Research Organization for Nano & Life Innovation早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構

About the Organization

研究機構について

From the Director

機構長・副機構長挨拶

機構長挨拶

ごあいさつ

Nishide_Goaisatsu2001年文部科学省COEプログラム「分子ナノ工学」への採択を契機として、公的資金の支援のもと、実践的なナノテクノロジー研究教育拠点=ナノ理工学研究機構の形成に注力して参りました。ドライ、ウェットいずれの微細加工にも対応可能な設備を備えた、世界でも類を見ないナノテクノロジーリサーチセンター(NTRC)は、学生も含めて300名近い研究者が集う研究施設となっています。また、2004年に発足した産学官連携プラットフォームであるナノテクノロジーフォーラム(NFM)も通して、研究と交流を通した人材育成と、社会への発信も進めております。これらの実績を引き継ぎ、環境・エネルギー、医薬、情報通信にまたがる不連続なイノベーションを横断的に支える基盤拠点として、2015年に【ナノ・ライフ創新研究機構】を創設しました。8つのプロジェクト研究所に所属する気鋭の研究者が大学院生らと共に、20を超える大型公的研究プロジェクトと、企業との多彩な共同・受託研究を展開しています。本機構発の研究成果がトリガーとなって新たな技術が創出され、共に育った若手人材がその産業の担い手となって羽ばたいてくれることを期待しております。

機構長 西出 宏之

副機構長挨拶

産官学連携・海外連携によるボーダレスな研究教育の推進

本機構は、前身のナノ理工学研究機構とASMeWで実績を重ねた研究者と、最先端の装置群を結集しました。世界でもトップレベルと自負する研究者・学生達の自由な発想によるシーズの創出、基盤強化の裏付けのもと、世界的課題を見据えたバックキャスティング型の研究開発を積極的に推進して参ります。新設されたスマートエナジーシステムイノベーションセンター(120号館)を中心に、学際的大型研究費の導入に向けた体制を整備しながら、産官学連携によるナノ・ライフイノベーション研究の世界的なプラットフォームを形成、若手研究者や技術者の高度教育機能も強化し、社会の要請に応えうる人材の育成に努めます。また、学会との連携強化を図り、国際会議・大会等を主催することで本機構の国際認知度を向上させ、海外も含めた連携研究体制を構築します。国内外の優秀な人材を獲得し、ナノテクノロジーを基盤としたボーダレスな研究を推進します。

副機構長 朝日 透・庄子 習一

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/nanolife/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる