Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

多湖淳教授が第16回日本学術振興会賞を受賞しました

実証政治経済学拠点の多湖淳教授が第16回(2019年度)日本学術振興会賞を受賞しました。本受賞は同氏の「非覇権国の視点の導入を通じた国際政治学の科学的研究の拡張」に関する研究業績が高く評価されたものです。

日本学術振興会賞は、将来の学術研究のリーダーとして活躍することが期待される、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者をいち早く顕彰することにより、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することを目的とし、平成16年度に創設されました。

選考は、各分野を代表するトップレベルの研究者により構成される審査会で厳正な審査が行われ、受賞者が決定されました。今回は、人文学、社会科学及び自然科学にわたるあらゆる分野を対象としている本賞ならではの研究者25名に授与されます。

第16回(令和元年度)日本学術振興会賞受賞者一覧

第16回(令和元年度)日本学術振興会賞受賞者略歴及び授賞理由

令和2年2月18日(火)に日本学士院(東京都台東区上野公園7-32)において、日本学術振興会賞及び日本学士院学術奨励賞の授賞式が同時に行われる予定です。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる