Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

学生読者モニターから寄せられた、ご意見や感想をご紹介します(その2)

1514号
【フォーカス】待ち望む六大学野球の開幕 早川・吉澤・滝澤が活動停止中に考えたこと
「開幕が延期になってしまい、とても残念な気持ちでいましたが、選手たちの熱い心があらわれたメッセージを読んで、ぜひ自主練習に励んでパワーアップしてほしいと感じました。私の友人も新入生として野球部に入部しました。がんばれ! 早大野球部!!!」(政治経済学部1年)


【早稲田ふるさと大使】ホスピタリティ精神が宿る、アフリカ北西沖に浮かぶ島国・カーボベルデ
「私にとってカーボベルデは名前さえもよく知らない国の一つでした。しかしこの記事を読んで、『なんて素敵な国なんだ! 将来絶対行ってみたい!』と強く感じました。そしてまた、いろいろな国から留学生の集まっている早稲田大学の魅力もあらためて感じました。」(スポーツ科学部1年)

1515号
【フォーカス】朝も昼も夜も 「時間栄養学」 簡単レシピ集【再掲】
「新型コロナウイルスのせいで家にこもっており、生活リズムが崩れてしまいました。料理を作ることが大好きなので、これからは記事のレシピに紹介されている料理を作って、体調管理に気を付けたいです。」(政治経済学部1年)

【早大生リポート】オンライン授業で消えた大学の「余白」 日常の何気ない会話が大切だった
「『とはいえ、困難な状況に置かれていても、私たちは勉強を続けていくしかありません』という言葉が心に響いた。もちろん友人たちとの時間なども大切だけど、こんなときでも『学びを止めない』ことが重要なのだと伝わってきた。非常にモチベーションが高まる文章だった。」(教育学部1年)

1516号
【杜の相談室】紫外線が気になる季節になりました。スキンケアはどうすればいいですか?
「これからの季節にあった記事で、参考になりました。肌の悩みに関するこれまでの記事も紹介されていたのが良かったと思います。」(大学院文学研究科修士2年)

【えび茶ゾーン】数学の「予想」をめぐって思うこと
「数学科のやっていることについて全く知らなかったが、この記事を読んでその一端に触れられた気がする。予想の産出と追究がバランス良く行われて、分野としての発展が実現できるのだと感じた。」(大学院先進理工学研究科修士1年)

1517号
【フォーカス】病院へ行ったら申請を 経済的負担を軽減、医療費給付と学生補償制度
「新型コロナウイルスがまん延している状況で、医療費についてとても心配していました。早稲田大学にこのような給付や補償制度があるとは知らなかったので、今回知ることができてありがたかったです。」(スポーツ科学部1年)

【早大生リポート】オンライン授業で気付いた「みんなで授業を作る意識を持つこと」の大切さ
「オンライン授業ではリアクションを大きくした方が良いのだと、あらためて感じました。みんなで授業を作るという意識を忘れないで、これからも臨んでいきたいです。」(国際教養学部3年)

1518号
【サークル紹介】フリスビーで2年連続大学日本一を達成しているサークルです!
「タイトルをみて???となった。フリスビーは私にとって犬と遊ぶ道具以上のものではなかったからだ。この記事を読んで新しい世界を知ることができた。」(教育学部1年)

【ぴーぷる】「お茶の文化と産業つなぐ」 茶道歴14年の早大生が起業
「現役早大生の起業もそう珍しいものではなくなってきたが、『お茶の文化を広める』という事業は新しいなと思った。あらためて早大生の活躍の幅広さを実感できた。」(政治経済学部5年)

編集室より

『早稲田ウィークリー』は早大生応援Webマガジン! 皆さんからのご意見を反映させて、誌面を作っています。随時ご意見・ご要望を受け付けていますので、お気軽にお寄せください。公認サークルのイベント情報 なども掲載可能です。TwitterFacebookもぜひフォローして、感想などをつぶやいてくださいね。E-mailでのご意見・ご感想などは[email protected]までお願いします。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる