Research Organization for Nano & Life Innovation早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構

News

ニュース

シリーズ「未来の早稲田を担う研究者」第7回 門間聰之 教授

eye_monmaナノ・ライフ創新研究機構で活躍する研究者を紹介するシリーズ「未来の早稲田を担う研究者」。第7回目は、ライフサポートイノベーション研究所(理工学術院 先進理工学部応用化学科)門間聰之 教授です。
CO2低排出社会、IoT社会に求められる電池システムとはどのようなものでしょうか。大容量蓄電池の一貫した製作が可能であり、電池の非破壊での劣化評価が可能な、当機構の研究拠点「スマートエナジーシステム・イノベーションセンター」の強みを活かして行われる、次世代蓄電池の研究開発・評価技術について語っていただきました。

「未来の早稲田を担う研究者」第7回 門間聰之 教授

 

本インタヴューは本学のナノテクノロジー分野の研究者と民間企業との連携を推進する窓口「早稲田大学ナノテクノロジーフォーラム」が制作しました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/nanolife/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる