Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

CROP-IT ワークショップ「How to Build a National Identity Database (like a Constructivist)」(5/7)

2019年5月7日、早稲田大学スーパーグローバル大学創成支援事業 実証政治経済学拠点は早稲田大学政治経済学術院・多湖研究室とともに「CROP-IT ワークショップ」を開催いたします。

※CROP-ITとは、Collaborative Research On Political Information Transmission(政治と外交の対外情報発信に関する国際共同研究)の略で、日本学術振興会『課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業』グローバル展開プログラムの一つです。

フライヤーはこちら

概要

【日時】5月7日(火)15:00~16:30

【場所】早稲田大学 3号館10階第一会議室

【言語】 英語

【対象】早稲田大学学部生、大学院生、教職員、一般

【事前申込】不要

【発表者】オタワ大学 Srdjan Vucetic 教授

【タイトル】How to Build a National Identity Database (like a Constructivist)

【要旨】
International Relations (IR) scholars have come to recognize that state behavior in the international system is not driven solely by the “distribution of power,” but also depends on the “distribution of identities.” Despite this major theoretical advance, many scholars carry on as if identities do not matter. This leads to a systematic omitted variable bias that adversely impacts not only much of IR scholarship but also how the policy community conceptualizes and analyzes both security and non-security issues in world politics. Making Identity Count endeavors to build a constructivist, intersubjective database of all great power identities from 1950 to 2020 that will become the source for IR scholars who wish to include constructivist arguments in their scholarship. The purpose of this session is to evaluate the strengths and weakness of this project.

【問合せ】 政治経済学術院 多湖淳研究室 [email protected]

 

Dates
  • 0507

    TUE
    2019

Place

早稲田キャンパス3号館10階第1会議室

Tags
Posted

Wed, 03 Apr 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる