Organization for Regional and Inter-regional Studies早稲田大学 地域・地域間研究機構

その他

長江流域文化研究所
Yangzi River Valley Culture Research Institute

所長

柿沼 陽平 [ かきぬま ようへい ]
文学学術院 准教授

概要

戦国秦漢魏晉簡牘よりみた長江中流域の人々と日常生活

詳細

長江流域文化研究所は 2000 年に設置され、2020 年 3 月まで工藤元男所長が牽引してこられた研究所である。その課題は、「中国文明」と長江流域文化の関係を探るものであった。すなわち古代東アジア世界は、黄河流域の「中国文明」を中核とし、その文化や生活様式はとくに周辺諸地域へ伝播していったのであるが、中国各地には古来独特な地域文化もある。 とくに長江流域文化は「中国文明」を語るうえで重要な地位を占め、日本の伝統文化にも大 きな影響を与えた。長江流域文化は、長い歴史をつうじて「中国文明」による統一化の波に洗われ、しかしそのつど再編され、新しく立ちあがってゆく。工藤所長はそのダイナミズムの解明 こそが「中国文明」の理解につながると考えた。おりしも 2000 年以降、長江中流域では戦国秦漢魏晉時代の簡牘・帛書が続々と出土し、地域文化を知るうえで格好の手がかりとなる。そこで 本研究所は、武漢大学と連携し、赤外線撮影を通じた簡牘解読を行なってきた。2020年10月以降、本研究所では、これまで築いてきた中国の研究機関との信頼関係を活用し、テクストレベルの上記基礎研究を継承・発展させ、具体的に以下の問題に取り組む予定である。

1.長沙嶽麓書院蔵秦簡の研究
近年続々と公開されている嶽麓書院蔵秦簡を解読する。本史料は統一秦の律令・裁判案例等を含み、その解読は当該地域史を理解するうえで手がかりとなる。

2.長沙五一広場漢簡・走馬楼呉簡の研究
近年続々と公開されている長沙五一広場漢簡・走馬楼呉簡を解読する。本史料は後漢三国時代の律令・裁判案例等を含み、その解読は当該地域史を理解するうえで手がかりとなる。嶽麓書院蔵秦簡の出土地とほぼ合致するとおぼしく、これらの分析によって、戦国秦漢三国時代の長江中流域史を通時的に検討しうる。

3.戦国秦漢魏晉時代の長江流域における経済史・日常史の総合的研究
上記2点の基礎研究をふまえ、戦国秦漢魏晉時代の長江中流域にすむ人々の日常生活や家計事情について総合的に分析する。上記簡牘には個々の民の戸籍や私有地等々の情報や、それに関する律令が含まれるので、それを通じて基層社会の実態解明をはかるつもりである。

研究所員

柿沼 陽平(文学学術院准教授)
李 成市(文学学術院教授)
高橋 龍三郎(文学学術院教授)
飯山 知保(文学学術院教授)

顧問

工藤 元男(早稲田大学文学学術院名誉教授)

招聘研究員

小倉 聖(大東文化大学非常勤講師)
川手 翔生(東京学館浦安高等学校非常勤講師)
水間 大輔(中央学院大学法学部教授)
森 和(成城大学民俗学研究所研究員)
渡邉 将智(就実大学人文科学部総合歴史学科准教授)

Related Articles 関連記事

アジア研究所
東アジア国際関係研究所
台湾研究所
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/oris/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる