁子 食事を介した親子間の相互作用 幼児・青年は家庭の食事から何を摂取しているか
井上 恒 3次元位置6自由度測定装置を用いた肩甲骨の動的測定
井上 朋子 社会不安の認知的バイアス -オンライン・オフラインの観点から捉えた社会不安-
植田 健太 ひきこもり状態にある人に対する親を通じての外出行動形成方法の検討
宇佐美 由布子 アスリートと非アスリートの単純運動による脳賦活の差異について:fMRI研究
臼杵 美紀 総合的学習のカリキュラム評価 館山市立北条小学校(卒業式第二部)の分析
荏原 芳史 バーチャルミュージアムの構築
大川 未青 ソーシャル・サポートが初妊婦の妊娠受容の変化に及ぼす影響
片桐 直 Migration Assayを用いた筋前駆細胞の移動に関する研究
勝村 貴行 心電図からみた早朝覚醒前後における心拍変動の意義
神谷 義人 成人における身体活動・運動実践の決定因研究 ―沖縄県内の地域差に注目して―
岸 信介 押し込み硬さ特性による座り心地の評価手法の研究
慶 淑顕 日本ソフトウェア産業で働く韓国人IT技術者
霧生 尚央 中学生サッカー選手の競技中における言語的コミュニケーションについて
国沢 裕美 モルモット胃幽門部におけるカハールの介在細胞(ICC)の分布と微細構造
久保田 潤 等尺性運動時における半腱様筋の筋活動動態
坂本 圭佑 野球の打撃動作におけるinteractionトルクの有効性
佐藤 由紀子 漸進的筋弛緩法と音楽の併用による生理・心理的ストレス軽減効果の検討
塩山 義之 吸収源CDMに関連する植栽林成長情報のデータベース構築
渋沢 謙太郎 The circadian clock gene, Clock, is involved in immune functions of mice.
島 賢志 母性行動の発達におけるセロトニン神経の役割
清水 都 月経が身体機能及びトレーニングに及ぼす影響と女性選手のコーチングについて
白土 健 Effects of hypokinesia/hypodynamia and β2-agonist on white blood cell levels in rats
杉崎 範英 動的筋力発揮中の腱組織における弾性エネルギーの利用
杉本 英晴 大学生の職業的キャリア未決定および進路選択行動とその関連要因についての検討
杉山 恵一 特性怒りおよび怒り喚起状態における認知的特徴と攻撃行動の関連
杉山 匡 感情語と表情の分類による感情次元の探索的検討-快感情と不快感情の独立モデル-
鈴木 優子 Effects of food-deprivation on liver cytosolic alcohol dehydrogenase activities in three life stages of rats
蘇 維佳 Environmental Forest Rehabilitation in Urban China―A Challenge in Guangdong Province
曽我 部真樹 メインタスクの課題特性による作業負荷特性の実験的検討
詫間 香織 母親の養育態度差に対する子の態度変容のプロセス:グラウンデッド・セオリー・アプローチの適用
武田 宗博 ニオイのストレス低減効果とそのメカニズムに関する研究
谷端 淳 Changes of DNA,RNA and protein levels in the hypertrophied and atrophied skeletal muscles
千葉 亮 ヒトの指先の硬さ識別における心理的特性に関する研究
張 粤 赤のイメージに対する研究――中国における地域間比較及び日中比較
鄭 美羅 韓国都市定期市の存在理由に関する考察
土田 英美 マウス筋組織における微小循環系の研究トゥルヒーン ミハエル ロシアにおける人口センサスの歴史と現代人口の動向
東儀 奈生 抑うつ寛解期における認知的特性 ~メタ認知的モニタリング測定ツールの作成を通して~
富澤 麻美 青年期における親の期待とその負担感に関する研究 ―大学生と専門学校生を対象に―
富田 美穂 成人型アトピー性皮膚炎患者の怒り表出と掻破行動および親の養育態度との関連
鳥居 武史 車載情報機器の高機能化に伴う操作の巧緻性の研究 -左手と右手の操作性比較-
トンプソン 雅子 シニアのQOL向上を目的とした運動プログラム開発の試み
中 奥文 過食傾向と強迫性に関する研究 ―過食症の認知モデルを用いた検討―
成田 知代 スポーツ様式の違いが閉経後中高年女性の上・下肢及び体幹の身体組成に及ぼす影響
西村 崇広 オーストラリアへ移住した現代の日本人 ―移住は家族の戦略か―
東野 夕里子 Changes of plasma ketone body levels and lipolytic reactions during fasting in infant, adult and aged rats.
福田 敬子 中高年を対象とした筋力増強教室の精神的健康増進効果に関する研究
藤井 靖 過敏性腸症候群における発症因子の心身医学的検討
古一 眞未 個別印刷教材とビデオ教材を用いた通信ウォーキングプログラムの開発とその評価
保原 浩明 弾性エネルギーの入出力関係に基づく伸張-短縮サイクル
松﨑* 敏朗 「福島県南部における近世墓標の変遷」(*崎の旧字体)
三浦 久美子 ‘身につける色’と‘周辺の色’の嗜好比較及び相関の検討
溝口 立太 中国高齢者の自立生活と健康・医療行動との関連
三原 学 「日本オリジナル・バスケットボール論」における考察
村越 理朗 磁気センサー装置を用いた動作解析手法の検証 ~ラグビーのキック動作~
村田 浩一郎 上腕三頭筋腱複合体の形態的・機能的特性と上肢反動動作パフォーマンスの関係
本橋 紀夫 Muscle atrophy-induced changes of cathepsin and dipeptide levels in rats
矢澤 美香子 完全主義的認知とダイエット行動および摂食障害傾向との関連
山神 智子 心配の受容がもたらす効果 ―自己教示訓練を用いて―
山口 薫子 近世庚申塔造立の様相 ~石造物研究における基礎資料論~
山口 朋子 怒りの認知・行動的対処スタイルと児童の精神的健康の関連-友人間の怒り喚起場面に焦点を当てて-
山崎 幸子 高齢者の主観的幸福感に及ぼす社会関係の影響
山崎 恵 交通事故被害者の精神的健康度に影響を及ぼす関連要因の検討
山本 紘平 スポーツ活動が骨量および骨量分布に与える影響
余 筱嘉 車戴情報デバイスの評価モデルの構築について
横尾 俊成 在日ムスリムの適応と「ポスト国民国家」時代における日本
吉田 裕美 ハワイ島ヒロ市の日本人移民町 -日系二世・三世のオーラル・ヒストリーから-
若杉 秀俊 中学生年代のサッカーチームが抱える課題 -日本サッカー協会の取り組みについての考察-
若原 卓 腓腹筋内側頭の形状および機能に及ぼす関節角度の影響

2003年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
横山 成俊 ニワトリ初期胚体節筋原細胞の発生と分化におけるHGF/SFの役割
板原 裕一 筋衛星細胞の発生と分化におけるTGF-βの役割
岸武 美樹 雌ラットロードーシス制御における5-HT1A受容体の役割
杉山 貴洋 転写調節におけるFruタンパク質の機能解析
渡邊 礼 fru遺伝子と相互作用する諸因子とそれらの機能の場となる細胞群の同定
井野 千夏 イメージ喚起性と情動との関係 -人骨のイメージ-
菅野 喜明 アジアの家船民における移動、定住についての考察
佐伯 恭子 高齢者の「居場所」と医療専門職の役割 ~バイオエシックスの視座から
信太 直己 高齢者のライフスタイルが生活関連諸機能に及ぼす影響
川上 祐美 山谷の在宅ホスピスにおける関係性の中のSpiritual growth
木南 全弘 現代仏教における葬儀と悲嘆のケアに関するバイオエシックス的考察
清塚 理江 高齢患者の治療の選択・決定 -家族との関係性に着目したBioethics的考察
熊谷 桂子 環境運動が形成する公共圏についての一考察 ~長野オリンピックを事例として~
黒岩 由佳 近世家財道具の変遷と普及
小松 岳史 加齢とライフスタイルが生体内微量元素及びミネラルに及ぼす影響
近 紀子 「大人になること」とは何か ―フリーターの語りから―
佐藤 紘子 江戸の胞衣納め -考古・民俗学的研究-
角田 ますみ 高齢者の自己決定からみた介護保険サービス
斗南 仁子 地域在住高齢者の保健・医療行動とライフスタイルの関連
藤本 華恵 フローサイトメトリー法を応用した好中球機能の分析法の確立
松波 千佳 ウェブサイト利用による小学校高学年向け環境教育教材の制作
三好 菜々 日本とエイズ バイオエシックスの視座から
渡辺 有子 国際協力NGOによるエンパワーメント
石 奈美子 生活環境音に関する情動評価の要因の検討
石川 理恵 育児ストレスのプロセスおよび双生児育児と単一児育児の比較研究
小室 啓子 身体活動増強を目指した通信教育プログラムの効果
嶌峰 由美子 没入体験の性質とその影響に関する考察 ~フロー理論を中心にして
鷹取 真衣 貸与物の返却催促と借用物に対する返却義務感をめぐる一心理学的考察
中村 秀逸 推奨運動量の達成に及ぼす主観的環境要因の影響
原嶋 裕実 セルフエスティーム向上に及ぼすライフセービングプログラムの介入効果の検討
広瀬 美和 子どもの調整仲直り行動の発達的研究:保育園における自然観察的研究
水谷 恵理子 子どものスポーツクラブ参加行動におけるTTMの適用
村上 八千世 子どものトイレ使用における羞恥心と不潔感の発達
村中 亜弥 肢体不自由児における運動参加を妨げるバリアに関する研究
渡辺 淳宣 事象関連電位による予期と情動反応の研究
石橋 正興 健常者の自己刺激行動に関する研究
井上 敦子 中学生における不安障害症状と学校不適応に関する検討
楮原 恵理子 動物介在による生理的・心理的ストレス緩衝効果
勝倉 りえこ 坐禅が抑うつおよびメタ認知的知覚に及ぼす効果の検討
加藤 木綿子 アレキシサイミア傾向者のストレスコーピングと精神的健康
川瀬 英理 患者―看護師間のコミュニケーション方法 ~がん患者の怒りに焦点をあてて~
今里 栄枝 インフォームド・コンセントに対するがん患者及び家族の満足度と不安・抑うつ傾向
斉藤 佐喜子 オプティミズム・ペシミズムの認知的バランスと心身的健康 -役割固定法の効果の検討-
笹川 智子 社会不安障害の発症に至る経路のモデル化
柴田 育穂 呼吸法の訓練による心身のリラクゼーション効果
下津 咲絵 セルフスティグマがうつ病性障害患者の通院行動継続に及ぼす影響
菅谷 渚 過敏性腸症侯群を合併したパニック障害患者の臨床的特徴
滝沢 瑞枝 多動・衝動性および不注意傾向を示す児童の抑うつ・不安に関する検討
中井 あづみ 怒りの反芻が怒りの持続と強度に及ぼす影響
増谷 さやか 大学生の愛着関係が内的作業モデルを介して対人恐怖心性に与える影響
松尾 雅 大うつ病を合併したパニック障害患者の心理的特徴と合併に影響を与える要因の検討
宗澤 岳史 入眠困難に及ぼす安全行動の影響
山蔦 圭輔 身体像不満足感と食行動との関連性 -自己意識の観点から-
渡部 紘子 書記的方法による情動体験の再生が及ぼす影響 -語彙分析の観点から-
西村 慶太郎 コンピュータを用いた授業における相互行為に関する研究
村瀬 勝信 遠隔カウンセリングに関する基礎的研究 -多面的カウンセリング評価による検討-
安達 芝幸 B2-agonist induced changes of plasma energy substrate,insulin and cyclic AMP levels,and extracellular fluid volume in rats
海老根 祐一 長時間座位における下肢の膨張率測定と応用
大和 洋介 表示と操作の適合性を考慮した操作形態の提案
岡本 満喜子 事例分析における対象事実の真実性判断に関する実証的研究
黒田 知紗 オンデマンド型web教材を付加した対面授業の開発と評価 -大学における新しい授業モデルの試行-
島崎 敢 リスク知覚を中心とした運転者特性の検討
申 佳英 ポータルサイトにおける色彩デザインの日韓比較
塚田 裕恵 ノートテイキングが授業の理解に及ぼす影響
辻 高明 遠隔協同学習における学習様相の解明 ~活動理論に依拠することによって~
土井 幸輝 紫外線硬化樹脂インク点字の識別しやすさに関する研究
藤森 健 初動負荷動作のパワー発揮特性とその神経筋制御
許 貞任 道路標識の色彩認知に関する研究
三品 誠 機器を利用した運転者教育における映像の提示効果に関する研究
宮 賢一郎 XHTML/HTMLエディタにおける文書構造の色分け方法について
路 玲 人工内耳による声の高さの弁別能力の検査と訓練のためのCAIシステム
小林 吉之注 視覚障害者誘導用ブロックが歩行に与える負担の原因とその応用に関する研究
辻 千夏 中学校における一年間の体育実践を通した体育教育についての考察
大塚 聡 「シニア向けフィットネスプログラム」事業立ち上げから拡大までの戦略
石川 真理 継続的な中等度運動が血液学的および免疫学的指標に及ぼす影響
板倉 正弥 運動習慣獲得に及ぼす物理的・社会的環境認知の影響
樫村 和也 下腿の冷却が長時間間欠的運動のパフォーマンスに及ぼす影響
川瀬 基紀 テニスのゲーム分析 ~プレーの特徴と戦略性の検討~
川本 伸一 生体電気インピーダンス法を用いた下腿筋形状変化の推定
坂上 知啓 高校野球におけるスポーツ損傷予防と指導者の役割に関する調査研究
添谷 大輔 情報処理アプローチからみた「ゲームフリーズ」についての検討
園生 智広 骨格筋および肝臓のグリコーゲン超回復に影響を及ぼす諸因子の検証
高橋 玲子 「テニスのフォアハンドストロークにおける体幹の動きと体幹筋力の関連性」
田村 充 日本における地域スポーツクラブの検討 ~Jリーグ・アカデミーを題材として~
時澤 健 循環系応答に及ぼす筋機械受容器と筋代謝受容器からの入力の相互作用
中井 真吾 成長過程における腰椎-骨盤-大腿角度の変化
宮崎 純 高齢者の筋量と有酸素能力に及ぼすローイング運動の効果
村上 良子 講道館女子柔道にみる女性観
安岡 信幸 東京都サッカー協会の選手育成と指導者養成の事業に関する研究
龍雅 仁 職域におけるプリントメディアを用いたウォーキングプログラムの開発とその効果の検証

2002年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
松田 俊介 展生のパラダイム――ネット・シチズンの文化生態学
田中 優喜 暗示を施す前に暗示された内容を練習することが、後の暗示行動に及ぼす影響
安齋 泰子 PLCβ4の網膜と嗅球における局在
飯嶋 和紀 「転換期における生協事業体運営論」
飯島 通彦 マウスにおける視交叉上核非依存性リズム発振機構と時計遺伝子発現の関係
叶 雄 ライフスタイルが免疫機能に及ぼす影響
池田 愛美 マウス消化管ICCの免疫組織化学的研究
石川 基 生きがい施策の構造と機能
伊藤 博彰 大都市における高齢移動者とその居住形態の関連に関する研究――東京都の場合
今村 由幾 治験広告の倫理的規制――バイオエシックスの視座からの考察と提言
岩井 麻衣子 児童虐待発生予防としての親教育に関する一考察
有働 立太 中枢ドーパミン神経に対する時計機構の関与
大道 公秀 渡良瀬川・利根川・江戸川流域での河川水及び水道水の水質に関する追跡研究
桂川 純子 バイオエシックスの視座から見た看護教育の課題と展望
貴志 義孝 中高齢者の社会的健康とスポーツとの関連性
菰原 慶 国際化戦略を通しての都市のグローバリゼーション――北九州市の事例研究
笹原 圭 選択的5-HT1A 受容体アゴニストによる光同調促進の分子機構解明
趙 シュン 加齢に伴う生体防御機能に及ぼす運動の影響
濱田 典子 ショウジョウバエBtk(Bruton’s Tyrosine Kinase)ホモログの機能解析
馬場 さくら 心理的ストレス負荷ラットの加齢による生体防御機能への影響
平塚 基志 熱帯地域の荒廃地緑化による炭素固定量の増加と地域社会での利用
箕岡 真子 情報公開と情報操作――健康被害事例におけるバイオエシックスの視点よりの考察
湯浅 全世 概日リズム及び制限給餌性リズム形成における神経ペプチドオレキシンの関与
行正 詩麻 加齢に伴う生体防御機能の変化とそれに及ぼす摂餌制限の影響
吉岡 弘樹 新規サルコグリカン分子に関する組織学的、生化学的解析
青山 有希 不登校児への支援に関する比較研究
葦原 摩耶子 若年女子のダイエット行動とその関連要因
足立 由希 走行時の方向転換動作におけるブレーキ局面に関する3次元動作解析
石井 登帆子 子どもにおける身体活動増強の方略――行動選択理論を用いて
石川 信一 不安障害傾向を示す児童の認知・行動的特徴についての検討
石田 有希 成人型アトピー性皮膚炎患者に対する心理的介入の効果の検討
太田 めぐみ Bioelectrical Impedance法を用いた上腕部における腱コンプライアンス測定法の確立
大田 貴子 身体の筋緊張感覚がイメージに与える影響
大塚 聡 「シニア向けフィットネスプログラム」事業立ち上げから拡大までの戦略
大橋 徹也 中高年者における表情筋トレーニング(フェイスニング)効果の検証
小川 紀子 シャイネス低減に及ぼすアサーション・トレーニング効果の実験的検討
尾崎 師子丸 授業の「間」とは何か――アクションリサーチによる研究
加藤 信子 テニスサーブ時の体幹の捻りがラケットヘッド速度に及ぼす影響
金井 嘉宏 社会恐怖と対人恐怖症の認知バイアス
川上 祐佳里 社会不安障害患者のスピーチ課題に対するコルチゾール反応について
菊池 広人 「総合型地域スポーツクラブが地域に与えた影響」
金 祉希 筋伸張刺激に対する応答特性から見た筋紡錘の加齢変化
久賀 佐和子 医療におけるQOL評価・研究の位置づけと有用性についての考察
日下 由美子 組織コミットメント・職務関与・キャリアコミットメントと転職原因との関連性
小林 如乃 緊張型頭痛における痛みのセルフコントロールの検討
小松田 真由子 イメージにおける動物との関わりが与える影響
酒井 俊作 スポーツメディアの社会意識に対する影響力
佐藤 さやか 精神分裂病患者の服薬コンプライアンスに関連する要因の検討
三宮 圭司 事象関連電位による心理的不応期の研究
杉本 圭造 危険予知に対する映像提示の効果
高橋 明子 建設作業現場におけるコミュニケーション・エラーに関する背後要因の検討
竹上 栄三郎 遠隔講義映像最適化に関する人間科学的検討
武田 典子 ウオーキング習慣の定着を目的とした行動科学的プログラムに関する研究
館 俊樹 肩関節外旋運動が三角筋、棘下筋の疲労・回復・張力バランスに与える影響
田留 晋吉 ラグビーにおける集団戦闘行動の戦術とチーム強化の戦略性
中園 隼人 自律訓練法と呼吸 ―標準練習の導入段階において呼吸要因が及ぼす効果の検討―
中村(西川) 晶子 タッチケアにおける行動の構造および母親の対児感情への影響
中本 洋平 長時間ペダリング運動時における筋活動の変化
西村 慶太郎 インターネットを利用した授業における児童の知識に関する研究
馬場 裕子 援助行動に及ぼす援助者の時間的余裕・共感性と被援助者の統制感との関係
番場 俊光 「現代サッカーにおけるダイレクト・プレーの重要性についての一研究」
東野 智弥 コーチング哲学が選手のメンタリティー及びパフォーマンスにおよぼす影響
平田 麗 中・高齢者を対象としたストレスに関する精神神経免疫学的研究
船場 美佐子 不眠症に対する音楽療法の効果の検討
堀越 さやか 就職活動におけるアイデンティティ探索のプロセスの検討
前田 敦子 血中phの変動と水泳運動が、骨量及び骨代謝調節因子に及ぼす影響
宮奈 剛 オンデマンド型 Web-Learningを組み込んだ講義型授業の実践と評価
村瀬 勝信 非来談傾向の規定因および感性スペクトル解析による遠隔カウンセリングの研究
望月 芳子 タイミングと随伴性陰性変動(CNV)
森浦 夏恵 身体接触と自己受容・他者受容の関係に関する研究
山崎 健太郎 感度調整可能なマウスに関する研究
山本 崇人 高タンパク質食および持久的トレーニングが骨格筋の酵素活性に及ぼす影響
吉田 諭江 対処スタイルとしての開示の効果の検討 ――対処方略変容の精神的健康への影響
鈴木 伸行 Positive思考の影響を生理学・心理学・行動から考察する。
中村 和雄 「羊の島」の文化伝統と地域意識 ――Fφroysk dansurの身体技法とその語り方
奥村 早苗 大学生における携帯電話利用行動とパーソナリティーとの関連

2001年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
藍田 礼子 体内時計の光同調におけるGRP(ガストリン放出ペプチド)の関与 The role of GRP(Gastrin-releasing peptide) in photic entrainment of circadian clock
池亀 志帆 バドミントンでの打動作が下腿三頭筋・アキレス腱へ及ぼす影響 The effects of shot performance on the triceps surae msucle and the Archilles tendon in badminton
井上 仁 CDMと関連してのモンスーンアジアにおける人工林の二酸化炭素固定量評価 Carbon Accumulation of Man-made Forests in Monsoon Asia in Relation to the CDM
太田 陽一郎 江戸の木炭利用 ―暖房・調理用具との関係― Charcoal Utilization in Edo Relation to the heating and cooking implements.
大西 絵理香 交通事故で子どもを亡くした両親に対するグリーフ・ケアを取り入れた公共政策 The public policy applied the grief care for parents who lost their children by traffic accidents
大野 最英良 トレッドミル上における歩行動作中の足関節の力学的分析 The Biomechanical Analysis of Treadmill Walking
柿沼 豊 視覚情報による身体運動の反応時間について Visual reaction time in human movements
加藤 陽子 青年期における実存的意識に関する一研究 A study of existential consciousness in adolescence
上地 さり ドミナントネガティブAMPA型グルタミン酸受容体遺伝子導入マウスの作製 Establishment of transgenic mice with dominant-negative AMPA-type glutamate receptor genes
岸尾 正博 点変異導入メラトニン1a受容体におけるGタンパク共役型シグナル伝達の解析 Analysis of G Protein Coupled Signaling with Point Mutated Melatonin Receptor
酒井 亮 骨粗鬆症予防目的の運動が骨代謝マーカー及び超音波骨評価値に及ぼす効果 The Effect of Low Frequency and Medium Intensity Exercise on Bone Metabolism and Bone Stiffness in Women
笹渕 拓郎 運動・スポーツ行動の定着における総合型地域スポーツクラブの役割 The effect of a community sports club on the participation in sport and exercise
佐藤 理恵 ラットにおける加齢とライフスタイルが生体内ミネラルと微量元素に及ぼす影響 Effect of Age and Lifestyle on Tissue Trace Elements and Mineral Levels in Male Fisher Rats
嶋 誠悟 ショウジョウバエfruitless(fru)遺伝子の機能発現に関わる遺伝子群の同定 Screeing for genes that interact with the fruitless(fru) gene in Drosophila
須藤 元喜 恒常明照明下におけるマウスの体内時計の分子機構解明 Continuous Light Exposure Leads to Disappearance of Circadian Expression of Clock Cenes in the Mouse Suprachiasmatic Nucleus.
竹林 正就 災害救急医療に関するバイオエシックス的考察 ~トリアージにおけるアドボカシーを中心として~ A Study of Bioethical Aspects in Disaster Medicine -with special reference to the Notion of Adovocacy for the Practice of Triage
田中 英里佳 臓器移植レシピエントの社会的支援に関するバイオエシックス的研究 A study of Bioethical Aspects in social support for transplant recipient
中 智子 ドーピング問題のバイオエシックス的考察 Bioethical approach to the issue of doping in sports
中川 央 トレーニングによるミトコンドリア増加機序におけるカルシウム依存性酵素の役割 Is calcineurin, Ca2+dependent phosphatase, involved in exercise training-induced mitochondrial biogenesis in skeletal muscle?
永井 彩 現代玩具と子ども世界 ―昭和期の東京とその周辺の子ども文化― Modern Toys in Children’s World With special reference of Children’s culture In Tokyo and surrounding in Showa era
林 成志 長円状の自転車ぺダリング運動における下肢筋活動とバイオメカニクス EMG Activity and Biomechanics of Human Cycling Movements at New Pedaling System Bicycle
原 洋子 パーキンソン病関連分子UCH-L1ならびにα-synucleinの機能解析に関する基礎的研究 Study of molecular and cellular functions of familial Parkinsonism-associated molecules, UCH-L1 and Alpha-synuclein
水野 正樹 高強度運動後における大腿部局所筋酸素摂取量および局所筋血流量 Spatial relationship between regional muscle oxygen consumption and regional muscle blood flow at recovery from high-intensity exercise
三井 烈 ラット胃幽門部のカハールの介在細胞に関する微細形態学的研究 Ultrastructural study of the interstitial cells of Cajal at the rat gastric antrum
南 陽一 マウス体内時計同調機構における下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ペプチドの役割 Role of PACAP on Entrainment of Mice Circadian Rhythm
村山 知子 中途障害者の社会復帰に関するバイオエシックス的考察 ―現状と未来展望― A Study of Bioethical Aspect in Social Inclusion of Midstream Disabled Persons : The present and the future
岡 秋見 宮廷礼拝堂のコスモロジー ―帝都ウィーンの精神と音楽― The cosmology of the Hofmusikkapella-The spirit and music of Vienna-
松平 俊久 綺想のカリカチュア ―西欧異形の表象分析― Caricature of Phantasy : Analysis of Western Monsters’ Representation
北山 誠太 万歩計を用いた高齢者の運動評価
青山 幸司 混色課題における認知的処理過程と臨床心理学的アセスメントへの展望 The cognitive Processing of Color Mixture Task and Review for Psychological Assessment
浅原 太陽 高覚醒水準での二重課題のパフォーマンスに及ぼす教示効果について The Effect of attention allocation instruction on dual-task performance under high arousal revel.
井澤 修平 怒り表出・抑圧とストレスコーピング・健康行動・精神生理学的反応性の関連について The relationships among expressing and repressing anger, stress coping, health behaviors, and psychophysiological reactivity
一階 千絵 江戸時代の見世物女相撲に関する研究 A study on women Sumo show in the Edo period
今村 早苗 ウフィッツィ美術館におけるデジタルアーカイブ化の試み Digital Archive through Direct Digital Imaging of Uffizi Collection
岩田 無為 動作と情動の関係性に関する研究(ボディワークの基礎的研究) A study of the relationship between movements and emotions: The basic study of bodywork
江川 陽介 短距離,長距離,水泳競技選手の筋腱複合体の弾性の比較 Comparison of the elasticity of muscle-tendon-complex between sprinters, long-distance runners and swimmers.
大久保 智生 個人―環境の適合からみた適応感に関する研究 ―居場所の視点から― Subjective feelings of adjustment from the person-environment matching perspective:From the view point of “ibasho”
大西 正紘 航空機パイロットの離陸時の意思決定に関わるワークロードの検討 A Study of Mental Workload concerning Go/NoGo Decisions of Pilots duing Take-off Roll
大沼 泰枝 学級における受容感が児童の自己効力感に与える影響 Influence of perceived acceptance in the classroom on children’s perceived self-efficacy
形岡 美穂子 感性スペクトラム解析法(ESAM)によるeffort-distress次元の検討 Investigation of Effort-Distress Dimensions by Using Emotion Spectrum Analysis Method(ESAM)
金築 優 心配に関する認知的変数の検討 ―信念と思考の評価の関連― Congnitive factors of worry ; Relationship between beliefs and thought appraisal
鴨田 真理沙 読みやすい点字の形状に関する研究 Constructional effects on the braille in terms of reading difficulty
岸 俊行 進路選択行動からみる総合選択制高校の評価 Estimation for Comprehensive UpperSecondary School thinking about their future life and vocation
江 明玲 運動行動変容のステージによる健康関連QOLの評価 Stage of regular exercise and health-related quality of life
幸喜 健 ストンガスペレン ―スウェーデンゴトランド島の民族スポーツ大会とアイデンティティに関する一考察― Stangaspelen A study of identity about the Stanga games in Gotland.
篠田 直 子どものセルフエスティーム増強に及ぼすスポーツ教室参加の影響 The influence of participation in sports club on increasing self-esteem for children.
島村 香弥 色彩語の文章イメージへの影響 Effects of expression with color-word on image of sentences
清水 京子 子育て経験による自分の母親に対する認識の再構築と我が子への愛情との関連 Reconstruction of the relationship with mother
清水 武 ダイナミックタッチの発達的研究 Developmental Study of Dynamic Touch
清水 七重 性的魅力に関する一考察 ―身体魅力における生理的要因の検討から― A Study of on sexual attractiveness-Physiological factor on physical attractiveness-
杉浦 あゆみ 介護者負担感のコーピングに関する検討 A Study of Coping with Burdens of Family Caregivers
鈴木 貴子 老人保健施設におけるうつの発生要因の検討ならびに介入に関する一考察 Examination of factors causing depression and its treatment in geriatric health services facilities
陶山 大輔 対人間における共感性と視線に関する研究 The relation between sympathy and eye movement in the interpersonal communication
竹下 潤 コックピットデザインにおける人間工学的検討 An Ergonomic Study for the Cockpit Design
竹並 恵里 高脂肪食と紅茶の摂取が血管内皮機能に及ぼす影響 Effects of black tea on the transient impairment of endothelial function following a single high-fat meal
田中 良平 高度情報化オフィスにおける評価法の研究 The Study of an Evaluation Method in Advanced Information Office
田村 克己 足関節の3次元的な筋力の特性と解剖構造からの靱帯損傷の予測 Prediction of ligament injury from the characteristics of three-dimentional muscle strength and the anatomical structure of the ankle joint
手塚 洋介 認知的対処の問題解決困難事態への効果に関する一考察 A Discussion on Effects of Congnitive Coping on the Difficult Situation of Problem Solving
内藤 健二 股関節筋機能が変形性膝関節症患者の歩行に及ぼす影響 The influence of muscle function of the hip joint on gait characteristics of the subjects with gonarthritis
西垣 美帆子 自然環境における緑に対する意識調査 Research for Greenery of Nature
綾 千晶 運動継続に及ぼす心理学的要因 ―ローカス・オブ・コントロールによる影響―Psychological correlates of exercise adherence -the influence of Locus of Control-
橋本 鮎子 インタラクティブなVR技術の応用と人間工学的検討 Designing a virtual reality system and it’s evaluation from a viewpoint of ergonomics
藤巻 吾朗 体圧分布の評価方法に関する研究 Evaluation Method of Body Pressure Distribution
牧 郁子 中学生における無気力感のメカニズムの検討 Examination of the mechanism of helplessness in junior high school students.
松永 美希 抑うつ気分・状態への反応スタイルが抑うつの維持・回復に与える影響 Effects of response styles to depresive mood and symptoms on maintenance and recovery of depression
宮崎 房子 幼児の対人行動に関する一考察 ―発達的視点からみた対人的相互作用のズレ― A study of preschool children’s inter personal behavior The interpersonal interaction gap from a developmental viewpoint
村中 泰子 不安感受性尺度(ASI)日本語版作成の試み Attempt to develop a Japanese version of the Anxiety Sensitivity Index(ASI)
茂木 寿美子 子どもの身体接触と自立的要素の関連性 The relevance between touch and the elements of independence in children.
諸見 秀太 イメージ場面への主体的関与の効果 ―イメージと想像の比較をとおして― Effects of Subjective Participate in Imagery : By Comparison Imagery with Imaginatiion
山田 クリス 孝介 運動時の心理的ストレス負荷条件下における血行力学的反応性の検討 Cardiovascular Reacrtivity to Psychological Stress during Exercise
山田 雅子 顔の性別判断方略における色彩関与の検討 ―性別準拠枠としての膚色カテゴリ― A cognitive analysis of colour-effects on judgement of gender from faces; Categories of skin-colour as a gender-frame of reference
山本 裕子 教員から見た後期中等教育における新学校モデルの評価研究 An Evaluation of “New Model of Japanese High School”from teachers’ point of view
横江 敏 同音異義語と同口形異義語による日本語の読唇の情報の減少についての統計資料Satistical data on decrease in Japanese lipreading information due to the homophonous and homophenous words
横山 知加 外傷反応の緩衝要因に関するプロスペクティブ研究 ―コーピングおよびソーシャルサポートについて― A Prospective Study on Relievable Factors of Trauma Responses―Coping and Social Support―
萬屋 優子 テンポと音の高さの違いが催眠暗示反応に与える影響についてThe Effects of Auditory Temporal and Pitch Patterns on Responses to Hypnotic Suggestions
渡辺 真実 ウォーキング教室終了後の運動参加に影響を及ぼす要因 Factors associated with the exercise participation after a walking program

2000年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
堤 隆夫 日本の医療保険制度とエイジズム
北村 毅 買春論
山田 順子 医療廃棄物問題に関するバイオエシックス的考察
小倉 祥史 音楽聴取が情動および自律神経系に及ぼす効果
川﨑* 夏子 不登校児の支援者に関する人間科学的研究(*崎の旧字体)
川瀬 里美 小腸深部筋神経叢 ICC-DMPの刺激伝達機能に関する細胞組織化学的研究
倉持 梨恵子 チアリーディング競技における腰痛のバイオメカニクス的考察
栗山 恒二 時計遺伝子産物PER2 のリン酸化機構
黒田 直子 偏側性準備電位を用いた閾下知覚の研究
佐々木 隆次 監察医制度に関するバイオエシックス的考察
清水 利博 危険判断の脳内処理過程の分析
荘島 宏二郎 項目反応理論におけるCronbachのα係数の推定 An estimation of Cronbach’s coefficient alpha in the context of Item Response Theory
驂 雅薇 地域高齢者のQOLとその関連要因の検討
田中 晃亮 週1回のレジスタンストレーニングが高齢者の筋力および日常生活動作に及ぼす影響
原 礼子 脳と肝臓の相互作用に着目した体内時計機構の研究
藤岡 洋成 腫瘍細胞接種ラットの生体防御機能に及ぼす栄養補助食品の影響
増本 伸弘 サッカー競技におけるボールコントロールのバイオメカニクス的考察
松岡 明子 遺伝子組み換え食品についてのバイオエシックスの視座からの考察
百合野 秀朗 ラット母性行動における中脳縫線核の役割
横田 伸一 げっ歯類体内時計の光同調入力機構におけるCaMキナーゼIIの役割の解明
温 恵子 肝臓に発現する時計遺伝子の制御機構に関する研究
高橋 陽子 シリア・アラブ共和国における人口抑制政策と開発政策に関する一考察
浅輪 一郎 リピーティングとシャドーイングの意味処理に関する実証的研究
岩﨑* 志保 感情表出と適応感の関連性の検討 ―書記的方法による情動経験の再生が気分に及ぼす影響―(*崎の旧字体)
岩間 和かな 自動車運転場面における車間距離・速度が副次課題注視時間及び注意切り替えに与える影響
魚崎 祐子 下線ひき行為は文章理解を促進するか
薄井 澄誉子 運動に伴う筋損傷および急性炎症反応に対するアイシングの効果
大杉 淳 車載HMIにおける音声コミュニケーションの人間工学的研究
大野 彰久 陸上長距離選手の運動負荷試験における生理学的応答と競技力との関係
梶 由紀子 公認指導者養成事業に関する探索的研究 ~日本サッカー協会指導者養成事業を事例として~
片山 弥生 ボランティア活動によって『援助者が得る成果』の研究
金岩 良和 免許取得後経過年数による運転行動の変化に関する研究
川村 和正 社会不安と自己意識に関連する臨床心理的変数の検討
川村 有美子 死別体験が高齢者の精神的健康に及ぼす影響の研究
黒澤 雄介 不安の喚起がソーシャルサポートの満足度に及ぼす影響
小住 綾 特性不安が感情喚起場面における自動的認知と統制的認知に及ぼす影響―緊張・不安版自動的-統制的認知尺度の作成と発話内容の分類―
小山 徹平 強迫性障害における認知的側面の検討
西條 剛央 母子間の「横抱き」から「縦抱き」への移行に関する研究 -ダイナミックシステムズアプローチによるコントロールパラメータの特定-
境 泉洋 暴力行動の認知的制御過程
境田 千織 乳酸の利用度が運動中の乳酸の代謝およびMCT発現に及ぼす影響
塩崎 知子 イメージとからだの動きの関係について
芝原 祥三 ボディーワークと身体感覚の気づきに関する研究
渋谷 三紀 認知の柔軟性に関する一考察 ―ストレスとの関連から―
下野 敏広 高齢者の歩行動作の特徴の解析
菅村 玄二 姿勢と情動および自律神経系活動の関連性
曾根 渉 色彩感情に対する光源の影響
高田 佑輔 光刺激による跳躍動作の反応時間と筋放電パターンの比較
武永 直哉 運動時の呼吸パターン再生が当該運動イメージに及ぼす影響
竹本 朋代 更年期女性における健康関連QOLおよび不定愁訴に及ぼす月経状態と運動習慣の影響
田島 良輝 スポーツ価値意識と生活満足度との関連性について ~スポーツをする場による比較~
立野 華世 広島県佐伯郡宮島町厳島神社「玉取祭」の文化変容
田中 康生 共同体への参加を通じ獲得される自己
近河 光伸 高齢者のバランス能力、歩行動作・障害物またぎ越し及ぼす転倒恐怖の影響
時田 久子 アタッチメントと探索志向性との関連の検討
戸澤 由美 目標設定の動機づけおよび performance に及ぼす影響
仁木 富美子 社会的スキル訓練がシャイネスに及ぼす効果についての実験的検討
法月 聡 超最大運動時のエネルギー代謝と呼吸応答
日高 布恵 運動前の乳酸摂取が、運動中の乳酸とグリコーゲン代謝に影響を及ぼす
藤*村 典子 垂直とび、スクワット、パワークリーンにおける動作学的比較研究(*藤の草冠は旧字体)
藤森 麻衣子 リラクセーション法が身体反応の知覚に及ぼす影響について
藤原 琢也 麻雀の文化変容に関する一考察
本田 譲司 高齢者の身体活動セルフエフィカシー強化を意図とした運動プログラムの効果に関する研究
牧野 充芳 距離評価と時間評価に基づく認知距離の検討
増田 智美 認知行動的介入が怒りの変容に及ぼす効果の検討 ~怒り表出パターンとの関連~
松﨑* 千明 中高年者および高齢者における主観的睡眠感と身体活動との関連(*崎の旧字体)
松本 裕史 運動行動の動機づけに関する研究―自己決定理論の応用―
松元 由紀子 中学生の主観的 Quality of Lifeと学校不適応感の関連
三家 礼子 シートの物理量、心理量の統計的解析についての研究
望月 崇由 医療分野への3次元映像メディアの応用と人間工学的評価
山田 朱美 肩こり感に関する生理的・心理的研究
山田 幸恵 社会不安における注意資源の配分の偏りと自己評価の関連性の検討

1999年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
出海 肇 アイルランド西部島嶼民とコロッホ
井上 俊彦 盆栽の遠近法 ―近代日本における伝統の創造―
前田 朋子 韓国一同族村落の親族とマウル
浅井 良 体内時計関連遺伝子の発現パターンに対する老化の影響
伊沢 玲子 精神障害者の自己決定をめぐるバイオエシックス的考察 -精神保健の充実に向けて
一之瀬 貴 ウインドミル投法における前腕の大腿への接触メカニズムに関する3次元動作解析
伊藤 陽子 シナプス小胞の融合メカニズムの解明
岩川 孝志 動的運動中の酸素摂取量の規定要因について
神谷 瑞穂 トライアスロンが生体の過酸化脂質および抗酸化機構に及ぼす影響
河原 直人 高齢者ケアに関する政策決定過程をめぐるバイオエシックス的考察 -当事者の自己決定に基づくケア・サービス-
小林 新菜 自発性瞬目と感情
齋藤 隆實 Gas-Exchange, Water Relations, and Photosythetic Capacity of Deciduous Broad-Leaved Trees in Cool-Temperate Forests
篠江 徹 NG108-15細胞におけるシナプス前終末機構の光学的解析
高橋 里美 セロトニン1A受容体作動薬MKC-242の時計遺伝子mPer(mouse period)発現に対する影響
田尻 信幸 地面反力と3次元動作解析から見た投球動作における下肢の役割
田中 秀明 事象関連脳電位によるエラー検出処理に関する研究 ―エラー関連陰性電位による検討―
鶴若 麻理 末期がん患者のスピリチュアルニーズに関する研究 ―バイオエシックスの視座から
寺田 新 筋中Ca2+濃度が骨格筋糖取り込み速度に及ぼす影響
永田 夏来 夫婦関係における親密性に関する研究 ―夫婦を支えているものは何か―
二階堂 隆人 時計遺伝子mPermRNA発現の多様性の薬理学的解析とその生理的機能について
萩 原あいか 「ウォーキング」が日常生活活動量に及ぼす効果
柳原 良江 女性の性規範におけるバイオエシックス的考察
内田 君子 葬送儀礼における身体観についての一考察
佐々木 みどり VRの演出法に関する研究
田畑 有希子 糖尿病に対する運動療法の効果
早稲田 高司 ボクシングのストレートパンチにおける上肢動作の解析 Analysis of the Upper Extremity Movements of Straight-punches in Boxing
荒井 弘和 一過性運動がもたらす心理学的効果の検討
石坂 大志 性格特性としての社会不安がユーモア関連行動に及ぼす影響
伊藤 拓 ネガティブな反すうとうつ状態の関連の検討
伊藤 義徳 認知と感情における新たなモデルの提案とその実験的検討
井原 由貴 目標設定傾向の解決不可能課題遂行におよぼす効果
今泉 一哉 解剖構造モデルによる唇の形状の表記記号と制御規則
岩崎 さやか 精神疾患のケアに対する協力態勢と知識度からみた分裂病患者の家族のQOL
大枝 茂 劇映画分析による日米野球比較 ~現実世界も視野に入れて~
尾方 文 音声周波数分析の方法による催眠誘導の抑揚の特徴
尾崎 健一 精神的健康とワークモチベーションの関連と認知行動的介入の効果の検討
小幡 亜希子 ストレスの認知に関する精神神経免疫学的研究
小山 秀紀 人体と座位保持に関する人間工学的研究 ―ベッドサイドシーティングシステムの開発
上林 清孝 ドロップジャンプにおける下腿三頭筋群間の協調活動機構に関する研究
河合 恒 長距離走での股・膝・足関節の回転と下肢の各筋の収縮との相互関係
栗原 啓 怒りと自己主張・衝動性および抑うつとの関連に関する一研究
黒田 篤志 家庭における母子の空間的隔たりに関する研究 ~乳児の移動能力の発達とモノの関与の分析から~
小林 清香 学習障害のある人が成長段階で出会う問題と自立へ向けた支援の在り方
小牧 久見子 新体操選手を対象とした摂食行動改善による心理的効果に関する研究
伍賀 亜希子 催眠誘導者と被催眠者の呼吸コミュニケーション
境 薫 カーナビゲーションシステムにおける音声コミュニケーションに関する研究
柴田 隆史 2眼式立体映像観察時の視機能に関する研究
杉山 央 オフィスの空間構成に関する実験的研究
竹内 成生 身体の温度分布と感情の関連
千田 若菜 脳性麻痺を中心とする肢体不自由者における Social Skills Training ―プログラム作成の試みと社会的自立支援可能性の検討―
蝶間林 舞 ストレスの認知的評価と対処過程に及ぼす音楽の効果
筒井 順子 重症度および経過別における成人型アトピー性皮膚炎の掻破行動の悪化要因に関する研究
中村 英隆 タッチフットボールの普及・振興に関する研究
中村 康 間欠運動における呼吸循環応答特性
長江 信和 認知行動療法における合理主義と構成主義 -社会不安に対する治療効果の比較研究-
萩原 彰子 環境芳香を用いた空間演出に関する研究
福田 勧舟 内省報告を中心とした学習場面の分析
古谷 智美 心理臨床家としての発達及び停滞に関する研究
堀之内 徹 クロール泳でのスプリントアシステッド・トレーニングのストローク動作解析とEMG分析
三橋 大輔 オブジェクト提示空間の言語的分節と到達行動の運動特性との対応
宮田 証 体験の開示が心身の健康及び自己の明確化に及ぼす影響 ~外傷的体験と悩みの場合の比較~
三輪 雅子 心身症者の心理的特徴の研究
村岡 理子 パニック障害患者の心理社会的特徴に関する検討
村上 康友 人間の思考過程におけるバイアスとヒューマンエラーに関する実験的研究
保井 俊一郎 筋力トレーニング種目におけるデータベース検索処理システムの構築
矢部 大作 競技者の手の形態および機能の分析とその関連性の研究
山上 隆 器械運動マット運動における前転とびに関する研究
楊 筑雅 食物繊維キトサンが卵巣摘出ラットの骨代謝と血漿コレステロール値に及ぼす影響
渡邉 昌史 五島列島にみる綱引の文化変容
渡會 あかね フランスにおけるスポーツ振興策

1998年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
倉 健一 利根川中流域の水神信仰と人柱伝承
滝野 正樹 「誕生日」からみた近代日本の生活誌
金東 彩 日韓両国の一部農村地域高齢者のライフスタイルと心身の健康に関する調査比較 ―狭山市(日)と山清郡(韓)における高齢者の健康調査―
菅原 陵子 土地利用の変遷に見る家族生活の変容 ~岐阜県大野郡白川村稗田集落の事例~
馬場 里恵 「数の神話学」旧約聖書における数のシンボリズム
森安 彩 Royalty in the Hands of the Common ~ROYALTY IN BRITAIN AND THE RISE OF THE STAFFORDSHIRE POTTERY INDUSTRY~
有馬 恵 サッカーのPKにおけるゴールキーパーの誤反応の修正
石井 由起 NREM睡眠の持続時間が眠気に与える影響
市澤 周治 Cr摂取後の運動ならびに糖質同時摂取が骨格筋へのCr取り込みに及ぼす影響
今城 和久 阪神・淡路大震災における仮設住宅コミュニティ ―六甲アイランド第二仮設住宅の事例―
大須賀 いずみ 雌ラットロードーシス制御におけるペプチドニューロンの役割
太田 智之 自転車ペダリング運動における下肢筋活動とキネマティックス・キネティックス
川添 哲也 タイ南部泥炭湿地林に優占する Melaleuca cajuputi のバイオマスおよび純一次生産量
川村 知子 射撃競技における呼吸情報フィードバックの効果
小西 勝徳 身体的ストレス及び心理的ストレスがラットの生体内諸機能に及ぼす影響
駒田 陽子 覚醒―睡眠移行期における情報処理過程についての精神生理学的研究
仙波 由加里 先端生殖医療技術(ART)におけるバイオエシックス的考察 ―体外受精とクローン技術をめぐる専門家の倫理観について―
東門 葉子 遺伝情報伝達の範囲とその限界 ―バイオエシックスの視座から―
中村 行宏 扁桃体ニューロンにおけるNMDA受容体チャネル分子の生理機能解析
西尾 尚美 皮膚移植腫瘍(SST-2)の移植に伴う非特異免疫系を中心とする生体防御機能の変化に与えるストレスの影響
深谷 悟 高齢者の運動習慣が健康と体力に及ぼす影響
本多 麻子 自律神経系の反応特異性と情動に関する研究
村田 敦郎 チャンディブンタル考
山下 夏実 『書く』行為の社会史 ~明治・大正期の幼年向け雑誌にみる年齢階梯的共同意識の変容過程
吉信 ゆう子 時計遺伝子mPerlの制限給餌性リズムにおける役割
石井 秀治 グルコースあるいはBCAAの摂取がパフォーマンスに及ぼす影響
青木 弥生 子どもの性別化における親の性別養育行動の影響 ~親子間スキンシップに見られる非しつけ的養育についての考察~
新井 雅人 軽催眠状態におけるイメージの競合とその処理過程
安念 正人 遠隔操作におけるユーザインタフェースに関する研究
石松 一真 映像を利用した道路環境評価に関する一研究
井上 美香 サッカーのインステップキックにおける力学的エネルギーフローに関する研究
岩瀬 礼子 オープン学習の多重記述システム(multi-layer descriptive system)の提案
上地 広昭 子どもにおける身体活動とメンタルヘルスの関係
梅崎 高行 自己効力感増大を目指したコーチングの方法論的考察(サッカーに取り組む少年の自己効力感に焦点を当てた事例研究)
大塚 明子 中学生の自殺親和状態尺度の開発と自殺親和状態に関連する要因の研究
岡本 達夫 小学生のコンピュータ作業における人間工学的研究
奥野 英美 成人アトピー性皮膚炎患者の症状とストレス反応に関連する心理・社会的要因の研究
小野寺 涼子 特別養護老人ホームにおける高齢者の学習過程 ―参加観察法データの相互作用分析―
風間 瑞穂 インタラクティブな姿勢のデータベースの開発と評価
神田 直弥 バリエーションツリーによる交通事故の分析
小林 真幸 脳損傷患者の家族におけるストレス
斎藤 富由起 立位姿勢における身体動揺と情動との関連性
関野 ゆき 青年期におけるアタッチメントと対人恐怖心性の関係
瀬戸 邦弘 古代エジプト新王国時代におけるスポーツと王権について
田中 まり子 競技事態における対処方略のストレス反応に及ぼす影響
玉山 あかね 沖縄の綱引きに見るバイオレンスの変容
陳 峻雯* セルフ・エフィカシーの再評価と行動遂行との関連(*雨冠に足は文)
土江 寛裕 陸上競技4×100mリレーのバトンパス技術に関する研究 Study of baton exchange techniques on 4×100m relay of athletics
中嶋 大渡 卵巣摘出ラットに対するイソフラボンと運動の影響
中村 菜々子 中高年の心理社会的ストレスに関する研究
長谷川 伸 投球数が肩関節回旋筋群の疲労と回復に及ぼす影響
張替 裕子 児童の不登校傾向に関係する要因の研究
平部 正樹 意図性という観点から見た暗示行動の特徴
福島 豊司 ソフトボール・ウインドミル投法における上肢のバイオメカニクス Biomechanics of an upper extremity during softball windmill pitching
松岡 陽子 分離不安テスト(SAT)作成の試み ―青年のアタッチメント・スタイルの測定―
松村 和恵 青年のIWMと対人関係
松本 典子 漫画およびアニメへの嗜癖行動の特質の検証
宮田 由紀子 がん患者の感情表出に関する研究

1997年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
小林 孝広 商いのディスクール -フィリピン、日本の事例から-
三浦 慕 沖縄県の高齢人口の構造 ―県内地域格差による人口構造分析―
吉枝 真穂 フィリピンのストリートチルドレンへのNGO及び政府の取り組み
芝 陽一郎 偶発性を前提とした社会システム理論の可能性
荒井 浩道 ライフサイクルとアイデンティティ ―エリクソン理論再考を通して―
荒木 香子 タチツボスミレ(Viola grypoceras)の生活史戦略
石塚 智久 発生段階を異にしたニワトリ培養筋原細胞に対する成長因子の作用
大澤 幸一郎 農業上のイノベーション普及と村落生活の変化 ―長野県諏訪郡富士見町瀬沢新田区の事例研究―
木曽 美里 ライフスタイルによる年金の負担・給付の格差について
草間 麻子 緩和医療における音楽療法 ―バイオエシックスの視座から―
久保 淑子 CNVに及ぼす情動刺激の効果
佐藤 純 祭礼におけるバリ・ガムラン音楽の一考察
品川 裕之 オピオイド受容体刺激による細胞内Ca2+一過性動員機構の解析 Analysis of intracelluar mechanisms of opioid-induced transient Ca2+ mobilization in the CHO cells; the synergic contribution of IP3- and cAMP cascade to the Ca2+ release from internal stores
菅 義徳 R.M.Maclverのコミュニティ論について ―その現代社会への貢献を探る―
中野 恭嗣 組換えDNA法を用いて蛍光ラベルしたシナプトタグミンの挙動解析
早坂 有司 学校体育における肢体不自由児の心身の障害に応じた指導に関する研究
松本 高広 雌雄ラットの雄型性機能制御における5-HTニューロンの役割
圓山 恭之進 シアノバクテリアAnabaena variabilis M3株におけるRNA結合タンパク質遺伝子群の解析
村松 朋博 サービスとしての医療とバイオエシックス ―日米の比較的考察―
山田 麻木乃 人間活動が植物生産に及ぼす影響の評価
山本 由華吏 REM睡眠・NREM睡眠の発現経過と精神活動についての生理心理学的研究
渡部 美穂 雌ラットの排卵における視床下部背側部入力神経線維の役割
板垣 さおり 身体動作が不安軽減に及ぼす効果
伊藤 教子 場面がcrowding評価に及ぼす影響
井口 愛 珠算式暗算の熟達過程におけるイメージ処理に関する実験的研究
太田 ゆず 痴呆性老人の心理学的援助に関する研究 ―痴呆性老人に対する回想法の効果の検討―
小川 恭子 対人不安の発生過程の検討
奥山 俊之 歩行から歩運動への運動様式の移行とエネルギー消費
加賀谷 崇文 音声・発生の変化といくつかの催眠状態の特徴について
黒田 瑞城 両脚および片脚自転車運動の酸素摂取量動態の比較
小森 崇稔 フォーマル・ウェーヴストローク2泳法についての筋電図学的比較 Electromyography Comparison between the Formal and the Wave styles during the breast stroke
酒井 厚 面接法を用いたアダルト・アタッチメントスタイルの検討 ~大学生における、アタッチメント対象との関係~
杉山 晴子 Alexithymia測定尺度の作成と概念の再検討
高崎 文子 達成場面における幼児の目標志向と承認の関係
高瀬 弘樹 感情喚起刺激が呼吸活動に及ぼす効果について
瀧聞 久俊 バレーボールのスパイクジャンプにおける力学的エネルギー
田口 美穂 青年の友人関係の維持に関わる社会的スキル
谷川 聡郎 着地衝撃緩衝動作における下肢筋放電のクロススペクトル Cross-spectra between electromyogram of lower extremity muscles during the landing impulse absorbing motion.
藤 宏貴 オフィス環境のイメージと色彩に関する研究
中根 嘉代子 膝関節運動における筋収縮調節と筋放電クロススペクトル Muscle contraction regulation on electromyographic cross-spectra during knee joint movement
長野 祐一郎 呼吸調整が身心に与える影響に関する基礎的研究
畑 万都美 思春期肥満体験が自己受容形成に及ぼす影響
畑津 麗 バーチャルリアリティを用いた作業環境の収録と提示方法
深沢 由美 肩こりと心理・生理的諸要因の関連性に関する研究
松本 聡子 都市に居住する母親の育児環境に対する評価
三浦 隆 等尺性筋収縮ならびに等速性筋収縮運動時における張力発揮 Torque patterns during isometric and isokinetic contractions of the femur muscles
宮野 秀市 Head Mounted Displayを利用したエクスポージャー
村山 憲司 手の形と腕の動きの3次元図形の合成
矢澤 誠 主運動前の過換気条件が換気応答へ及ぼす影響 Effects of volitional hyperventilation on ventilatory responses to following exercise
柳瀬 亮太 構築空間内における距離認知 ―経路条件及び提示情報による影響―
山極 和佳 様々な意識状態における非言語的感情表出について ―身体表情という観点から―
横井 美環 過剰適応の構造とストレス反応との関連について
李 承洙 韓国民族スポーツに見る文化変容 ~全国民俗芸術競演大会を通して~
渡辺 英次 大学運動選手の競技種目別体型比較
渡辺 浩行 人的因子抽出のための事故分析手法の比較検討

1996年度に修士学位を授与した修士論文の題目一覧です。

氏名 論文タイトル
井出 さおり 家族的関係に関する一考察 -MSWの視点から-
志田 哲之 マイノリティグループ成員における自己規定の構築 ―レズビアン/ゲイのライフヒストリー
矢代 晃司 ニワトリ初期胚におけるPrx遺伝子産物の発現に関する免疫組織化学的研究
和田 啓美 文化律動を巡る一考察〈西欧中世衣装の位相〉
入江 公康 1930年代“社会政策”思想の展開 ―自由と統制をめぐる諸側面―
賀数 仁然 非特異免疫機能および内分泌機能に及ぼす明暗条件の変化
掛江 直子 バイオエシックスの視座から見た日本の小児医療 Truth Telling, Informed Consentを基礎としたOpen communicationの必要性
許 錦文 急性拘束ストレスにおけるラットMφのNO産生能と殺菌能 Nitric Oxide Production and Bactericidal Capacity by Macrophages in Rats under Acute Immobilization Stress
蔵原 大 明治維新期の財政と外国人
河野 由香 四肢発生過程における軟骨分化マーカーの発現パターンの解析
小山 美千 高齢者のライフスタイルと心身の健康に関する調査研究(狭山市における高齢者の健康調査)
佐伯 智大 村落における「女人講」の存続と社会的機能–千葉県木更津市畔戸地区の事例–
佐藤 元康 雌型性行動に対するプロゲステロンの抑制作用
高原 千佳 Go-NoGo事態下における生理指標の変化
田里 千代 「遊び」の様態とその解釈についての考察 -カナダにおける少数民族フッタライトの事例-
辻 明子 貧困の認識及びその解決への道
坪井 貴司 Optical rotation signals recorded from a single skeletal muscle fibre of a frog
鶴見 友佳里 低出生率と家族政策
中 正樹 ジャーナリズムにおける客観報道主義の意味
西川 岳克 下肢筋活動とペダル踏力からみた快適な自転車ペダリングの検討
野村 隆則 NGFにより分化誘導されたPC12細胞において新たに発現するニューレキシン・スプライシング産物の同定
堀口 和秀 Ws/Wsラットによる消化管運動ペースメーカー細胞の解析
村田 久 生活満足感の因果モデル ~共分散構造モデルの岡谷サンプルへの適用~
柳原 さつき 発展途上国における社会変動下の子ども ―タイ東北部の都市・農村部を事例として―
山下 由美子 ニワトリ胚四肢形成過程における線維芽細胞成長因子の役割
山田 庸子 ネズミチフス菌の鞭毛遺伝子fliS,fliTの機能解析
内田 優子 意識状態の違いが及ぼす運動知覚への影響 -情報制限した場合-
宮崎 真 選択反応時間指標による人間の注意機能特性の研究 -Inhibition of Returnの情報価適応性の研究-
宮本 宏貴 自動車運転経歴から見た運転技能の変容
渡邊 哲司 ローイング動作中のフォワード局面とバックワード局面のバイオメカニクス
浅野 桂子 社会不安者のソーシャルスキル 認知行動療法的アプローチ
有冨 豪志 スポーツ科学の活用性に関する研究 ―競技力向上の立場から―
石川 勇一 実存的苦悩の臨床心理学的考察
一戸 すみれ 日本における筋力トレーニング法-その歴史的発展課程とマスルトレーニング・スポーツ別検討 Strength Training Methodology in Japan-It’s Historical Consideration and Comparison between Mascle Training Sports
井端 泰裕 建築空間における誘導情報・サインが空間探索行動、空間記憶に及ぼす効果 ―CGを用いたVRシミュレーション研究―
榎本 桂子 体位変化時の脊柱起立筋における皮膚血流パワースペクトル
海老原 由香 高齢者施設介護者の介護行動における認知・行動的変容について
落合 信寿 色彩の変化が住宅居間の室内雰囲気に及ぼす影響 ~トーン型配色の検討~
小野 佳代 リサイクルへの参加行動の規定因
鏡 直子 死別体験による悲嘆反応の研究
河原 弥生 間欠的静的掌握運動中の血圧変化とBaroreflex sensitivityの性差
菊池 はるか 認知課題遂行時の精神生理学的変化
北島 正人 催眠暗示におけるテンポ変化の及ぼす影響
桑原 淳子 問題解決における方略策定に関する一研究
小林 みずき 感情の表出・抑制が健康度に及ぼす影響
佐々木 康成 歩行のテンポが意識性に及ぼす効果
佐藤 浩一 中枢神経性の疲労とOBLA ―異なる運動強度が遊離トリプトファン濃度に及ぼす影響―
澤山 亮子 TVゲームプレイ時におけるインタフェイスと操作感覚
鈴木 伸一 ストレス状況下におけるEffort,Distress状態の検討
高尾 秀伸 仮想現実空間における立体音響を用いた研究
高際 美也子 美容外科受診者の心理的特性の研究
鷹取 豪 テニスにおけるサービスリターン時の構えと反応動作
津田 行代 長距離高速運転時における心電図R-R間隔と尿中カテコールアミン排泄量の変動
原 静 幾何学図形イメージ操作の与える心的影響
古川 志帆子 東洋行法に関する心理学的研究
松尾 直子 高齢者の身体活動と心理的側面の関係について
三宅 聡 短距離走における走速度増大時の下肢筋活動とバイオメカニクス
八木 絵香 大規模災害時における被災地の人間行動 ~阪神・淡路大震災の事例を中心に~
山田 早苗 幼児とインタラクティブ性のある遊具との相互交渉に関する研究 ―コンピュータの無応答性を中心として―
山本 繭優 音楽が自律神経機能に与える影響
芳野 郁朗 内発的動機づけに関する実験心理学的研究
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fhum/ghum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる