Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

Research Units

研究拠点

Asian Research Unit

アジア研究ユニット

アジアにおける「共生と和解」

ユニット概要

今日、アジアは、世界の将来を左右する成長地域として注目されています。しかし、その中には今もなお経済的停滞や政治的混乱により、貧困や紛争にあえぐ地域も残されており、今後の成長にとって大きな課題となっています。それゆえに、アジアの将来、ひいては世界の将来も、この地域の平和と発展にかかっていると言っても過言ではないでしょう。私たちは研究活動を通じて、この世界的な課題の解決に貢献することを目指します。
他方、アジアの将来に関しては、近年、地域統合の議論が盛んです。しかしアジアは民族的、文化的にはもちろん宗教的にも極めて多様であり、仏教からイスラーム、ヒンドゥー、キリスト教など様々な宗教が共存しています。こうした多様な文化を維持しながら、同時に地域統合を進めていくためには、緻密な地域研究に裏付けられた各地域への深い理解と洞察が必要となることは言うまでもありません。私たちは、こうしたアジア共同体を巡る議論にも積極的に参与し、学術研究の成果を生かす形で具体的な提案も行っていきます。
上記の課題を念頭に、アジア研究ユニットでは、以下の4つの事業を展開していきます。

  1. 研究事業
    アジア研究ユニットの傘下に設立されたプロジェクト研究所がそれぞれ独自の研究計画に基き研究を行います。その中でも「アジア研究所」は、アジア研究ユニットの4つの事業を展開するためのエンジンとして機能します。また、海外の研究機関と協定を結び、研究連携・共同研究プロジェクトを遂行します。
  2. ネットワーク事業
    国内および海外の研究者、研究機関との共同調査・研究、学術交流など、アジア研究ユニットが推進・支援するすべての研究活動の基盤となる研究ネットワーク形成のための事業です。また、アジアセミナー・シンポジウムを開催し、アジア研究の啓発・発信の場を提供します。
  3. 出版事業
    成果を出版します。
  4. 教育事業
    将来のアジア研究を担う若い研究者の育成も使命のひとつです。

プロジェクト研究所

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる