Waseda Goes Global: A Plan to Build a Worldwide Academic Network that is Open, Dynamic and Diverseスーパーグローバル大学創成支援「Waseda Ocean構想」

News

ニュース

国際カンファレンス 「West-European politics in 2017」を開催しました

2018年1月11日、早稲田大学SGU実証政治経済学拠点は、早稲田大学高等研究所(WIAS)および早稲田大学地域・地域間研究機構(ORIS)との共催により、中村英俊准教授、日野愛郎教授(政治経済学術院)、Régis Dandoy助教(高等研究所)の企画のもと、国際カンファレンス「West-European politics in 2017」を開催しました。

Régis Dandoy助教

日野愛郎教授

この国際カンファレンスは、ポピュリスト政党や欧州懐疑主義政党の躍進が懸念される中、オランダ、フランス、イギリス、ドイツ等の主要国で国政選挙が行われたほか、カタルーニャ州の独立をめぐり内外のメディアを賑わせた一年となった2017年の西ヨーロッパ諸国の政治を振り返ることを目的に開催されました。

久保慶一教授

カンファレンスは「比較研究」「スペインとフランス」「ドイツと関連諸国」の3つのセッションから構成され、セッションごとにそれぞれ4つの論文が報告されました。報告者は事前に準備した5ページの論文をもとに10分のプレゼンテーションを行い、あらかじめ割り当てられた討論者と5分間の討論を行った後、参加者や聴衆を交えて15分のQ&Aを行いました。

いずれの報告も充実した討論が繰り広げられ、2017年の西ヨーロッパ諸国の政治を総括し、新しい年の政治を展望する貴重な機会となりました。

当日のプログラムはこちら

Luigi Curini教授

 

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sgu/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる