Global Education Center (GEC)早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター

Distinctive Educational Program

特色ある教育プログラム

Leadership Program

リーダーシップ教育

151221S_0638 これからの社会で役立つリーダーシップスキルを育成する科目群です。 課題に対し少人数のグループ単位で企画提案を行います。グループワークを通じて自分なりのリーダシップの発揮方法を体得し、チームで議論しながら結論を導くプロセスを体験。 さらに、綿密な振り返りで、今後の改善方法を探っていきます。「10 年間で10 万人のグローバルリーダー輩出」という本学の目標実現に根ざした注目のプログラムです。

科目例

  • リーダーシップ開発:理論とスキル
  • リーダーシップ開発:問題解決プロジェクト
  • リーダーシップ開発:社会人へのトランジション
  • 他者のリーダーシップ開発 1(OD1)
  • 他者のリーダーシップ開発 2(OD2)
  • リーダーシップ開発と組織開発 1(LOD1)
  • リーダーシップ開発と組織開発 2(LOD2)
  • リーダーシップ開発授業設計実習 1
  • リーダーシップ開発授業設計実習 2

Voice of Professor

不満を提案に変えよう日向野幹也 グローバルエデュケーションセンター教授

日常生活や学校生活での不満を、苦情や陰口として表現していませんか?
不満を提案に変えて、仲間を募って提案実現のために動いてみません?
実はそれが「権限・役職・カリスマ性と関係のないリーダーシップ」の第一歩であり、
「最少3要素」はリーダーシップを身に着けるためにいつも参照するチェックリストです。

社会で役立つ行動様式稲垣憲治 GEC非常勤講師

社会で最も役に立つ基礎体力ともいうべきリーダーシップを体得できるのがこの授業です。単に頭で理解するだけでなく、グループワークを行いながら、経験から学べる仕組みをふんだんに取り入れています。これから世界を牽引していく君たちにさまざまな状況で応用できる行動様式を学び取ってほしいと考えます。

Voice of Student

女性にもリーダーシップを郡司佐弥香さん(文化構想学部2年)

1年生の春に何となく「リーダーシップ」という言葉に惹かれて取ったこの授業も、今では、兄や姉のような先輩と優秀な同期と一緒に切磋琢磨して成長できる大好きな授業。また、授業を通じてリーダーシップは女性にも必要なスキルであると実感。女性でもリーダーになれる、それが新しいリーダーシップです。

グループを軸にした学び雅楽川駿太郎さん(文学部2年)

授業を通じて、グループワークはまさにリーダーシップを発揮する練習に最適な環境であると感じました。またメンバーそれぞれがリーダーシップ目標を意識して行動するので、メンバーの行動を1つのケースとして学習することができ、自分もそれを真似ることでチームの状況を改善することができました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる