Research Organization for Nano & Life Innovation早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構

News

ニュース

マイクロ液滴デバイスを活用し環境微生物の一細胞遺伝子解析に成功

Nature scientific report ,6:22259 ,(2016), DOI: 10.1038/srep22259
Culture-independent method for identification of microbial enzymeencoding genes by activity-based single-cell sequencing using a water-in-oil microdroplet platform”
ナノ・ライフ創新研究機構 研究院教授 関口哲志、ナノ・ライフ創新研究機構 次席研究員 尹 棟鉉
理工学術院 教授 庄子習一

キーワード:集積化マイクロ流路、マイクロドロップレット、単一細胞解析

*成果のポイントfig_microdroplet

  • 庄子教授をリーダーとするグループが「文部科学省科研費基盤S」で推進してきたマイクロ流体デバイス技術を応用して、マイクロ液滴デバイスを作製し、環境微生物の個別抱合に成功
  • あらかじめ環境微生物に蛍光標識を付けておき、マイクロ液滴内で特定の反応が起こったときのみ、蛍光が発色するように設計。
  • 蛍光を発色した特定の一細胞のみ取り出し、その遺伝子解析に成功。今後新規創薬への応用が期待される。
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/nanolife/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる