Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

特別ワークショップ 「レジーム・スイッチングのマクロ経済モデル」を開催

SGU特別ワークショップ

レジーム・スイッチングのマクロ経済モデル

2019年、7月29日~8月2日、早稲田大学早稲田大学スーパーグローバル大学創成支援事業実証政治経済学拠点はノルウェー中央銀行のJunior Maih教授をお迎えし、「レジーム・スイッチングのマクロ経済モデル」と題する連続ワークショップを開催しました。Maih教授の専門はマクロ経済学、中でも動学的一般均衡モデルの数値解析、シミュレーション、パラメータの推定に関する分野です。とりわけレジームが変化するようなマクロ経済モデルの解析についての世界的な権威であられます。

経済は唯一のレジームとそこからの逸脱で表現されるわけではありません。別の複数のレジームへの変化の可能性に満ちています。とりわけゼロ金利政策や、量的緩和政策など、伝統的な政策からのレジーム変化が、人々の将来に対する期待にどのように働きかけるのか、またその将来に対する期待の変化が、実際の政策効果にどのような影響を与えるのか、これらはマクロ経済政策効果を議論するうえで、非常に重要であり、その分析手法の確立は火急の課題となっています。ワークショップではレジーム変化を伴う動学的一般均衡モデル(RS-DSGEモデル)、またそのようなモデルを取り扱うMaih教授の開発したRISEツールボックスを中心に解説していただきました。

世界中の中央銀行や大学での講演、セミナー等でお忙しい中、本校での特別ワークショップ開催の運びとなりました。学部生のみならず、他大学からも大勢の教員、大学院生が詰めかけ大変な熱気のワークショップとなりました。

Dates
  • 0729

    MON
    2019

    0802

    FRI
    2019

Tags
Posted

Fri, 13 Sep 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる