Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

ワークショップ「21世紀の人文知とは――世界の古典学から考える」を開催

ワークショップ「21世紀の人文知とは――世界の古典学から考える」

The Humanities in the 21st Century: Classical Studies in and for the World

この度国際日本学拠点では、「21世紀の人文知とは――世界の古典学から考える The Humanities in the 21st Century : Classical Studies in and for the World」と題して日本、東アジア、インド、ペルシア、ヨーロッパなど世界の各地域の古典学の立場から21世紀の人文知を考え、討論するワークショップを開催します。

<イベント概要>

日時:2019年6月23日(日)9時~17時30分

場所:戸山キャンパス33号館16階 第10会議室

発表者:
Wiebke Denecke(ボストン大学・高麗大学校)
河野貴美子(早稲田大学)
荒木浩(国際日本文化研究センター)
小倉 智史(東京外国語大学)
河野至恩(上智大学)
庄子大亮(関西大学)
沈慶昊(高麗大学校)
Sunil Sharma (ボストン大学)
竹村信治(広島大学)
渡邉顕彦(大妻女子大学)

ディスカッサント:
Michael Watson(明治学院大学)
山本登朗(元 関西大学)

タイムテーブル:
9時          開会
9時15分~10時45分    パネル①古典学の現状と未来(発表とディスカッション)
10時45分~11時       休憩
11時~12時30分       パネル②世界の古典学の比較研究の可能性(発表とディスカッション)
12時30分~14時       昼食・休憩
14時~15時30分       パネル③現代における古典・古典学の役割(発表とディスカッション)
15時30分~15時45分  休憩
15時45分~17時15分    ラウンドテーブルディスカッション(ディスカッサントによるコメントとディスカッション)
17時30分            閉会

*各パネルにおいて発表者全員がごく短時間で発言した後、パネルのテーマについて参加者同士ディスカッションを行う予定です。

使用言語:日本語、一部英語(通訳あり)
参加者:一般・学生・教職員
事前予約:不要
問い合わせ先:河野貴美子教授 kono@waseda.jp

主催:早稲田大学日本古典籍研究所
共催:スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点
早稲田大学総合人文科学研究センター 角田柳作記念国際日本学研究所
科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C)16K02376)
ボストン大学、世界言語・文学部
高麗大学校漢字漢文研究所
後援:早稲田大学総合研究機構

Dates
  • 0623

    SUN
    2019

Place

早稲田大学戸山キャンパス33号館16階 第10会議室

Tags
Posted

Fri, 07 Jun 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる