Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

セミナー「データ科学としての歴史研究」

コロンビア大学・Matthew Connelly 教授をお招きし、セミナーを開催します。

【日時】2018年12月14日(金) 13:30-15:00

【場所】早稲田キャンパス3号館10階第一会議室

【対象】学部生、大学院生、教職員、一般

【事前申込】不要

【使用言語】英語

【講演者】Professor Matthew Connelly (コロンビア大学)

【タイトル】データ科学としての歴史研究

【概要】
Dr. Connelly leads The History Lab at Columbia University, a team of scholars, designers, scientists, and engineers building tools to preserve the fabric of the past and provide lessons for the future.  Historical research methods break down when the archive is made up of millions and eventually billions of electronic messages. Keyword-searching seems like an easy fix, but it can’t recreate past worlds or reveal unexpected connections. What tools will future historians use to take on the coming avalanche of electronic records?  The History Lab develops various tools that offer solutions to the problem like this one and others.  In his presentation, he will discuss the rationale and goals of the History Lab as well as promises and challenges faced by the computational approach to the study of history.

フライヤー

【主催】早稲田大学 現代政治経済研究所
スーパーグローバル大学創成支援事業 実証政治経済学拠点

【招聘教員】早稲田大学政治経済学術院・栗崎周平准教授 [email protected]

 

Dates
  • 1214

    FRI
    2018

Place

早稲田キャンパス3号館10階第一会議室

Tags
Posted

Wed, 05 Dec 2018

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる