Research Organization for Nano & Life Innovation早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構

About the Organization

研究機構について

早稲田大学のナノテクノロジーとライフサイエンスを担う人材を学部の枠を超えて結集し、融合研究の推進・研究人材の育成を行う組織が、ナノ・ライフ創新研究機構です。7つのプロジェクト研究所が設置され、民間企業や他大学の研究者・技術者らが参画する研究チームを組織しています。学際的なチーム体制と先端的研究設備により、大型公的プロジェクトを数多く獲得し、数々の企業との共同研究も推進しています。

研究施設として、クラス100を含む複数のクリーンルームおよび化学・生物系実験室で構成する「ナノテクノロジー研究センター」を有しており、最先端のナノ加工装置、計測装置、評価装置等の利用が可能です。さらに国内の大学では初となる、リチウム二次電池の製作が可能なスーパードライルームを完備した「スマートエナジーシステム・イノベーションセンター」を2015年に開設し、次世代蓄電池に関する技術開発・評価試験を産官学連携のもと牽引しています。

我が国のナノ・ライフイノベーションをリードする国際研究拠点を目指し、今後もさらなる活動を展開して参ります。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/nanolife/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる