Research Organization for Nano & Life Innovation早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構

News

ニュース

【2017.12.19開催】第3回分科会ワークショップ「環境問題と対策技術の最前線」

第3回分科会ワークショップ
「環境問題と対策技術の最前線」

 

早稲田大学ナノテクノロジーフォーラム事務局では、来たる12月19日(火)に第3回分科会ワークショップとして、「環境・安全」分野に焦点をあて、『環境問題と対策技術の最前線』を開催するはこびとなりました。
外部スピーカーとして、大気汚染・気象の分野で長年研究されてきた植田洋匤京都大学名誉教授とスーパーゼネコンで環境対策事業に携わられ、震災後は除染特別区域での調査・指導にもあたられた田邉清氏をお迎えいたします。
当大学からは、地盤に係る環境と防災の実学的研究をされている小峯秀雄教授、今回の分科会の主幹研究所の所長である松方正彦教授にご講演いただき、講演後は昨年同様、学生によるポスターセッションと意見交換会を予定しております。

    • 日時
      2017年12月19日(火)14:00 -17:55(13:30 受付開始)
      (意見交換会:18:00~)
    • 会場
      早稲田大学西早稲田キャンパス63号館 2階04会議室
    • プログラム
      14:00~14:05  開会のご挨拶
      大林 秀仁 ナノテクノロジーフォーラム会長
      14:05~14:15   本日のプログラムのご紹介
      松方 正彦 早稲田大学理工学術院 教授
      14:15~15:00  「大気汚染と都市気象変化の相乗作用」
      植田 洋匡 京都大学 名誉教授
      15:00~15:45  「福島原発事故復興の現状と課題 -除染に注目して -」
      田邉 清 元大成建設株式会社
      15:45~16:05   休憩
      16:05~16:50  「高レベル放射性廃棄物処分と科学的特性マップ」
      小峯 秀雄  早稲田大学理工学術院 教授
      16:50~17:25  「循環型環境技術研究センターにおける環境対策技術開発と実用化の概要」
      松方 正彦  早稲田大学理工学術院 教授
      17:25~17:55   学生の1分間スピーチ
      18:00~        意見交換会 学生によるポスターセッション
    • 参加
      分科会:無料
      意見交換会:無料(ナノテクフォーラム会員)、2,000円(ナノテクフォーラム非会員)
    • 主催
      早稲田大学ナノテクノロジーフォーラム
    • 共催
      循環型環境技術研究センター

※実施報告書はこちら

Dates
  • 1219

    TUE
    2017

Place

早稲田大学西早稲田キャンパス63号館 2階04会議室

Tags
Posted

Sun, 19 Nov 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/nanolife/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる