Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

特別講演「Violence and Public Opinion in Ukraine: An Experimental Analysis」(3/10)

早稲田大学 スーパーグローバル大学創成支援事業実証政治経済学拠点は、政治経済学会との共催により、第10回研究大会・総会のプログラムのひとつとして、ジョージ・ワシントン大学政治学部のYonatan Lupu 准教授による特別講演を開催します。
Yonatan Lupu准教授は、人権や政治的暴力、国際法・制度、国際紛争の専門家で、American Journal of Political ScienceInternational OrganizationJournal of PoliticsAmerican Journal of International LawInternational Securityといったトップジャーナルに数多くの研究を公刊されています。今回の特別講演では、ウクライナにおける政治的暴力が世論に与える影響について、実験手法を用いた研究を紹介してくださいます。
皆さまのご参加をお待ちしています。

 

日時

2019年3月10日(日)13時〜14時30分

場所

早稲田大学3号館405教室

対象

学生・教職員・一般

参加方法

入場無料、事前申込不要
※ただし、本特別講演以外のプログラムに参加する際は、政治経済学会非会員の場合1000円の参加費がかかりますのでご注意ください(会員は無料)

使用言語

英語

問い合わせ

早稲田大学政治経済学術院・高橋百合子 ytakahashi@waseda.jp
早稲田大学政治経済学術院・多湖 淳  tago@waseda.jp

◆第10回研究大会・総会(10時~17時)の全体のプログラムにつきましては政治経済学会のサイトをご確認ください。
プログラムのダウンロードはこちら

Dates
  • 0310

    SUN
    2019

Place

早稲田キャンパス3号館405教室

Tags
Posted

Mon, 25 Feb 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる